4213 Movies

善き人 Good (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年に初演された、C・P・テイラーの舞台劇”Good”の映画化。
ヒトラーに著書を気に入られた大学教授が、逆らえるはずもない体制に順応しようとした結果の苦悩と葛藤を描く、ヴィゴ・モーテンセンジェイソン・アイザックスマーク・ストロング他共演、監督ヴィセンテ・アモリンによるドラマ。


ドラマ

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィセンテ・アモリン
製作総指揮
ダニエル・ダジャーニ

サイモン・フォーセット他
製作
ミリアム・シーガル

セーラ・ブート他
戯曲:C・P・テイラー

脚本:ジョン・ラサール
撮影:アンドリュー・ダン
編集:ジョン・ウィルソン
音楽:サイモン・レイシー

出演
ジョン・ハルダー:ヴィゴ・モーテンセン

モーリス・イスラエル・グリュックシュタイン:ジェイソン・アイザックス
アン・ハートマン:ジョディ・ウィッテカー
フレディ・ドロビッシュ:スティーヴン・マッキントッシュ
フィリップ・ボウラー:マーク・ストロング
ジョンの母:ジェマ・ジョーンズ
ヘレン・ハルダー:アナスタシア・ヒル

イギリス/ドイツ/ハンガリー 映画
配給 Good Films
2008年製作 96分
公開
イギリス:2009年4月17日
北米:2008年12月31日
日本:2012年1月1日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $23,090


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1937年4月、ベルリン総統官邸
大学の文学教授ジョン・ハルダー(ヴィゴ・モーテンセン)は、ナチス党検閲委員長のフィリップ・ボウラー(マーク・ストロング)に呼ばれる。

ボウラーは、ハルダーの著書”生きる権利”にヒトラー総統が興味を示していることを、緊張する彼に伝える。
__________

1933年5月。
ハルダーは、病弱の母(ジェマ・ジョーンズ)と妻ヘレン(アナスタシア・ヒル)、そして二人の子供達と暮らしていた。

ナチスが政権を取り、ハルダーは、好ましくないとされる書籍が処分されることを学部長から知らされ、講義の内容を制限されてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1937年4月、ベルリン
大学の文学教授ジョン・ハルダーは、総統官邸ナチス党検閲委員長のボウラーに呼ばれる。
ヒトラー総統は、夫が妻を安楽死させるというハルダーの著書に興味を持ち、”人道的な死”を認める論文を書くことを指示する。
その件をボウラーから知らされたハルダーは、高額報酬を受けられることもありそれを引き受ける。
その後ハルダーは、女学生のアンと親交を持ち、妻ヘレンと別れ、病弱の母に一人暮らしをさせる。
親友のユダヤ人精神科医モーリスは、党に関わり入党までしたハルダーを非難する。
親衛隊大尉になったハルダーは、党の援助を受け不自由ない生活を送るのだが、家族とは別れ、母親は自殺未遂を起こし、迫害が迫る親友モーリスを助けられないことで苦悩する・・・。
__________

ドイツ、世界にとって激動の時代、ナチス政権下、ヒトラーに直接気に入られた、極端な思想を持つでもない見識もある主人公、時代の波に飲み込まれていく姿が、痛々しいほどリアルに描かれた作品。

総統官邸内部から始まる冒頭が実に興味深く、主人公ヴィゴ・モーテンセンと対面する党検閲委員長がマーク・ストロングということで、背後に総統がいる雰囲気を漂わせる、実力派の演技に引き込まれる。

ユダヤ人に対する迫害が、ゆっくりと進んでいく展開と、葛藤の末に、親友を助けようとする主人公が見る現実を描く描写、そのラストは深く考えさせられる。

終盤、主人公は妻に親衛隊の制服姿を誇りに思うよう言われるが、それが全くに似合わないように見えることでホッとする。

素晴らしいキャスティングなのだが、イギリス、北米なのでも、劇場公開されたと言えないほどの館数でしか上映されなかったのは残念だ。

党員としては認められ優遇されるものの、大切なものを失っていく、苦悩する主人公を好演するヴィゴ・モーテンセン、その親友で、ユダヤ人精神科医ジェイソン・アイザックス、主人公の妻になる女学生のジョディ・ウィッテカー親衛隊少佐スティーヴン・マッキントッシュ、序盤しか登場しないものの、流石に印象深い演技を見せる党検閲委員長マーク・ストロング、主人公の母親役ジェマ・ジョーンズ、主人公の妻役のアナスタシア・ヒルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020