4236 Movies

ホワイトアウト Whiteout (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1998年に発表された、グレッグ・ルッカスティーヴ・リーバーによる同名コミック・ブックを基に製作された作品。
辛い過去を背負う女性連邦保安官が、平穏な日々から一転、帰国直前に直面した怪事件に翻弄される姿を描く、監督ドミニク・セナ、主演ケイト・ベッキンセイルガブリエル・マクトコロンバス・ショートトム・スケリット他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ドミニク・セナ
製作総指揮
スティーヴ・リチャーズ

ドン・カーモディ
グレッグ・ルッカ
製作
ジョエル・シルバー

スーザン・ダウニー
デヴィッド・ガンビーノ
原作
グレッグ・ルッカ

スティーヴ・リーバー
脚本
ジョン・ホーバー

エリック・ホーバー
チャド・ヘイズ
ケイリー・ヘイズ
撮影:クリス・ソース
編集
マーティン・ハンター

スッチャート・ベアード
音楽:ジョン・フリッゼル

出演
キャリー・ステッコ:ケイト・ベッキンセイル

ロバート・プライス:ガブリエル・マクト
デルフィ:コロンバス・ショート
ジョン・フューリー医師:トム・スケリット
ラッセル・ヘイデン:アレックス・オローリン
サム・マーフィー:ショーン・ドイル
マグワイアー:アーサー・ホールデン
ロシア人パイロット:バシャー・ラハル

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2009年製作 101分
公開
北米:2009年9月11日
日本:2009年10月31日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $10,275,640
世界 $12,201,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1957年、冬、南極圏
ソ連の貨物輸送機アントノフAN12が、機内での発砲騒ぎの末墜落する。

現在。
南極大陸アムンゼン・スコット基地
帰国後して辞職する予定の連邦保安官キャリー・ステッコ(ケイト・ベッキンセイル)は、所長サム・マーフィー(ショーン・ドイル)から、ある場所で遺体が発見されたとの報告を受ける。

ステッコは早速、ジョン・フューリー医師(トム・スケリット)を伴い現場に向かう。

デルフィ(コロンバス・ショート)の操縦するセスナで、現場付近に着陸した三人は、ステッコの知人だった地質学者の遺体を見つける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
南極アムンゼン・スコット基地に赴任していた連邦保安官キャリー・ステッコは、帰国を控え、 発見された変死体の調査を始める。
医師フューリーや、国連から派遣された捜査官プライスらの協力で捜査を始めたステッコは、 雪原の中で埋もれていた、50年前に墜落したソ連の輸送機を発見する。
そしてステッコは、輸送機にあった核物質が絡む陰謀が、事件の背景にあることを知るのだが・・・。
__________

難航する陰謀の謎解きに加え、厳しい自然との闘いがリアルに描かれ、その象徴的な自然現象として起きる”ホワイトアウト”が効果的に使われていいる。

結局は単なる”宝”の争奪戦という展開ではあるが、それを手に入れようとした犯人の、人情物語のようにして終わる結末を、好しとするかでも見方は変わり、ドミニク・セナの演出は、今一パンチが足りない気もする。

ロケは、ほとんどがカナダの寒冷地で行われ、極寒の地の雰囲気を良く出してはいる。

興行収入は北米で約1000万ドルに終わり、全世界合わせても約1220万ドルと、製作費3500万ドルを回収することもできない、残念な結果に終わってしまった。

心に傷を負いながら赴任した南極で、平凡な日々に満足できない思いだった主人公のケイト・ベッキンセイルは、帰国を前に使命感に燃える連邦保安官をスマートに演じている。

やや飾り物のような主人公のサポート役で、逞しさもあまり感じられない、国連捜査官のガブリエル・マクト、主人公の助手的存在の飛行士コロンバス・ショート、孤独さが犯行のきっかけにもなり、自ら悲しい最後を選ぶ医師役トム・スケリット、その仲間アレックス・オローリン、基地の所長役ショーン・ドイルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020