4233 Movies

ヒットマンズ・レクイエム In Bruges (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

初仕事で子供を巻き添えにしてしまった殺し屋がその責任を問われ、同僚に命を狙われたことを発端に展開する、主演コリン・ファレルブレンダン・グリーソンレイフ・ファインズクレマンス・ポエジーキーラン・ハインズ他共演、監督、脚本マーティン・マクドナーによるクライム・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

レイフ・ファインズ / Ralph Fiennes / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・マクドナー
製作総指揮
テッサ・ロス

ジェフ・アッバリー
ジュリア・ブラックマン
製作
グレアム・ブロードベント

ピーター・チャーニン
脚本:マーティン・マクドナー
撮影:アイジル・ブリルド
編集:ジョン・グレゴリー
音楽:カーター・バーウェル

出演
レイ:コリン・ファレル

ケン:ブレンダン・グリーソン
ハリー・ウォーターズ:レイフ・ファインズ
クロエ・ヴィレット:クレマンス・ポエジー
エイリック:ジェレミー・レニエ
ナタリー:エリザベス・バーリントン
カナダ人旅行者:ジェリコ・イヴァネク
デニース:アンナ・マデリー
ジミー:ジョーダン・プレンティス
マリー:テクラ・ルーテン
神父:キーラン・ハインズ

イギリス/アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2008年製作 107分
公開
イギリス:2008年4月18日
北米:2008年2月8日
日本:未公開
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $7,757,130
世界 $33,394,440


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
初めての仕事を終えた殺し屋レイ(コリン・ファレル)は、その場を離れベルギーブルージュに向かうよう指示される。

同じ殺し屋ケン(ブレンダン・グリーソン)とブルージュに着いたレイは、クリスマス・シーズンということもあり、2週間もの間ケンと相部屋で暮らすことになる。

その後、観光気分のケンとは違い、レイは何かを思い詰めていた。

そんなレイは、映画の撮影アシスタントのクロエ・ヴィレット(クレマンス・ポエジー)に出会い惹かれてしまう。

ボスのハリー・ウォーターズ(レイフ・ファインズ)からの電話連絡を受け損ねたケンは伝言を受け取り、クロエと食事をする約束をしたレイに派手な行動を控えさせる。

レイは、クロエとの食事に行かせてもらうために、古い文化に興味を持つケンに仕方なく付き合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
殺し屋レイは、初仕事で子供を殺してしまい、心の傷を背負いながら、同僚のケンと共に、ベルギーブルージュに行くことをボスのハリーから指示される。
やがてケンは、レイに責任を取らせるために、ハリーから彼の抹殺命令を受ける。
しかしケンは、レイが子供を殺したことで心を痛め、自殺しようとするほど悩んでいるのを知り、彼を逃亡させようとする。
それを知ったハリーは激怒し、ブルージュに向かい、自ら始末をつけようとするが、ケンはそれを迎え撃つ覚悟を決める・・・。
__________

純粋な犯罪ドラマなのだが、作品全体に漂うユーモアと人情物語が、絶妙なバランスで描かれ、一昔前のコーエン兄弟の作品を髣髴させる。

因みに音楽担当は、コーエン兄弟作品の常連カーター・バーウェル

映画の世界ではあまり登場しないベルギーブルージュの美しい街並みや、クライマックスの舞台になる、夜の”ブルージュの鐘楼”などの描写が新鮮でもある。

第81回アカデミー賞では、細やかな気遣いが感じられる、監督マーティン・マクドナー自身の脚本が、脚本賞にノミネートされた。

ゴールデングローブ賞では、主演のコリン・ファレルが男優賞(コメディ・ミュージカル)を受賞し、他、作品賞とブレンダン・グリーソンが男優賞にノミネートされた。

残念ながら、日本では劇場未公開に終わりソフト化もされていない。

子供を殺してしまい、傷心の殺し屋を演ずるコリン・ファレルは、ユーモアや自堕落な一面も垣間見せる、人間味溢れる若者を熱演している。

息子のような新人の殺し屋の気持ちを察し、深い人情味を見せるブレンダン・グリーソンの出色の好演は、彼のベストパフォーマンスと言っても過言でない。

レイフ・ファインズの裏社会のボス役も興味深く、彼の芸域の広さは周知だが、出演しているというだけで、その作品の格が上がる感じを受ける、名優の域に達している。

主人公と恋仲になる、地元の犯罪者クレマンス・ポエジー、その元恋人役ジェレミー・レニエ、小人の俳優ジョーダン・プレンティスカナダ人旅行者ジェリコ・イヴァネク、ホテルのオーナー役のテクラ・ルーテン、ハリー(R・ファインズ)の妻役エリザベス・バーリントン、売春婦アンナ・マデリー、そして、殺される神父役で、キーラン・ハインズが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020