4213 Movies

フライト Flight (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

旅客機墜落の危機から奇跡的に乗員を救ったパイロットが、英雄と称えられながら隠された真実に対する苦悩と葛藤を描く、製作、監督ロバート・ゼメキス、主演デンゼル・ワシントンドン・チードルケリー・ライリージョン・グッドマンブルース・グリーンウッドメリッサ・レオ他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ゼメキス
製作
ローリー・マクドナルド

ウォルター・F・パークス
ジャック・ラプケ
スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
製作総指揮:シェリラン・マーティン
脚本:ジョン・ゲイティンズ
撮影:ドン・バージェス
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
ウィップ・ウィトカー:デンゼル・ワシントン

ヒュー・ラング:ドン・チードル
ニコール・マッゲン:ケリー・ライリー
ハーリン・メイズ:ジョン・グッドマン
チャーリー・アンダーソン:ブルース・グリーンウッド
エレン・ブロック:メリッサ・レオ
ケン・エヴァンス:ブライアン・ジェラティ
マーガレット・トマソン:タマラ・チュニー
カテリーナ”トリーナ”マルケス:ナディーン・ベラスケス
ガン患者:ジェームズ・バッジ・デール
ディアナ・コールマン:ガーセル・ボヴェイ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2012年製作 138分
公開
北米:2012年11月2日
日本:2013年3月1日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $93,772,380
世界 $161,772,380


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優(デンゼル・ワシントン)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フロリダ州、オークランド
”サウスジェット航空”の機長ウィップ・ウィトカー(デンゼル・ワシントン)は、元妻ディアナ(ガーセル・ボヴェイ)からの電話で起こされる。

客室乗務員カテリーナ”トリーナ”マルケス(ナディーン・ベラスケス)と一夜を過ごしたウィトカーは、二日酔いで寝不足のままコカインを吸い、フライトのため空港に向かう。

コックピットでウィトカーは、客室乗務員のマーガレット・トマソン(タマラ・チュニー)から、コーヒーと乗客名簿を受取り、副操縦士ケン・エヴァンス(ブライアン・ジェラティ)に指示を与えて離陸準備をする。

アトランタ
麻薬依存症のニコール・マッゲン(ケリー・ライリー)は、売人からドラッグを手に入れる。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フロリダ州、オークランド
”サウスジェット航空”の機長ウィップ・ウィトカーは、二日酔いで寝不足、更にはコカインを吸ってフライトのため空港に向かう。
悪天候の中、アトランタに飛び立ったウィトカーだったが、機内でも酒を飲みコックピットで眠ってしまう。
ところが、装置の故障で操縦不能となった機体は急降下を始め、目覚めたウィトカーは機体を立て直そうとする。
背面飛行で高度を保ったウィトカーは、奇跡的な操縦で原野に不時着する。
病院に搬送されたウィトカーは、乗務員を含む6人が死亡したことを、旧友でパイロット組合のアンダーソンから知らされる。
付き合っていた、乗務員のカテリーナが死亡したことを知らされたウィトカーは、多くの人命を救ったことで英雄視されるのだが・・・。
__________

ロバート・ゼメキスデンゼル・ワシントンが組み、実力派スターの豪華競演が話題になった作品。

衝撃的な映像で不時着事故を伝える序盤から、アルコール依存症の欲望に勝てない主人公の苦悩を映し出す中盤、そして、運命を主の導きとも捉えた、主人公の癒される姿など、様々な表情を克明に描写する、ロバート・ゼメキスの演出手腕も見ものだ。

第85回アカデミー賞では、主演男優(デンゼル・ワシントン)と脚本賞にノミネートされた。

北米興行収入は約9400万ドル、全世界では1億6200万ドルのヒットとなった。

奇跡の不時着を成功させたパイロットの、過酷とも言える運命を描いた内容、主人公の心の葛藤を表現する、デンゼル・ワシントンの渾身の名演に心打たれる。

エリートに見えるパイロットの自堕落的な私生活、生と死を見つめる眼差し、受刑者となった後に見せる救われた安堵の表情など、ハリウッド最高の演技派と言えるデンゼル・ワシントンは、殆ど笑みを見せない悲痛な表情で、主人公の心を見事に表現している。

主人公の弁護士ドン・チードル、主人公と親交を深める薬物依存症の女性ケリー・ライリー、主人公の友人であるドラッグの売人ジョン・グッドマン、パイロット組合の幹部ブルース・グリーンウッド運輸安全委員会のリーダー役のメリッサ・レオ、副操縦士役のブライアン・ジェラティ、客室乗務員役タマラ・チュニーナディーン・ベラスケス、ガン患者役のジェームズ・バッジ・デール、主人公の妻ガーセル・ボヴェイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020