4240 Movies

ゲット スマート Get Smart (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1965年~1970年にかけてテレビ放映された、コメディの帝王メル・ブルックスバック・ヘンリー原案による同名人気コメディ・ドラマの映画化。
エージェント昇格を目指す諜報組織の優秀な分析官が憧れのエージェントに昇格し、あらゆるドジを踏みながらも事件を解決し英雄になってしまうという、製作総指揮、監督ピーター・シーガル、製作総指揮、主演スティーヴ・カレルアン・ハサウェイドウェイン・ジョンソンアラン・アーキンテレンス・スタンプジェームズ・カーンビル・マーレイ他共演のコメディ。


コメディ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・シーガル
製作総指揮
ピーター・シーガル

ブレント・オーコナー
ジミー・ミラー
デイナ・ゴールドバーグ
ブルース・バーマン

スティーヴ・カレル
製作
アンドリュー・ラザー

チャールズ・ローヴェン
アレックス・ガートナー
マイケル・ユーイング
原案
メル・ブルックス

バック・ヘンリー
脚本
トム・J・アッスル
マット・エンバー
撮影:ディーン・セムナー

編集:リチャード・ピアソン
音楽:トレバー・ラビン
テーマ曲:アーヴィング・ツァスマリー

出演
マックスウェル・スマート/エージェント86:スティーヴ・カレル
エージェント99:アン・ハサウェイ
エージェント23:ドウェイン・ジョンソン
チーフ:アラン・アーキン
シークフリード:テレンス・スタンプ
シュターカー:ケン・デイヴィシャン
ブルース:マシ・オカ
ロイド:ネイト・トレンス
ララビー:デヴィッド・ケックナー
アメリカ大統領:ジェームズ・カーン
ダリープ:ダリップ・シン
エージェント13:ビル・マーレイ
クリスティック:デヴィッド・S・リー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2008年製作 110分
公開
北米:2008年6月20日
日本:2008年10月11日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $130,313,310
世界 $230,685,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アメリカ秘密諜報機関“コントロール”の分析官マックスウェル・スマート(スティーヴ・カレル)は、エージェントに昇格することを夢見ていた。

スマートは今日も、敵対する国際犯罪組織”カオス”の情報分析結果などを、チーフ(アラン・アーキン)や敏腕諜報員のエージェント23(ドウェイン・ジョンソン)らの前で発表する。

その頃、チェチェン共和国アルグンでは、カオスが大量の核物質を盗み出していた。

エージェントの試験合格を、スマートはチーフから告げられて喜ぶが、彼の分析官としての能力を高く評価するチーフは、スマートの昇格を保留してしまう。

ある日、コントロール本部が襲われ、カオスにエージェントの身元情報が盗まれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカの極秘諜報機関“コントロール”の分析官マックスウェル・スマートは、エージェントに昇格することを夢見ていた。
スマートは、エージェントの昇格試験に合格するが、分析官としての図抜けた能力を発揮する彼の昇格を、チーフは見送ってしまう。
そんなある日、コントロール本部が国際犯罪組織”カオス”に襲撃され、エージェントの身元情報を奪われてしまう。
カオスが、核物質で爆破計画を企んでいることを察知したチーフは、最近、整形手術をしたエージェント99と、スマートを”エージェント86”に昇格させて、カオスの黒幕であるシークフリードらを捕らえる任務に就かせるのだが・・・。
__________

北米では約1億3000万ドルの興行収入を上げ、全世界では約2億3100万ドルの大ヒットとなった。

お馴染みのテーマ曲で、”コントロール”の秘密本部に向かうスマートの姿と、オリジナルと同じ入り口の仕組みなど、当時番組を楽しんだ者にとっては、懐かしいでは済まない涙もののシーンには、思わず拍手してしまう。

笑いだけでなく、8000万ドルをかけた大掛かりなアクションの、スピード感や迫力も見応え十分。

なんと言っても、オリジナルのスマート役であるドン・アダムスの雰囲気に似過ぎない、自分の個性で勝負したスティーヴ・カレルの怪演は出色で、親子ほど歳の違うアン・ハサウェイとの、反りが合わなくても合っても、不思議にいいムードの2人が実に微笑ましく、妖艶な彼女は実に魅力的だ。

小柄なスティーヴ・カレルとは対照的な、巨体のドウェイン・ジョンソンとのやり取りも面白味があり、2人はキスまでして大いに笑わせてくれる。

スティーヴ・カレルとは、「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)でも共演したチーフ役アラン・アーキン、敵対組織の黒幕のテレンス・スタンプと側近ケン・デイヴィシャン、主人公の同僚マシ・オカネイト・トレンスデヴィッド・ケックナー、大統領役のジェームズ・カーン、ゲスト出演ビル・マーレイ、そして、巨漢プロレスラーのダリップ・シン(216cm)ら豪華なキャストも見ものだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020