4234 Movies

ハルク Hulk (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタン・リージャック・カービーにより創作され、1962年5月にマーベル・コミックに初登場した、怪力の超人が活躍する物語「ハルク」を基に製作された作品。
遺伝子学者の父の研究実験の結果、恐ろしい能力が備わってしまった青年の苦悩と、彼が変身する超人的なパワーを持つ”ハルク”の運命を描、監督アン・リー、主演エリック・バナジェニファー・コネリーサム・エリオットジョシュ・ルーカスニック・ノルティ他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:アン・リー
製作総指揮
ケヴィン・フェイグ

スタン・リー
製作
ゲイル・アン・ハード

ジェームズ・シェイマス
ラリー・J・フランコ
アヴィ・アラッド
原案:ジェームズ・シェイマス
原作
ジャック・カービー

スタン・リー
脚本
ジェームズ・シェイマス

マイケル・フランス
ジョン・ターマン
撮影:フレデリック・エルムズ
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:ダニー・エルフマン
主題歌”Set Me Free
ヴェルヴェット・リヴォルヴァー

出演
ブルース・バナー”クレンズラー”/ハルク:エリック・バナ

ベティ・ロス:ジェニファー・コネリー
サディウス・E・”サンダーボルト”ロス将軍:サム・エリオット
グレン・タルボット:ジョシュ・ルーカス
デヴィッド・バナー:ニック・ノルティ
デヴィッド・バナー(30年前):ポール・カージー
イーデス・バナー:カーラ・ブオノ

サディウス・ロス中佐(30年前):トッド・テーセン
ブルース・バナー(少年期):マイク・アーウィン

ハーパー:ケヴィン・ランキン
クレンズラー夫人:セリア・ウェストン
警備員:ルー・フェリグノ
警備員:スタン・リー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2003年製作 138分
公開
北米:2003年6月20日
日本:2003年8月2日
製作費 $137,000,000
北米興行収入 $132,177,230
世界 $245,360,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1966年、砂漠地帯のアメリカ陸軍基地。
遺伝子学者であるデヴィッド・バナー(ポール・カージー)は、サディウス・E・ロス中佐(トッド・テーセン)の警告を無視し、自分を実験台にして研究を進めてしまう。

やがて、バナーと妻イーデス(カーラ・ブオノ)の間には、息子ブルースが生まれる。

バナーは、研究のために、わが子を観察する日々を送る。

研究室で人間の血液サンプルを見つけたロスは、バナーを実験から外すことを告げる。

憤慨したバナーは、研究施設の破壊を考え、基地内は大量のガンマ線が放出される危機にさらされる。

そして、家に戻ったバナーは、イーデスに真実を告げる・・・。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
両親を亡くし養母に育てられたブルース・クレンズラーは、科学者となり、同僚で元恋人のベティと共に、ガンマ線による細胞再生の研究をしていた。
二人は、元軍人である民間の研究機関のグレンから、自分達の研究に興味を持っていることを伝えられ誘われる。
それを断った二人だったが、ブルースが実験中の事故で、ガンマ線を大量に浴びてしまう。
その後ブルースは、それまで以上に健康状態が良好となるものの、子供時代からの悪夢にも悩まされる。
そんなブルースの元に、死んだと言われてい父デヴィッド・バナーが現われ、息子ブルースに、秘められた能力があることを伝える。
デヴィッドは、かつてベティの父で、アメリカ陸軍大将ロスとの確執の末、遺伝子操作実験を自分に施し、そして、家族が破滅する悲劇を体験したのだった。
そして、自分の能力の追求に苦悩するブルースに怒りがこみ上げた瞬間、彼は緑色の超人”ハルク”に変身してしまう・・・。
__________

2008年に公開された、「インクレディブル・ハルク」は本作の続編ではなく、主な登場人物は同一で、新たな展開と戦いを強いられる敵役が登場する。

1970年代に人気のあったTVシリーズの映画版ということもあり、また、「グリーン・デスティニー」(2000)で評価を得たアン・リーが監督する、製作費1億3700万ドルをかけた超大作ということでも大いに話題になった。

興行的には、北米で約1億3200万ドル、全世界で約2億4500万ドルのヒットとなるものの、観客、批評家共に評価は悪く、ファンの期待を裏切る結果となった。

TVシリーズは、”ハルク”を、並外れた巨体ではあるが、生身の人間のルー・フェリグノが演じている。
本作では、完全にCG化された”ハルク”の迫力たるや凄まじいが、作り物にしか見えないその主人公を好しとするかで見方も変わる。

変身前の主人公を、エリック・バナは魅力的に演じてはいるが、苦悩するばかりで、父親役のニック・ノルティと、彼と対立する将軍役のサム・エリオットの個性や熱演の方が印象に残り、そのあたりの描写なども、ややちぐはぐにも思える。

彼らの間で、親子関係もありさらに苦悩する、主人公の元恋人で科学者役のジェニファー・コネリー、彼女らの研究を狙う民間研究機関のジョシュ・ルーカス、主人公の同僚ケヴィン・ランキン、主人公の養母セリア・ウェストン、そしてTVシリーズのハルク役ルー・フェリグノと原作者スタン・リーが、研究センター警備員役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020