4410 Movies

ゴースト/ニューヨークの幻 Ghost (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

愛し合う恋人同士に突然訪れた悲劇、亡くなった男性の魂が、失意の恋人を見守る姿を描く、監督ジェリー・ザッカーパトリック・スウェイジデミ・ムーアウーピー・ゴールドバーグトニー・ゴールドウィン共演の大ヒットしたファンタジー・ラブ・ロマンスの秀作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ジェリー・ザッカー
製作総指揮
スティーヴン=チャールズ・ジャッフェ
ハワード・W・コーチ
製作:リサ・ウィンスタイン
脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
撮影:アダム・グリーンバーグ
編集:ウォルター・マーチ
音楽:モーリス・ジャール

出演
パトリック・スウェイジ:サム・ウィート
デミ・ムーア:モリー・ジェンセン
ウーピー・ゴールドバーグ:オダ・メイ・ブラウン
トニー・ゴールドウィン:カール・ブルーナー
リック・アビレス:ウィリー・ロペス
ヴィンセント・スキャヴェリ:地下鉄のゴースト
フィル・リーズ:救急処置室のゴースト
ゲール・ボッグス:シスター・ルイス
アメリア・マックィーン:シスター・カーラ
スティーヴン・ルート:巡査部長
ブルース・ジャーチョウ:ライル・ファーガソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1990年製作 126分
公開
北米:1990年7月13日
日本:1990年9月15日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $217,631,306
世界 $507,600,000


アカデミー賞

第63回アカデミー賞
・受賞
助演女優(ウーピー・ゴールドバーグ)
脚本賞
・ノミネート
作品・脚本・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
銀行員のサム・ウィート(パトリック・スウェイジ)と恋人で陶芸家のモリー・ジャンセン(デミ・ムーア)は、 新居に引越して幸せな日々を送っていた。

親友で同僚でもあるカール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)とモリーと共に、サムは部屋の改修を進める。

カールと出社したサムは、日本人の顧客との面談を控えていたが、90万ドルの送金を指示される。

焦るサムは、送金をカールに頼み、秘密のアクセスコードを教える。

その夜、部屋の改修もほぼ終わったサムは、モリーとの素晴らしい生活が今後も続くだろうかという不安を感じ、失うのでわないかと彼女に話す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
銀行員のサム・ウィートと恋人モリーは、幸せな毎日を送っていたが、ある夜、観劇からの帰りに、二人は暴漢のウィリーに襲われ、サムが撃たれて死亡する。
サムの魂は地上に残るものの、誰と話すことも接触もできない孤独な生活が始まる。
心を閉ざす失意のモリーは、サムの親友で同僚のカールに励まされる。
そんな時、サムの命を奪ったウィリーがモリーを襲おうとする。
それを阻止したサムだったが、再びモリーを襲おうとするウィリーに対し何もできない自分に戸惑う。
ある日サムは、霊媒師のオダ・メイの存在を知り、詐欺師ではあるが、彼女が自分の存在に気づいたことで助けを求める。
サムは、オダ・メイにモリーへの連絡役を頼むもののうまくいかず、二人だけしか知らない話を聞かせて、ようやくモリーを信用させる。
そしてモリーは、オダ・メイからウィリーのことを知らされ、カールに協力してもらおうとするのだが・・・。
__________

ラブ・ロマンスに、ファンタジーとコメディの要素を盛り込み、世界中の人々を感動させた秀作ドラマ。

北米のみで、製作費2200万ドルの約10倍以上の約2億1800万ドルの興行収入を記録し、全世界では5億ドルを超す大ヒットとなった。

第63回アカデミー賞では、助演女優(ウーピー・ゴールドバーグ)と脚本賞を受賞した。
・ノミネート
作品・脚本・作曲賞

1965年に発表されて大ヒットした、ライチャス・ブラザーズの名曲”アンチェインド・メロディ”が見事な効果をあげている。

それをホローする、アカデミー賞にノミネートされた、モーリス・ジャールの美しい音楽も心に残る。

トム・ハンクスアル・パチーノトム・クルーズケビン・ベーコンブルース・ウィリスハリソン・フォードアレック・ボールドウィンポール・ホーガンなど、錚々たる名前が主演候補にあがり、ニコール・キッドマンマドンナはオーディションで落とされ、モリー・リングウォルドが役を得ていたが、エージェントの要請でそれを降りることになり、メグ・ライアンも降り、ティナ・ターナーが、当初オダ・メイ役だったたという、目まぐるしい配役決定までの経緯があった作品でもある。

ブルース・ウィリスは当時のデミ・ムーアの夫。

主役を勝ち取ったパトリック・スウェイジは、幸せな生活と恋人を奪われる、真面目な銀行員を熱演している。
冒頭で、日本人の顧客との面接を前に緊張する姿なども含め、ナイーブな男性を好演した彼の演技は世界中の女性の心を捉えた。

本作で、一気にスターダムにのし上がるヒロインのデミ・ムーアも、ボーイッシュで清潔感溢れる女性を好演している。

カラーパープル」(1985)などで、既に演技派として注目されていたウーピー・ゴールドバーグのコミカルな演技は出色で、その後の彼女のキャラクターを決定付ける上で、重要な作品となった。

麻薬組織との関係に手を染めて親友を裏切るトニー・ゴールドウィン、彼と手を組み主人公を殺害するリック・アビレス、地下鉄のゴースト役のヴィンセント・スキャヴェリの怪演も忘れがたい。
他、救急処置室のゴーストのフィル・リーズ、他、オダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)のアシスタントのゲール・ボッグスアメリア・マックィーン、巡査部長のスティーヴン・ルート、銀行員のブルース・ジャーチョウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021