4310 Movies

HICK ルリ13歳の旅 Hick (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

両親が蒸発した13歳の少女がラスベガス行きを決意して旅立ち、様々な体験を通して成長していく姿を描く、監督、脚本デリック・マルティーニ、主演クロエ・グレース・モレッツエディ・レッドメインブレイク・ライヴリーアレック・ボールドウィンジュリエット・ルイス他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デリック・マルティーニ
製作
ジョナサン・コーニック
チャールズ・デ・ポルテス
スティーヴン・シーバート
クリスチャン・テイラー
原作:アンドレア・ポルテス”Hick”
脚本
アンドレア・ポルテス
デリック・マルティーニ
撮影:フランク・ゴッドウィン
編集:マーク・ヨシカワ
音楽
ボブ・ディラン
ラリー・キャンベル

出演
ルリ・マクミュラン:クロエ・グレース・モレッツ
エディ・クリーザー:エディ・レッドメイン
グレンダ:ブレイク・ライヴリー
ボー:アレック・ボールドウィン
タミー・カッター=マクミュラン:ジュリエット・ルイス
ロイド・ナッシュ:レイ・マッキノン
ニック・マクミュラン:アンソン・マウント
クレメント:ローリー・カルキン
ブレイン:ショーン・サイポス
ストレンジャー:デイヴ・ヴェシオ
レイ:ロバート・ベイカー
ラックス・フィールド:ボブ・スティーブンソン

アメリカ 映画
配給 Phase 4 Films
2011年製作 95分
公開
北米:2011年5月11日
日本:2012年11月24日
製作費 $7,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1980年代、ネブラスカ州、パルミラ
絵を描くのが好きなルリ・マクミュラン(クロエ・グレース・モレッツ)は、自堕落な母親タミー(ジュリエット・ルイス)とアル中の父親ニック(アンソン・マウント)と共に田舎町で暮らしていた。

ルリは、13歳の誕生日を両親にバーで祝ってもい、タミーや客からプレゼントを受け取り、その中には拳銃があった。

酔ったニックを罵倒するタミーが争うのを見たバーテンダーのレイ(ロバート・ベイカー)は、困っているルリを車で家に送る。

翌朝、不動産関連の仕事などをするラックス・フィールド(ボブ・スティーブンソン)という男性が家にいたために銃を向けたルリは、起きてきたタミーに制止される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2007年に発表された、アンドレア・ポルテスの小説”Hick”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1980年代、ネブラスカ州、パルミラ
自堕落な母タミーとアル中の父ニックが蒸発してしまうものの、13歳の少女ルリ・マクミュランは、悲しむことなくラスベガス行きを決意して旅立つ。
ヒッチハイクをして、脚の悪い青年エディの車に乗せてもらったルリだったが、彼が態度を豹変させたために車を降りる。
その後、魅力的な女性グレンダの車に乗せてもらったルリは、途中で立ち寄ったボーリング場でエディに出くわす。
グレンダの夫ロイドの屋敷に着いたルリは、使用人だというエディがその場にいたために驚く。
ルリは、エディがグレンダを追ってきたことを知り、彼を警戒するのだが・・・。
__________

本作で脚本も担当した、アンドレア・ポルテスのデビュー小説を基にした作品。

原題の”Hick”は、お人よしや田舎者という意味で、文字通り田舎者の主人公の少女が、様々な経験を通して自分の生きる道を見つけようとする姿と成長を描くドラマ。

原作者のアンドレア・ポルテスと監督のデリック・マルティーニの脚本は、唐突な展開となる場面がり戸惑うことがあるが、ユーモアを交えた人情味のある話も盛り込まれたストーリーはまずまず楽しめる。

北米拡大公開もされない小作とは言え、キャストの豪華さは注目の作品であり、終盤で登場するアレック・ボールドウィンは、デリック・マルティーニの作品”Lymelife”(2008)では主演して製作も兼ねている。

主演のクロエ・グレース・モレッツは、撮影当時14歳になったばかりなのだが、前年の「キック・アス」(2010)でブレイクした直後であり、心揺れる少女を好演して天才子役ぶりを発揮している。

こちらも、その後の才能の開花が窺える、主人公と関係する風変わりな青年を怪演するエディ・レッドメイン、彼とかつて愛し合い幼い子供もいるブレイク・ライヴリー、その夫レイ・マッキノン、エディ(エディ・レッドメイン)に部屋を貸し、主人公の考えを理解して暖かく見守るアレック・ボールドウィン、主人公の両親ジュリエット・ルイスアンソン・マウント、主人公がモーテルで出会う青年ローリー・カルキン、ボーリング場の店員ショーン・サイポス、バーテンダーのロバート・ベイカー、主人公の母と暮らすことになる男性ボブ・スティーブンソン、他デイヴ・ヴェシオなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020