4504 Movies

天国は待ってくれる Heaven Can Wait (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

死後に地獄に行くことを覚悟した男性のたどった人生を描く、製作、監督エルンスト・ルビッチ、主演ジーン・ティアニードン・アメチーチャールズ・コバーンレアード・クリーガールイス・カルハーンユージン・パレット他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:エルンスト・ルビッチ

製作:エルンスト・ルビッチ
原作:ラズロ・ブッス=フェテケ”Birthday/Szuletesnap”
脚本:サムソン・ラファエルソン
撮影:エドワード・クロンジャガー
編集:ドロシー・スペンサー
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
マーサ:ジーン・ティアニー
ヘンリー・ヴァン・クリーヴ:ドン・アメチー
ヒューゴ・ヴァン・クリーヴ:チャールズ・コバーン
閻魔大王:レアード・クリーガー
ランドルフ・ヴァン・クリーヴ:ルイス・カルハーン
バーサ・ヴァン・クリーヴ:スプリング・バイイントン
アルバート・ヴァン・クリーヴ:アリン・ジョスリン
E.F.ストレイブル:ユージン・パレット
ストレイブル夫人:マージョリー・メイン
イヴェット:シグネ・ハッソ
ペギー・ナッシュ:ヘレン・レイノルズ
ジェームズ:オーブリー・メイザー
ジャック・ヴァン・クリーヴ:トッド・アンドリュース
ヘンリー・ヴァン・クリーヴ(9歳):スコッティ・ベケット
ヘンリー・ヴァン・クリーヴ(15歳):ディッキー・ムーア
ヴァンクリーヴ家の祖母:クララ・ブランディック
ジャスパー:クラレンス・ミューズ
クーパー=クーパー夫人:アニタ・シャープ=ボルスター
ネリー・ブラウン:ドリス・メリック
医師:エドウィン・マックスウェル

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1943年製作 112分
公開
北米:1943年8月11日
日本:1990年8月25日
製作費 $1,115,400


アカデミー賞
第16回アカデミー賞

・ノミネート作品・監督・撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
亡くなったヘンリー・ヴァン・クリーヴ(ドン・アメチー)は、死後の天国行きは無理だと思い、地獄に向かおうとする。

閻魔大王(レアード・クリーガー)に迎えられたヘンリーは、自分の人生を話そうとしながら、天国に相応しい生き方はしなかったと伝えて裁きを求める。

それを検討しようとする閻魔大王は、エドナ・クレイグを迎える。

ヘンリーに気づいたエドナは驚き、彼と昔会ったことを話すものの、閻魔大王に下界に堕とされる。

閻魔大王はヘンリーに興味を抱き、彼の話を聞くことにする。

人生で関わった女性について話すと言うヘンリーは、まず母親バーサ(スプリング・バイイントン)について語り始める。
__________

ニューヨーク
1872年10月25日に裕福なクリーヴ家に生まれたヘンリーは、バーサや祖母(クララ・ブランディック)に可愛がられ、彼女らは孫を奪い合った。

9歳になったヘンリー(スコッティ・ベケット)は、女の子に興味を持つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
自分の人生を後悔し、死後に地獄に行く覚悟をしたヘンリー・ヴァン・クリーヴは、閻魔大王の裁きを受けようとする。
ヘンリーに興味を持った閻魔大王は、彼の人生についての話を聞いてみることにする。
ニューヨークの裕福な家庭で家族に甘やかされて育った少年ヘンリーは、、女性に興味を持ち始め、フランス人のメイドに愛を教わる。
26歳になったヘンリーは、街で出会った美しいマーサに惹かれるものの、いとこのアルバートの婚約者だと知りショックを受ける。
マーサに気持ちを伝えて納得させたヘンリーは、彼女と駆け落ちしてしまうのだが・・・。
__________

1934年に初演された、ラズロ・ブッス=フェテケの舞台劇”Birthday/Szuletesnap”を基に製作された作品。

過ちばかりの自分の人生を後悔し、死後に地獄に行くことを覚悟した男性のたどった人生を描くコメディ・ドラマ。

原題”Heaven Can Wait”の同名作品「天国から来たチャンピオン」(1978)は、1941年公開の「幽霊紐育を歩く」のリメイクであり、本作とのは関係ない。

ファースト・クレジットは、美しさ際立つジーン・ティアニー(主人公の妻役)だが、ドン・アメチーが奔放で女好きの主人公を見事に演じ、70年の人生、各時代の誕生日や記念日に起きた出来事が愉快に描かれた内容になっている。

全編にわたる抜群のユーモアセンス、若手、ベテラン・スターの個性を活かした、エルンスト・ルビッチの軽快な演出が光るコメディの秀作に仕上がっている。

第16回アカデミー賞では、作品、監督、撮影賞(カラー)にノミネートされた。

孫である主人公を可愛がり、最も理解する祖父を演ずるチャールズ・コバーン、主人公を裁く閻魔大王のレアード・クリーガー、主人公を甘やかして育てる両親のルイス・カルハーンスプリング・バイイントン、主人公のいとこアリン・ジョスリン、ヒロインの両親ユージン・パレットマージョリー・メイン、主人公にフランス語と”愛”についてを教えるメイドのシグネ・ハッソ、主人公の息子トッド・アンドリュース、彼と惹かれ合うコーラスガールのヘレン・レイノルズ、主人公の屋敷の執事オーブリー・メイザー、9歳の主人公スコッティ・ベケット、15歳のディッキー・ムーア、主人公の祖母クララ・ブランディック、ヒロインの実家の執事クラレンス・ミューズ、クリーヴ家の知人の夫人アニタ・シャープ=ボルスター、主人公を看取る看護師ドリス・メリック、医師エドウィン・マックスウェルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021