4480 Movies

最後の恋のはじめ方 Hitch (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋が苦手な男性の手助けをビジネスにする青年とゴシップ記者の女性の恋を描く、監督アンディ・テナント、製作、主演ウィル・スミスエヴァ・メンデスケヴィン・ジェームズアンバー・ヴァレッタアダム・アーキン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:アンディ・テナント

製作
ジェームズ・ラシター
ウィル・スミス
テディ・ジー
製作総指揮
ウィンク・モードーント
マイケル・タドロス
脚本:ケヴィン・ビッシュ
撮影:アンドリュー・ダン
編集
トロイ・タカキ
トレイシー・ワドモア=スミス
音楽:ジョージ・フェンロン

出演
アレックス”ヒッチ”ヒッチェンス:ウィル・スミス
サラ・ミラス:エヴァ・メンデス
アルバート・ブレナマン:ケヴィン・ジェームズ
アレグラ・コール:アンバー・ヴァレッタ
ケイシー・セジウィック:ジュリー・アン・エメリー
マックス:アダム・アーキン
ヴァンス・マンソン:ジェフリー・ドノヴァン
クレシダ・ベイラー:ロビン・リー
ベン:マイケル・ラパポート
ニール:ケヴィン・サスマン
マンディ:ポーラ・パットン
オブライエン:フィリップ・ボスコ
ピート:マット・マロイ
チップ:デヴィッド・ワイク
エディー:マット・セルヴィット
ジェフ:ネイサン・リー・グレアム
ラウル:モーリク・パンチョリー
ロス:ホセ・ラーナ
マリア:マーセデス・レナード

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2005年製作 118分
公開
北米:2005年2月11日
日本:2005年6月4日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $179,495,560
世界 $368,100,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
”デート・ドクター”と言われるアレックス”ヒッチ”ヒッチェンス(ウィル・スミス)は、恋が苦手な男性の手助けをしていた。

タブロイド紙のゴシップ記者サラ・ミラス(エヴァ・メンデス)は、休暇も返上して、恋に興味もなくその暇もなかった。

そんなサラは、上司マックス(アダム・アーキン)から働き過ぎだと言われる。

親友のベン(マイケル・ラパポート)とバーにいたヒッチは、店員と間違った振りをしてマンディ(ポーラ・パットン)に声をかける。

同僚のケイシー・セジウィック(ジュリー・アン・エメリー)とその場で楽しんでいたサラは、そこでも恋に興味のないことなどを話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
恋が苦手な男性の手助けをしているアレックス”ヒッチ”ヒッチェンス(ウィル・スミス)は、”デート・ドクター”と言われていた。
タブロイド紙のゴシップ記者サラは、仕事オンリーの日々を送り恋に興味がなかった。
ドジで冴えない資産管理会社の社員アルバートの依頼を受けたヒッチは、彼の意中の女性が、セレブである超有名人アレグラだと知らされて驚く。
ヒッチの助言でアレグラに気に入られたアルバートは、次の段階に進む準備を始める。
ある日、バーでサラを見かけたヒッチは話しかけるものの、彼女の心を読み、自分を意識するように仕向けただけでその場を去る。
男性に興味がなかったサラは、そんなヒッチが気になる存在になるのだが・・・。
__________

一見、現実味のない内容は、様々な人々の恋が、意外にも自分に当てはまるパターンであると思わせたりもする、アンディ・テナントの軽快な演出が見所のユニークな作品。

主人公らも含めた恋に不器用な者達が、本音で語り合い行動する姿が実に楽しく描かれている。

ハリウッドを代表する人気スターとなった、製作も兼ねるウィル・スミスの作品というだけで別格と捉えられたのか、そこまでヒットするか?と思うほどの、興行的に大成功した作品。
北米興行収入は約1億8000万ドル、全世界では約3億6800万ドル。

どんな女性でも落とせるテクニックを依頼人に伝授する割には、かつて冴えなかった自分が潜在的に存在するという、面白い役柄の主人公を熱演するウィル・スミス、仕事一筋の記者であったが、紆余曲折の末に主人公との恋を手に入れるエヴァ・メンデス、主人公に恋の指南を受けて、超セレブ(アンバー・ヴァレッタ)の心を捉えるケヴィン・ジェームズ、ヒロインの友人である同僚ジュリー・アン・エメリー、ヒロインの上司アダム・アーキン、主人公を恨む依頼人ジェフリー・ドノヴァン、主人公の初恋の女性ロビン・リー、主人公の友人マイケル・ラパポート、主人公の依頼人ケヴィン・サスマンマット・マロイ、主人公が口説く女性ポーラ・パットン、資産管理会社社長フィリップ・ボスコ、ヒロインを口説く男性デヴィッド・ワイク、デート・パーティーの参加者マット・セルヴィット、ヒロインの同僚ネイサン・リー・グレアムホセ・ラーナ、主人公のアパートのフロント係モーリク・パンチョリー、ヒロインの妹マーセデス・レナードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021