4238 Movies

シャイニング The Shining (1980)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1977年に発表された、スティーヴン・キングの小説”シャイニング”を基に製作された作品。
冬の閉鎖期間にホテルの管理人を頼まれた作家が、かつて起きた家族惨殺事件が尾を引く現場で体験する恐怖を描く、製作、監督、脚本スタンリー・キューブリック、主演ジャック・ニコルソンシェリー・デュヴァル他共演のホラー。


スリラー/ホラー

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック
製作総指揮:ヤン・ハーラン
製作:スタンリー・キューブリック
原作:スティーヴン・キングシャイニング
脚本
スタンリー・キューブリック

ダイアン・ジョンソン
撮影:ジョン・オルコット
編集:レイ・ラヴジョイ
音楽
バルトーク・ベーラ

クシシュトフ・ペンデレツキ
ジェルジ・リゲティ
ウェンディ・カーロス
レイチェル・エルキンド

出演
ジャック・トランス:ジャック・ニコルソン

ウェンディ・トランス:シェリー・デュヴァル
ダニー・トランス:ダニー・ロイド
ディック・ハロラン:スキャットマン・クローザース
スチュアート・アルマン:バリー・ネルソン
デルバート・グレイディ:フィリップ・ストーン
ロイド:ジョー・ターケル
医師:アン・ジャクソン
ラリー・ダーキン:トニー・バートン

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1980年製作 143分/北米(世界/119分、オリジナル/146分)
公開
北米:1980年5月23日
日本:1980年12月13日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $44,017,370


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

インタビュー
コロラド
作家のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、山岳地帯の展望ホテルを訪ね、支配人のスチュアート・アルマン(バリー・ネルソン)に面会する。

ジャックは、冬の間に閉鎖される、ホテルの管理人の仕事をアルマンに依頼されて、孤独との闘いなど、その内容を説明される。

新作の執筆には好都合だと言うジャックに、アルマンは、かつて起きた管理人”デルバート・グレイディ”の、家族惨殺事件を知らせる。

アルマンは、長い間ある場所に閉じ込められたために、精神異常を来たしたグレイディの犯行をジャックに正直に伝え、彼がそれを気にしていないことを確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
作家のジャック・トランスは、冬の間に閉鎖されるホテルの管理人をすることになる。
ジャックは、かつて、閉ざされたホテルの管理で正気を失った男が、一家を惨殺事件があったことを支配人から知らされる。
それを気にすることもなく、妻ウェンディとESP(超感覚的知覚)能力のある息子ダニーと共に、ジャックは閉鎖準備の進むホテルに到着する。
広大な建物と敷地を見て回った一家だったが、ダニーは、惨殺された双子の少女を目撃して、料理長のハロランが、自分と同じ能力の持ち主だということを知る。
やがてホテルは閉鎖され、一ヶ月が過ぎた頃、ダニーは、気になった237号室の前で双子の気配を感じる。
そして、吹雪となり、閉ざされたホテルの中で、新作の執筆もはかどらない、ジャックの目つきが変わっていく・・・。
__________

鬼才スタンリー・キューブリック監督、演技派ジャック・ニコルソン、そして、モダン・ホラー小説作家として脚光を浴び、処女作「キャリー」(1976)が映画化され注目されていた、スティーヴン・キングの原作ということで、公開当時には大変な話題になった作品。

ロケ地となったオレゴンの”Timberline Lodge”を建物施設を生かし、戦慄のホラー・ムービーでありながら、スタンリー・キューブリックらしい優美な雰囲気も漂う演出、ジョン・オルコットによる透明感のある映像なども注目である。

ブレのない移動式撮影方法、ステディカムを初めて多用した作品として余りにも有名だ。

当然とも言えるが、原作とは別物のように製作されたことでスティーヴン・キングは、本作が気に入るはずもなく酷評したのだが、30歳前半の彼が、大監督スタンリー・キューブリックに対しての意見を、臆することなく発言する作家としての姿勢は、その後の彼の活躍を見れば納得できるところだ。
20年前、若きキューブリックが、「スパルタカス」(1960)の製作をめぐって、大スターのカーク・ダグラスを向こうに回し批判したことを思い出す。

実力派スターとして確固たる地位を築きつつあったジャック・ニコルソンは、さざ波のような前半から、一気に大波のように押し寄せる、狂乱のクライマックスまで、思うがままの怪演を見せてくれるのだが、完ぺき主義者のキューブリックのテイクの多さに、かなり梃子摺ったようだ。

キューブリックと共にラジー賞にノミネートされたのは少し気の毒なシェリー・デュヴァル、超能力少年を好演するダニー・ロイド、同じ能力を持つ料理長で、インパクトのある演技を見せるスキャットマン・クローザース、ホテル支配人役のバリー・ネルソン、惨殺犯としてではなく、幻覚で給仕として登場するフィリップ・ストーン、バーテンダーのジョー・ターケルイーライ・ウォラック夫人、医師役のアン・ジャクソン、ハロラン(S・クローザース)に雪上車を用意する男性で「ロッキー」シリーズで知られるトニー・バートンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020