4183 Movies

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

かつて一世を風靡した映画スターが、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を描く、製作、監督、脚本アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、主演マイケル・キートンエドワード・ノートンザック・ガリフィアナキスアンドレア・ライズボローエマ・ストーンナオミ・ワッツエイミー・ライアン他共演のブラック・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

製作
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アーノン・ミルチャン
ジョン・レッシャー
ジェームズ・W・スコッチドープル
製作総指揮:クリストファー・ウッドロウ
脚本
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ニコラス・ジャコボーン
アーマンド・ボー
アレクサンダー・ディネラリスJr.
撮影:エマニュエル・ルベツキ
編集
ダグラス・クライス
スティーヴン・ミリオン
音楽:アントニオ・サンチェズ

出演
リーガン・トムソン:マイケル・キートン
マイク・シャイナー:エドワード・ノートン
ジェイク:ザック・ガリフィアナキス
ローラ・オーバーン:アンドレア・ライズボロー
サマンサ”サム”・トムソン:エマ・ストーン
レズリー・トルーマン:ナオミ・ワッツ
シルヴィア・トムソン:エイミー・ライアン
タビサ・ディッキンソン:リンゼイ・ダンカン
アニー:メリット・ウェヴァー
ラルフ:ジェレミー・シャーモス
ロス:フランク・L・リドリー
ガブリエル:ダミアン・ヤング
クララ:ナタリー・ゴールド
ハン:キーナン・シミズ
バードマン:ベンジャミン・カネス
クレイジー・マン:ビル・キャンプ
シドニー:クラーク・ミドルトン

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2014年製作 119分
公開
北米:2014年10月17日
日本:2015年4月10日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $42,335,700
世界 $103,215,090


アカデミー賞
第87回アカデミー賞

・受賞
作品・監督・脚本・撮影賞
・ノミネート
主演男優(マイケル・キートン
助演男優(エドワード・ノートン
助演女優(エマ・ストーン
録音・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブロードウェイ、”St.ジェームズ・シアター”。
俳優のリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、20年前にスーパーヒーローの”バードマン”演じて一世を風靡したものの、シリーズ三作が終了してからは落ち目となっていた。

リーガンは、レイモンド・カーヴァーの”愛について語るときに我々の語ること”を自ら演出、脚色して主演を兼ね、舞台で再起を図ろうとあいていた。

そんなリーガンは、”バードマンの”嘲笑と批判の声が聴こえる度に、肉体浮上や念力を使うことができた。

ブロードウェイ・デビューとなる女優レズリー・トルーマン(ナオミ・ワッツ)と共にリハーサル準備をしようとしたリーガンだったが、舞台の機材が頭上から落ちて出演者のラルフ(ジェレミー・シャーモス)の頭部に直撃する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブロードウェイ、”St.ジェームズ・シアター”。
俳優のリーガン・トムソンは、20年前にスーパーヒーローの”バードマン”演じて一世を風靡したものの、その後は落ち目となっていた。
レイモンド・カーヴァーの小説”愛について語るときに我々の語ること”を自ら演出、脚色して主演を兼ねるリーガンは、薬物依存だった娘のサムを付き人にして再起を図る。
そんなリーガンは、出演者の一人が怪我をしたために代役を探す。
出演者レズリーの恋人で実力派の役者マイクと契約したリーガンは、自分のペースで芝居を進める彼に手こずりながら、プレビュー公演を迎えるのだが・・・。
__________

一度は頂点を極めた落ちぶれた映画スターの、再起を懸けた奮闘と演劇界の舞台裏を滑稽に描く、製作を兼ねるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのリアルで力強い演出が光る秀作ドラマ。

役者達の演技と劇場内の移動などを長回しで撮影する独特の手法が、演劇の舞台裏をリアルに伝える効果を上げている。
全編1カットと表記している記事があるが、殆どのシーンが長回しで撮影されているという方が正しい。

過去の栄光である”バードマン”の声と幻覚に悩まされ翻弄される、元大物映画スターの苦悩を描く物語の内容は単純明快で、傲慢で拝金主義的な映画界を痛烈に批判し、その逃げ道のように扱われる演劇の世界の実情などが興味深く描かれている。

撮影が行われたブロードウェイの”St.ジェームズ・シアター”と周辺や”タイムズスクエア”の臨場感のあるロケも注目だ。

一般観客のの評価はまずまずだったが、批評家からは絶賛され、第87回アカデミー賞では、作品、監督、脚本、撮影賞を受賞した。
・ノミネート
主演男優(マイケル・キートン
助演男優(エドワード・ノートン
助演女優(エマ・ストーン
録音・音響編集賞

北米興行収入は約4200万ドル、全世界では1億ドルを超えるヒットとなった。

再起を懸けて苦悩しながら奮闘する主人公を、人間味を感じさせる深い演技で熱演するマイケル・キートンは、キャリア最高の演技を見せた。
アカデミー主演賞で「博士と彼女のセオリー」(2014)のエディ・レッドメインに敗れるのだが、個人的な意見としては、演技、役柄共にマイケル・キートンの方が数段上だったと思う。

全て自分のペースで事を運ぼうとする実力派の役者を好演するエドワード・ノートン、主人公の友人であり、弁護士兼プロデューサーのザック・ガリフィアナキス、主人公の恋人である女優のアンドレア・ライズボロー、主人公の娘を個性的に演ずるエマ・ストーンブロードウェイ・デビューに挑む女優でマイク(エドワード・ノートン)の恋人ナオミ・ワッツ、主人公の元妻エイミー・ライアン、演劇批評家のリンゼイ・ダンカン、舞台監督のメリット・ウェヴァー、冒頭で怪我をする役者のジェレミー・シャーモス、その弁護士フランク・L・リドリー、記者ダミアン・ヤングナタリー・ゴールド、キーナン・シミズ、バードマンのベンジャミン・カネス、通りで演技をしている男ビル・キャンプ、スタッフのクラーク・ミドルトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020