4293 Movies

幸福の条件 Indecent Proposal (1993)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

金策に困った末にギャンブルで儲けようとした若い夫婦と、二人の間に入り込みゲームのように妻を金で買おうとする大富豪との関係を描く、監督エイドリアン・ライン、主演ロバート・レッドフォードデミ・ムーアウディ・ハレルソンシーモア・カッセルオリヴァー・プラットビリー・ボブ・ソーントン他共演による夫婦愛のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:エイドリアン・ライン
製作:シェリー・ランシング
製作総指揮
トム・シュルマン

アレックス・ガートナー
原作:ジャック・エンゲルハード
脚本:エイミー・ホールデン・ジョーンズ

撮影:ハワード・アサートン
編集:ジョー・ハッチング
音楽:ジョン・バリー

出演
ロバート・レッドフォード:ジョン・ゲージ
デミ・ムーア:ダイアナ・マーフィー
ウディ・ハレルソン:デヴィッド・マーフィー
シーモア・カッセル:シャックルフォード
オリヴァー・プラット:ジェレミー
ビリー・ボブ・ソーントン:デイ・トリッパー
リップ・テイラー:ラングフォード
ジョエル・ブルックス:不動産屋
ピエール・エプスタイン:ヴァン・バーレン
ビリー・コノリー:本人(オークション進行役)
シーナ・イーストン:本人
ハービー・ハンコック:本人

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1993年製作 116分
公開
北米:1993年4月7日
日本:1993年5月
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $106,614,100
世界 $266,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ダイアナ(デミ・ムーア)とデヴィッド・マーフィー(ウディ・ハレルソン)は高校時代に知り合う。

デヴィッドは、19歳でダイアナにプロポーズしたのだが、二人は両親に結婚を反対され、駆け落ちする。

建築学校を出たデヴィッドは設計事務所に就職し、ダイアナは不動産会社のセールスをしていた。

土地を購入した二人は、ローンを組み夢のマイホームを建てるが、そこに不況が訪れて仕事もなくなり、借金の返済不能により、土地家屋は差し押さえられそうになる。

必要な5万ドルには程遠いが、父親からなんとか5000ドルを借りたデヴィッドは、あることを思いつく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ジャック・エンゲルハードの小説”Indecent Proposal”(原題)の映画化。

*(簡略ストー リー)
駆け落ちして結婚したダイアナとデヴィッド・マーフィー夫妻は、ローンを組み土地を購入するが、不況のため返済不能になってしまう。
デヴィッドは、父親から何とか5000ドルを借りて、5万ドルの借金を返すために、その金を元手にラスベガスのカジノで一攫千金を狙うことを考える。
ラスベガスについた二人だったが、ダイアナは、大富豪ジョン・ゲージからドレスをプレゼントされそうになり、彼女はそれを断る。
その後、デヴィッドは幸先よく稼ぎ始め、一晩で25000ドル稼ぐが、翌日、全財産を失ってしまう。
そんな時、ポーカーで負けていたゲージが、ダイアナの運で100万ドルの賭けに勝ってしまう。
デヴィッドとダイアナは、お礼としてゲージに持成されるが、彼はダイアナと一夜を過ごすことを条件に、100万ドルの提供を二人に持ちかける。
二人はそれを断わるものの、お互いの将来のために、ダイアナは、ゲージとの一夜を過ごす決断をするのだが・・・。
__________

大スター、ロバート・レッドフォードと、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのデミ・ムーアが共演したことで話題になり、アメリカ国内はもとより、全世界で約2億6700万ドルの興行収入を記録するヒットとなった作品。

北米興行収入 $106,614,100

しかし、奇抜なアイデアに思えるストーリーはやや受け入れ難く、”金で愛は買えるか”という発想事態が胡散臭く、富豪が女性を諦める場面なども白々しい感じがする。

ラジー賞では最悪作品賞の他、脚本と助演男優賞(W・ハレルソン)も受賞してしまい、主役の二人の他「危険な情事」(1987)のような衝撃的且つシャープな演出も見られない監督のエイドリアン・ラインまでもが、同賞にノミネートされてしまった。

役柄としては最適任者のように思えるものの、彼にしては今一引き込まれるようなものがないロバート・レッドフォードと、これは好みの問題かもしれないが、デミ・ムーアと彼との組み合わせが、どうもしっくりこない感じに見えて仕方ない。

加えて野性味ある異端児風のウディ・ハレルソンも、エリートか落ちこぼれか分らないような役柄が、彼には合わない気がする。

ゲージの運転手シーモア・カッセル、弁護士のオリヴァー・プラット、殆ど端役と言っていいビリー・ボブ・ソーントンなどが共演し、本人役でビリー・コノリーシーナ・イーストンハービー・ハンコックなども登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020