4214 Movies

ウディ・ガスリー/わが心のふるさと Bound For Glory (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1943年に発表された、ウディ・ガスリーの自伝”Bound For Glory”を基に製作された作品。
貧困に苦しむ労働者達の心情を歌う、アメリカを代表するフォーク・シンガー、ウディ・ガスリーが人々に勇気や希望を与え続ける姿を描く、監督ハル・アシュビー、主演デヴィッド・キャラダインロニー・コックスメリンダ・ディロンランディ・クエイド他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ハル・アシュビー
製作:ロバート・F・ブラモフ
脚本:ロバート・ゲッチェル
撮影:ハスケル・ウェクスラー
編集
ペンブローク・J・ヘリング

ロバート・C・ジョーンズ
衣装デザイン:ウィリアム・ウェア・セイス
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
ウディ・ガスリーデヴィッド・キャラダイン

オザーク・ブール:ロニー・コックス
メアリー・ガスリー/メンフィス・スー:メリンダ・ディロン
ポーリン:ゲイル・ストリックランド
ルーサー・ジョンソン:ランディ・クエイド
ロック:ジョン・リーン
ベイカー:アラン・ミラー
スー・アン:メアリー・ケイ・プレイス
メアリー・ジョー・ガスリー:ウェンディ・スカール
スリム・スネデガー:ジー=トゥー・カンブカ
ピックアップ・トラック運転手:ブライオン・ジェームズ
トレーラー・ハウスの男:M・エメット・ウォルシュ
チリの屋台のオーナー:ジョームズ・ホン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1976年製作 148分
公開
北米:1976年12月5日
日本:1977年8月


アカデミー賞 ■
第49回アカデミー賞
・受賞
撮影・音楽賞
・ノミネート
作品・脚色・編集・衣装デザイン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1936年、大恐慌の時代。
オクラホマからテキサスパンパに移り住み、しがない看板描きをしていたウディ・ガスリー(デヴィッド・キャラダイン)は、妻メアリー(メリンダ・ディロン)と幼い子供達、両親や弟妹とで困窮する生活を続けていた。

看板描きの仕事もなく、ウディは集会のバンドのメンバーになるが、それも解散となり、途方に暮れる毎日を送る。

そんな時ウディは、家族を残しカリフォルニアに行く決心をして、ヒッチハイクで西に向かう。

その後、放浪者のスリム・スネデガー(ジー=トゥー・カンブカ)と出会ったウディは、貨物車に乗り旅を続ける。

途中、無賃乗車で貨物車から降ろされたウディは、スリムと別れ、徒歩そして再びヒッチハイクで西を目指す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大恐慌の時代、故郷を捨てテキサスに移り住んだ看板描きのウディ・ガスリーは、仕事にも行き詰まり途方に暮れ、妻メアリーら家族を残し放浪の旅に出る。
西に向かい、苦労の末ようやくカリフォルニアに着いたウディは、放浪者キャンプで人々を慰問して励ますラジオ歌手オザークに出会う。
オザークは、その人生を弾き語りで唄うウディと意気投合し、彼をラジオ局に連れて行く。
ウディは、マネージャーのロックにも気に入られ、安定収入を得ることになる。
その後、メアリーと子供達を呼び寄せたウディは、小さな家で、ささやかな幸せを噛みしめながら生活を始める。
その間、ウディは、労働者の雇用改善などを求め、組合を組織しようとする、オザークの活動に協力していた。
そして、貧しい人々や労働者の心を唄うウディの歌は評判になる。
しかし、スポンサー側からの選曲の圧力などを嫌ったウディは、再び放浪の旅に出る・・・。
__________

1960年代後半、「アメリカ上陸作戦」(1966)や「夜の大捜査線」(1967)などでノーマン・ジュイソンと組み、編集を手がけていたハル・アシュビーが、自然体を貫き通そうとする
人間”ウディ・ガスリー”の、第二の人生の始まりを描いた作品。

第49回アカデミー賞では、撮影、音楽賞を受賞した。
・ノミネート
作品・脚色・編集・衣装デザイン

レナード・ローゼンマンの心安らぐ音楽、巨大砂嵐や放浪者キャンプの特撮も駆使した映像、大恐慌時代の雰囲気を伝えるセットや小道具、そして衣装なども見事な出来栄えとなっている。

主人公のウディ・ガスリーを演ずるデヴィッド・キャラダインの情感のこもった演技は、彼のキャリア最高と言える、素晴らしい演技と歌を披露してくれる。

その後に活躍することになる、共演者達の好演も見逃せない。
主人公を支える歌手で、組合運動の活動家ロニー・コックス、主人公の妻と同僚の歌手二役を演ずるメリンダ・ディロン、奉仕協会の主催者である、富豪の未亡人役ゲイル・ストリックランド、キャンプ仲間役のランディ・クエイド、ラジオ局マネージャー役のジョン・リーン、エージェントのアラン・ミラー、主人公が州境まで車で世話になる男ブライオン・ジェームズ、トレーラーハウスを牽引する男M・エメット・ウォルシュ、チリ屋台のオーナー、ジョームズ・ホンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020