4214 Movies

エバー・アフター Ever After (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

童話”シンデレラ”を基に新解釈で描く、監督、脚本アンディ・テナント、主演ドリュー・バリモアアンジェリカ・ヒューストンダグレイ・スコットジャンヌ・モロー他共演のロマンチック・コネディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アンディ・テナント
製作
ミレーユ・ソリア

トレイシー・トレンチ
原作:シャルル・ペローシンデレラ
脚本
スザンナ・グラント

アンディ・テナント
リック・パークス
撮影:アンドリュー・ダン
編集:ロジャー・ボンデリ
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ダニエル・ド・バルバラック:ドリュー・バリモア

ロドミラ・ド・ゲント:アンジェリカ・ヒューストン
ヘンリー王子ダグレイ・スコット
マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランスジャンヌ・モロー
レオナルド・ダ・ヴィンチパトリック・ゴッドフリー
マルガリート・ド・ゲント:ミーガン・ドッズ
ジャクリーヌ・ド・ゲント:メラニー・リンスキー
フランソワ1世ティモシー・ウェスト
マリー王妃:ジュディ・パーフィット
モーリス:ウォルター・スパロー
グスタフ:リー・イングルビー
ピエール・ル・ピュー:リチャード・オブライエン
オーギュスト・ド・バルバラック:ジェローン・クラッベ
王の下臣:トビー・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1998年製作 121分
公開
北米:1998年7月29日
日本:1999年4月24日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $65,703,410
世界 $98,005,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
19世紀。
マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス(ジャンヌ・モロー)はグリム兄弟を呼び寄せ、”シャルル・ペロー”などが書いた童話”シンデレラ”について話す。

”ダニエル・ド・バルバラック”の、ガラスの靴を見せたマリー・テレーズは、実際あったと言ってその物語を語り始める。

”昔々、ある所に女の子が優しい父親と暮らしていた”
__________

16世紀、フランス
ダニエルは、父オーギュスト(ジェローン・クラッベ)と結婚するロドミラ・ド・ゲント男爵夫人(アンジェリカ・ヒューストン)と娘達を歓迎する。

翌日、再び旅立つオーギュストだったが、発作を起こして落馬し、ダニエルに愛を告げながら息を引き取る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
16世紀、フランス
父を亡くしたダニエル・ド・バルバラックは、義母ロドミラやその娘マルガリートとジャクリーヌに、召使いとして使われていた。
ある日、ヘンリー王子と出くわしたダニエルは、彼に無礼な態度をしてしまうが許される。
その後、売られた召使いモーリスを助けに行ったダニエルは、そこでもヘンリーに口添えされる。
ヘンリーはダニエルに惹かれて、会ったことを思い出せないまま、彼女が伯爵夫人だと知る。
一方、ヘンリーが、スペイン王女との政略結婚に不満であるため、ロドミラは、娘マルガリートを何んとか王妃にしようと画策する。
譲歩した国王フランソワ1世は、5日以内に結婚相手を見つけ、舞踏会の場で婚約を発表するようヘンリーに命ずる。
ヘンリーはダニエルに会い、その魅力の虜になるが、召使いの身分を隠す彼女は、王子を騙していることで心痛める。
そして、二人の関係を知ったロドミラは、その中を裂こうと企む・・・。
__________

ラブ・ロマンスのスタンダードを、現代的な感覚で描く、新鮮な発想が話題になった作品。

子役からキャリアを重ねたドリュー・バリモアが、いよいよ本格的な活躍をし始めた頃の作品で、彼女の人気を高めた作品でもある。

しかし、新解釈ということなのだが、男の目から見て、どうも主人公のロマンスはピンとこない。
コメディ部分とロマンスの、展開のバランスが悪く、今一ドラマチックでもない。
ディズニー”に任せなければいけない物語でもないだろうが、期待のアンディ・テナントの演出も平凡だ。

キュートな魅力のドリュー・バリモアは主人公を熱演し、喜怒哀楽、実に表情豊かな溌剌とした演技を見せる。

主人公をいじめ抜く、義母・悪女を雰囲気たっぷりに演ずるアンジェリカ・ヒューストン、良いか悪いかは女性の目にお任せ・・ヘンリー王子ダグレイ・スコット、冒頭に登場する大ベテラン、マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス役のジャンヌ・モロー、物語の中で、恋のキューピットとして大きな役割を担うレオナルド・ダ・ヴィンチパトリック・ゴッドフリー、主人公の義姉、意地の悪いミーガン・ドッズと、好意的に接するメラニー・リンスキー、国王フランソワ1世ティモシー・ウェスト、王妃のジュディ・パーフィット、召使いウォルター・スパロー、主人公の親友で画家志望の青年リー・イングルビー、商人役のリチャード・オブライエン、主人公の父親ジェローン・クラッベ、そして、王の下臣でトビー・ジョーンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020