4452 Movies

ヒットマン Hitman (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界的人気ゲームソフト”ヒットマン”を基に製作された作品。
巨大な陰謀に巻き込まれた暗殺者の戦いを描く、製作リュック・ベッソン、製作総指揮ヴィン・ディーゼル、主演ティモシー・オリファントオルガ・キュリレンコダグレイ・スコット他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ザヴィエ・ジャン

製作
チャールズ・ゴードン
エイドリアン・アスカーリ
ピエランジュ・ル・ポギャム
リュック・ベッソン
製作総指揮:ヴィン・ディーゼル
原作:”ヒットマン
脚本:スキップ・ウッズ
撮影:ローラン・バレ
編集
カルロ・リゾ
アントワン・ヴァレイユ
音楽:ジェフ・ザネリ

出演
エージェント47:ティモシー・オリファント
ニカ・ボロニナ:オルガ・キュリレンコ
マイケル・ホイッティア:ダグレイ・スコット
ユーリー・マクロフ:ロバート・ネッパー
ミハイル・ベリコフ:ウルリク・トムセン
ウードレ・ベリコフ:ヘンリー・イアン・キュージック
スミス・ジェイミソン:ジェームズ・フォークナー
ジェンキンズ:マイケル・オフェイ
ダイアナ・バーンウッド:リサ・ジェコブズ
グドナイエフ:ジョー・シェリダン

アメリカ/イギリス/フランス 映画
配給
20世紀FOX(北米)
ヨーロッパ・コープ(フランス)
2007年製作 93分
公開
イギリス:2007年11月30日
フランス:2007年12月26日
北米:2007年11月21日
日本:2008年4月12日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $39,687,530
世界 $99,965,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
帰宅したインターポールの捜査官マイケル・ホイッティア(ダグレイ・スコット)は、暗殺者の47(ティモシー・オリファント)に銃を向けられる。

スキンヘッドの後頭部にバーコードのタトゥーを彫られ闇の組織に育てられた“エージェント47”は、善人でありながら人を殺したことをホイッティアに確認する。

善人が人を殺す基準を47から問われたホイッティアは、追っている殺人犯は亡霊だと答える。

3か月前、ニジェール共和国。
誰もその存在を知らない組織”ザ・オーガニゼーション”は、中立的立場で各国政府と通じていた。

プロの殺し屋を育てていた”ザ・オーガニゼーション”は、身寄りのない子供達を集めていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
スキンヘッドの後頭部にバーコードのタトゥーを彫られ、闇の組織に育てられた暗殺者“エージェント47”は、世界各地でターゲットを抹殺していた。
47を追うインターポールの捜査官ホイッティアは、ロシア大統領ベリコフを狙撃した彼を追い詰める。
確実に射殺したはずのベリコフが生きていることを疑問に思う47は、事件に関係する女ニカを捕える。
今回の依頼人がベリコフ自身だったことを知った47は、命を狙われていることをニカに伝えて、黒幕を暴こうとするのだが・・・。
__________

人気ゲームの映画化であり、リュック・ベッソンヴィン・ディーゼルが製作に参加したことも話題になった。

また、当初はヴィン・ディーゼルが主人公を演ずる予定だった。
更に、2015年に公開されたリブート作品”Hitman: Agent 47”は、ポール・ウォーカー主演で企画されたが、2013年の彼の事故死により、企画は一旦、保留された経緯もある。

ゲームの映画化なので、あまり細かいことは言いたくはないが、主人公は、全てが謎に包まれた”亡霊”のような暗殺者・・・という設定にも拘らず、あらゆる場で、異質な人物として目立つ存在であることに頭を傾げてしまう。

それなりの雰囲気では演じているものの、超一流の暗殺者にしてはそれほど凄みがないティモシー・オリファントのスキンヘッド姿も今一だ。

サスペンス・タッチのアクションよりも、既に「007/慰めの報酬」(2008)のボンドガール役に決定し、同時期に撮影も始まっていた美しいヒロイン役のオルガ・キュリレンコと主人公との関係、その”人情物語”などの方が印象に残る。

ザヴィエ・ジャンの演出は平凡でスキップ・ウッズの脚本も単調だが、北米興行収入は約4000万ドル、全世界では1億ドルに迫る、まずまずのヒットとなった。

主人公である謎の暗殺者を追うインターポールの捜査官ダグレイ・スコットFSB(ロシア連邦保安庁)の責任者ロバート・ネッパーロシア大統領のウルリク・トムセン、その弟ヘンリー・イアン・キュージックCIA情報員のジェームズ・フォークナー、ホイッティア(ダグレイ・スコット)の部下マイケル・オフェイ、主人公に指示を出す連絡員のリサ・ジェコブズ、サンクトペテルブルク警察の責任者ジョー・シェリダンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021