4451 Movies

夜歩く男 He Walked by Night (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

知能犯による殺人事件に全力で取り組む警察の捜査を描く、監督アルフレッド・L・ワーカーアンソニー・マン、主演リチャード・ベースハートスコット・ブレイディロイ・ロバーツ他共演の犯罪ドラマであるフィルム・ノワール


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督

アルフレッド・L・ワーカー
アンソニー・マン(クレジットなし)
製作
ブライアン・フォイ
ロバート・T・ケイン
脚本
クレイン・ウィルバー
ジョン・C・ヒギンズ
撮影:ジョン・アルトン
編集:アルフレッド・デガエターノ
音楽:レオニード・ラーブ

出演
ロイ・マーティン/ロイ・モーガン:リチャード・ベースハート
マーティ・ブレナン巡査部長:スコット・ブレイディ
ブリーン警部:ロイ・ロバーツ
ポール・リーヴス:ホイット・ビッセル
チャック・ジョーンズ巡査部長:ジェームズ・カードウェル
リー・ホワイティ:ジャック・ウェッブ
フレディ:バイロン・フォルガー
被害妄想の主婦:ドロシー・アダムス
ナレーター:リード・ハドリー

アメリカ 映画
配給 Eagle-Lion Films
1948年製作 79分
公開
北米:1948年11月24日
日本:1952年4月24日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
仕事帰りの市警のパトロール警官ロバート・ローリンズ巡査は、妻が待つ自宅に向かう。

ラジオ店に侵入しようとしたロイ・モーガン(リチャード・ベースハート)は、パトカーに気づきその場を離れ、開錠道具と手袋を捨てる。

不審な男ロイに気づき、彼を追い呼び止めたローリンズは、身分証の提示を求める。

財布を忘れたと言うロイは、隠し持っていた銃でローリンズを銃撃し、自分の車に乗り込み逃げようとするものの、エンジンがかからない。

瀕死のローリンズは、ロイの車に衝突して力尽きる。

付近の住人が騒ぎに気づく中、車を降りたロイは逃げ去る。

通報を受けた警察は現場に急行し、殺人課のブリーン警部(ロイ・ロバーツ)は、付近の不審者の検挙と、マーティ・ブレナン巡査部長(スコット・ブレイディ)とチャック・ジョーンズ巡査部長(ジェームズ・カードウェル)への連絡を本部に指示する。

現場の捜査を始めたブリーンは、到着したブレナンとジョーンズと共に目撃者から話を聞き、本部から、口ヒゲをはやした容疑者の容姿や特徴の情報を知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
市警のパトロール警官ローリンズ巡査が、不審者に射殺される。
犯人のロイ・モーガンは、軍で通信関係の部署に就いていた技術を利用し、盗品をリーヴスの研究所に持ち込みレンタルしていた。
捜査を始めた殺人課のブリーン警部は、犯人の車に銃と共に残されていた電子機器に目をつけ、盗品が持ち込まれたリーヴスの研究所と彼の監視を、部下のブレナンとジョーンズに任せる。
リーヴスに協力させて、盗品を持ち込んだロイをおびき寄せたブレナンとジョーンズは、彼に襲われる。
銃撃されたジョーンズは瀕死の重傷を負い、正体不明の犯人を逮捕するため、ブリーンは大規模な捜査を始めるのだが・・・。
__________

サイレント時代から活躍していたアルフレッド・L・ワーカーアンソニー・マン(クレジットなし)の監督作品。

知能犯による殺人事件捜査に全力で取り組むロサンゼルス市警の行動を描く、フィルム・ノワールの名作。

1945年から1946年にかけて、ロサンゼルスで強盗、窃盗、銃撃戦などの犯罪を繰り返した、カリフォルニアグレンデール市の元警察官で、第二次世界大戦の退役軍人でもあるアーウィン”マシンガン”ウォーカーの行動の新聞記事を基に製作された作品。

強盗の被害者の目撃証言を参考に、犯人の似顔絵を作成するという、当時としては画期的な捜査や鑑識の調査方法などが、緊迫感あふれるセミドキュメンタリー・タッチで描かれている。
モノクロ映像の効果を活かした、クライマックスの排水路の追跡劇は、映画史上に残る名シーンと言っても過言ではない。

このシーンは、「第三の男」(1949)のウィーンの下水道のシーンと似ていることで有名なのだが、撮影、公開共に本作の方が早いという事実だけで、その関連性などは明らかになっていない。

本作の撮影中に出演者のジャック・ウェッブは、警察のアドバイザーであるマーティ・ウィン刑事部長と親交を深め、テレビ番組”ドラグネット”が誕生したという経緯がある。

平凡な青年に見えるものの、残虐性もある知能犯を好演するリチャード・ベースハート、事件を担当する巡査部長のスコット・ブレイディ、その上司である警部で、捜査の指揮官ロイ・ロバーツ、犯人と関係する研究所の所長で警察に協力するホイット・ビッセル、事件を担当して犯人に撃たれる巡査部長のジェームズ・カードウェル、鑑識担当のジャック・ウェッブ、警察署の職員で犯人の情報を提供するバイロン・フォルガー、実生活で彼の妻である、被害妄想の主婦役ドロシー・アダムス、ナレーターはリード・ハドリーが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021