4240 Movies

バスビー・バークリーの集まれ!仲間たち The Gang’s All Here (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才振付師にして映画監督、絶頂期だったバスビー・バークリーらしいミュージカル・コメディ。
主演アリス・フェイジェームズ・エリソンユージン・パレット他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:バスビー・バークリー
製作
ウィリアム・ゴーツ

ウィリアム・ルバロン
原作
ナンシー・ウインター
ジョージ・ルートJr.
トム・ブリッジス
脚本:ウォルター・ブロック
撮影:エドワード・クロンジャガー

編集:レイ・カーティス
美術・装置
ジェームズ・バセヴィ

ジョセフ・C・ライト
トーマス・リトル
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
イーディー・アレン:アリス・フェイ

アンディ・メイソン:ジェームズ・エリソン
アンドリュー・メイソン・シニア:ユージン・パレット
ヴィヴィアン・ポッター:シーラ・ライアン
ドリータ:カルメン・ミランダ
本人:ベニー・グッドマン/楽団
フィル・ベイカー:フィル・ベイカー

ポッター夫人:シャーロット・グリーンウッド
ペイトン・ポッター:エドワード・エヴェレット・ホートン
本人:トニー・デマルコ
パット・ケイシー:デイヴ・ウィルロック

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1943年製作 103分
公開
北米:1943年12月24日
日本:未公開


アカデミー賞 ■
第16回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
大富豪アンドリュー・メイソン(ユージン・パレット)の息子アンディは、軍曹として従軍していたが、休暇で一流ナイトクラブ”ニューヨーカー”に来ていた。

そこに、常連客の父メイソンとビジネス・パートナーであるペイトン・ポッター(エドワード・エヴェレット・ホートン)が現れたため、アンディは二人をからかう。

その後アンディは、歌手のイーディー・アレン(アリス・フェイ)に一目惚れし、クラブのオーナー、フィル・ベイカー(フィル・ベイカー)から彼女の情報を仕入れる。

翌日アンディは、”兵隊クラブ”でベニー・グッドマン楽団の演奏に聞き入り、その場にいたイーディーをつかまえダンスを踊る。

イーディーのことを知らない振りをしたアンディは、”ニューヨーカー”に向かう彼女に付添い、ショーを見ることになる。

クラブの仕事が終わり、イーディーはアンディとの時を過ごし、強引な彼に次第に惹かれ始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大富豪メイソンの息子アンディは、ナイトクラブの歌手イーディー・アレンに一目惚れする。
従軍しているアンディは、イーディーと惹かれ合うようになり、休暇を終えて戦地に向かう。
やがてアンディは英雄となり帰還することになり、父メイソンは祝賀パーティーを開くことを考える。
会場をビジネス・パートナーのポッター邸に決め、クラブのショーを丸ごと移動させる計画が進められる。
ポッターの娘ヴィヴィアンは、アンディの幼馴染みとして婚約者のつもりでいた。
そして、ショーのメンバーに、アンディを想い続けるイーディーがいたため、トラブルの予感を抱えながら、パーティーの準備は進む・・・。
__________

1930~50年代にかけ、整ったグループ・ダンシングなど、革新的なアイデアで観客を圧倒するレビューを考案したバスビー・バークリーの、快心作と言っていい。

スクリーンを彩る、アリス・フェイを中心とする華やかな女優陣、個性溢れる豪華な共演者、そして、美しい見事なカラー映像に映し出されるレビューの数々、どれを取っても、超一流の成せる技がスクリーン全体に広がる素晴らしさを堪能できる。

巨大バナナを使ったコミカルなパフォーマンスや、蛍光リングをを駆使した幻想的なレビューなど見所十分だ。

第二次大戦中ということもあり、戦時国債を入場券にするというアイデアなども興味深い。

月並みな表現だが、戦時中にこのような作品が作れる、アメリカの底知れぬ国力と国民の心の余裕には改めて驚かされる。

第16回アカデミー賞では、その見事なセットなどが評価され、美術賞にノミネートされた。

アリス・フェイの、しっとりとした大人の女性の魅力や美しさが際立ってはいるが、実は彼女はまだ20代後半であり、上品で落ち着いた雰囲気など、派手なショーとのバランスも実にいい。

主人公に魅了される、大富豪の息子役のジェームズ・エリソン、その父親ユージン・パレット、アンディ(J・エリソン)の幼馴染みで、ダンスの才能が開花するシーラ・ライアン、彼女の父親で堅物のエドワード・エヴェレット・ホートンと陽気な母シャーロット・グリーンウッド、ドラマにアクセントを加えるクラブ・ダンサー役のカルメン・ミランダ、クラブ・オーナーのフィル・ベイカー、そして本人役でベニー・グッドマンとその楽団、ダンサーのトニー・デマルコなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020