4216 Movies

ラストゲーム He Got Game (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

服役中の男が、バスケットボールのスター選手である不仲の息子と絆を取り戻すまでを描く、製作、監督、脚本スパイク・リー、主演デンゼル・ワシントンレイ・アレンミラ・ジョヴォヴィッチロザリオ・ドーソンジョン・タトゥーロ他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:スパイク・リー
製作
ジョン・キリク

スパイク・リー
脚本:スパイク・リー
撮影:マリク・ハッサン・サイード
編集:バリー・アレクサンダー・ブラウン
音楽:アーロン・コープランド

出演
ジェイク・シャトルズワース:デンゼル・ワシントン

ジーザス・シャトルズワース:レイ・アレン
ダコタ・バーンズ:ミラ・ジョヴォヴィッチ
ララ・ボニラ:ロザリオ・ドーソン
コールマン”ブーガー”サイクス:ヒル・ハーパー
マーセル・ワイアット:ネッド・ビーティ
スパイヴィー:ジム・ブラウン
ビリー・サンデー:ジョン・タトゥーロ
メアリー・シャトルズワース:ゼルダ・ハリス
マーサ・シャトルズワース:ロネット・マッキー
クラダップ:ジョセフ・ライル・テイラー
チック・ディーガン:リック・フォックス
ババ:ビル・ナン

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ

1998年製作 136分
公開
北米:1998年5月1日
日本:1998年12月19日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $21,554,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク、”アッティカ刑務所”。
妻を事故で死なせてしまったために服役中のジェイク・シャトルズワース(デンゼル・ワシントン)は、刑務所長のマーセル・ワイアット(ネッド・ビーティ)に呼ばれる。

ブルックリンの”リンカーン・ハイスクール”に通うジェイクの息子ジーザス(レイ・アレン)は、バスケットボールで全米注目の選手だった。

バスケットボールの大ファンである州知事は、母校の”ビッグ・ステート大学”に、ジーザスを入れようと考えていた。

それを実現させれば、刑期の大幅短縮を約束されたジェイクは、食事に薬物を入れられ、食中毒を起こしたことにされて刑務所から搬送される。

監視官スパイヴィー(ジム・ブラウン)とクダラップ(ジョセフ・ライル・テイラー)と共に街に向かったジェイクは、安宿の一室に連れて行かれる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
妻を事故で死なせてしまい服役中のジェイク・シャトルズワースは、州知事の指示に従えば服役期間を大幅に短縮すると所長に言われる。
全米が注目するバスケットボールのスター選手であるジェイクの息子ジーザスを、州知事の出身校に入れる同意書にサインさせるのが条件だった。
同じ頃ジーザスは、NBA入りか進学かで悩み、大人達のマネーゲームの犠牲者となっていた。
監視官と共に街に向かったジェイクだったが、母の死で自分を恨むジーザスは、彼を父親と認めようともしない・・・。
__________

互いに背負った心の傷により、亀裂が入った親子、それに悩む父親の葛藤と、大人社会に翻弄されるのを必死にこらえる息子、両者は衝突にも至らない関係でドラマは進む。

どこにでもいる、息子に期待する父親の焦りとやるせなない思いと共に、全てを金で支配しようとする、アメリカ社会の汚点を鋭く描く、スパイク・リーの、スリリングなまでの演出は見ものだ。

全体的には見応えあるドラマなのだが、音楽が映像の邪魔をしているシーンが多いのが気になる。

最愛の息子に愛を伝えられない、苦しい立場の主人公をいつもながらに熱演するデンゼル・ワシントンは、プロ級のバスケットボールの腕前も存分に見せてくれる。

主人公の息子を演ずる、当時”ミルウォーキー・バックス”の現役選手だったレイ・アレン、その恋人ロザリオ・ドーソン、主人公の隣部屋の娼婦ミラ・ジョヴォヴィッチ、主人公の甥役のヒル・ハーパー、刑務所長ネッド・ビーティ、監視官ジム・ブラウンとジョセフ・ライル・テイラー、大学のコーチ、ジョン・タトゥーロ、主人公の娘ゼルダ・ハリス、妻のロネット・マッキー、工科大の選手リック・フォックス、主人公の義兄ビル・ナン他、NBAのスター選手も多数出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020