4503 Movies

ヘレディタリー/継承 Hereditary (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

亡くなった母親から忌まわしいものを受け継いだ家族に襲いかかる恐怖を描く、 監督、脚本アリ・アスター、製作総指揮、主演トニ・コレットガブリエル・バーンアレックス・ウルフミリー・シャピロアン・ダウド他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:アリ・アスター
製作
ケヴィン・フレイクス
ラース・クヌードセン
バディ・パトリック
製作総指揮
ライアン・クレストン
ジョナサン・ガードナー
トニ・コレット
ガブリエル・バーン
脚本:アリ・アスター
撮影:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集
ジェニファー・レイム
ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン

出演
アニー・グラハム:トニ・コレット
スティーヴ・グラハム:ガブリエル・バーン
ピーター・グラハム:アレックス・ウルフ
チャーリー・グラハム:ミリー・シャピロ
ジョーン:アン・ダウド
ブリジット:マロリー・ベクテル
エレン・テーパー・リー:キャスリーン・チャルファント

アメリカ 映画
配給 A24
2018年製作 127分
公開
北米:2018年6月8日
日本:2018年11月30日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $44,069,460
世界 $80,239,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2018年4月3日。
闘病生活を続けていたエレン・テーパー・リー(キャスリーン・チャルファント)は、78歳で娘アニー・グラハム(トニ・コレット)の家で死去した。

エレンの夫マーティンと長男チャールズは、既に故人だった。

ミニチュア模型作家のアニーは、精神科医である夫のスティーヴ・グラハム博士(ガブリエル・バーン)、16歳の息子ピーター(アレックス・ウルフ)と13歳の娘チャーリー(ミリー・シャピロ)の4人暮らしだった。

エレンの葬儀は土曜日の午前10時から12時まで行われ、スプリング・ブロッサム墓地に埋葬される。

ピーターを起こしたグラハムは、ツリーハウスで寝ていたチャーリーも起こし、4人で教会に向かう。

葬儀でアニーがスピーチしている最中、物静かなチャーリーは、スケッチブックに母の絵を描いていた。

その後スティーヴは、ナッツ・アレルギーのチャーリーがチョコレートを食べていたために、ナッツが入っていないか確かめる。

一家は帰宅し、スティーヴは、遅れている作品を仕上げているアニーの様子を見に行き、就寝前のピーターにも声をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ミニチュア模型作家のアニー・グラハムは、”解離性同一性障害”だった母エレンを亡くし、夫スティーヴと子供たちピーターとチャーリーと共に葬儀を済ませる。
エレンに溺愛されていたチャーリーは、様々な異変が起きる中、ピーターと向かったパーティーで発作を起こし、病院に運ばれる途中、悲惨な事故で死亡する。
絶望したアニーは、家族には内緒である集会に参加し、心の癒しを求めようとするのだが・・・。
__________

短編映画などで活躍していたアリ・アスターが、脚本を兼ねた長編映画監督デビュー作。

”サンダンス映画祭”でプレミア上映された本作は絶賛され、”近年最高の恐怖”、1970年代のオカルトブーム時代の名作に匹敵する作品とまで言われ、デビュー作とは思えない演出力を見せたアリ・アスターの今後の活躍が大いに期待された。
アリ・アスターは、本作と同じく脚本を兼ねた監督作である、次回作「ミッドサマー」(2019)でも高い評価を得て、その実力を証明した。

主人公を演ずる主演のトニ・コレットの演技も注目で、製作総指揮も兼ねる彼女の意欲が感じられる、キャリア最高と言える見事な演技なくして、本作の成功はなかっただろう。

同じく製作総指揮を兼ねる、主人公の夫を演ずるガブリエル・バーン、その息子であり、”パイモンの王”として血筋を継承するアレックス・ウルフ、異様な雰囲気のその妹ミリー・シャピロ、主人公と親交を深めるサポートグループのメンバーで、パイモンの使者だったアン・ダウド、ピーター(アレックス・ウルフ)が惹かれる女子高生マロリー・ベクテル、主人公の母親キャスリーン・チャルファント、また、アリ・アスターが、ギャラリーの担当者として電話の声で登場している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021