4551 Movies

フルートベール駅で Fruitvale Station (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2009年1月1日にカリフォルニア州、オークランドフルートベール駅で起きた”オスカー・グラント三世射殺事件”を基に製作された作品。
ニューイヤーズ・イヴを祝った若者が電車内でトラブルを起こし、鉄道警察に暴行、銃撃された事件を描く、製作フォレスト・ウィテカー、監督、脚本ライアン・クーグラー、主演マイケル・B・ジョーダン、製作、共演オクタヴィア・スペンサーメロニー・ディアスアーナ・オライリーケヴィン・デュランドチャド・マイケル・マーレイ他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ライアン・クーグラー

製作
フォレスト・ウィテカー
ニナ・ヤン・ボンジョヴィ
製作総指揮
マイケル・Y・チョウ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
オクタヴィア・スペンサー
脚本:ライアン・クーグラー
撮影:レイチェル・モリソン
編集
クローディア・カステロ
マイケル・P・ショーヴァー
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン

出演
オスカー・グラント三世マイケル・B・ジョーダン
ワンダ・ジョンソン:オクタヴィア・スペンサー
ソフィーナ・メサ:メロニー・ディアス
ケイティ:アーナ・オライリー
カルーソ:ケヴィン・デュランド
イングラム:チャド・マイケル・マーレイ
タチアナ:アリアナ・ニール
ステファニー:キャロライン・レスリー
ダナエ:ジョナス・ケイン

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 85分
公開
北米:2013年7月12日
日本:2014年3月21日
製作費 $900,000
北米興行収入 $16,101,340
世界 $17,385,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2009年1月1日、午前2時15分、カリフォルニア州、オークランドフルートベール駅
オスカー・グラント三世射殺事件”の実際の映像が映し出される。

BART”(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)の鉄道警察隊に脅され暴行を受けたオスカー・グラント三世をカメラは捉え、その直後に銃声が聴こえる。
__________

2008年、カリフォルニア州、ヘイワード、ニューイヤーズ・イヴ、午前0時10分。
オスカー・グラント三世マイケル・B・ジョーダン)は、恋人のソフィーナ・メサ(メロニー・ディアス)から、浮気したことを責められる。

娘のタチアナ(アリアナ・ニール)を自分のベッドに寝かせたオスカーは、母ワンダ・ジョンソン(オクタヴィア・スペンサー)に誕生日を祝うメールを送る。

翌朝、タチアナを幼稚園に送ったオスカーは、ソフィーナを仕事場に送り、サンフランシスコの花火を見に行く約束をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2008年、カリフォルニア州、ヘイワード、ニューイヤーズ・イヴ。
服役歴がある青年オスカー・グラント三世は、恋人ソフィーナと娘のタチアナのために真面目に生きることを決意し、母ワンダに誕生日を祝う連絡を入れる。
しかし、食品店を解雇されたオスカーは、生活費を稼ぐためにマリファナを売ろうとする。
ソフィーナとタチアナのために、それを思い止まったオスカーは、その夜、花火を見に行くために、ワンダの指示に従い電車で向かうことにする。
仲間達と楽しんだオスカーは、帰りの電車内で、刑務所でいがみ合っていた男に絡まれて騒ぎを起こす。
フルートベール駅に駆け付けた”BART”(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)の鉄道警察の警官カルーソとイングラムに電車から引きずり出されたオスカーは、仲間達と共に抵抗するのだが・・・。
__________

2009年1月1日にカリフォルニア州、オークランドフルートベール駅で実際に起きた、ニューイヤーズ・イヴを祝った若者が電車内でトラブルを起こし、”BART”(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)の鉄道警察の警官に暴行、銃撃された”オスカー・グラント三世射殺事件”を基に製作された作品。

脚本を兼ねるライアン・クーグラーの初監督作品であり、その後、「ロッキー」シリーズ第7作「クリード」(2015)、「ブラックパンサー」でも組むマイケル・B・ジョーダンが、事件の被害者であるオスカー・グラント三世を演じている。

事件当時、USC/南カリフォルニア大学の映画芸術科の大学院生だったライアン・クーグラーが、被害者であるオスカー・グラント三世のことを知ってほしいという願いから、彼の最期の1日を描くことを発想し、フォレスト・ウィテカーの映画製作会社の出資を得て映画化されたという経緯がある。

警官の暴行殺人ということで社会問題になった衝撃的な事件であり、その生々しい事実を伝えるため、ライアン・クーグラーは、事件現場にいた者が撮影した実際の映像を使い、また、カメラアングルなどにこだわりドキュメンタリー・タッチで描かれているところなどが注目だ。

たった1日の出来事の中で、服役歴のある主人公は、恋人と娘、母への思いなどから人生を変えようとして苦しむ様子を淡々と伝え、それが叶わぬまま命を落とす、人間の生きるべき姿や家族愛などを描く深いドラマに仕上がっている。

2013サンダンス映画祭で上映され、グランプリ(審査員大賞・ドラマ部門)、観客賞(ドラマ部門)を受賞し、第66回カンヌ国際映画祭の”ある視点”部門で上映され、第1回作品賞を受賞した。

ずか7館で一般公開された本作は評判となり、2週間後には1000館以上で拡大公開され、製作費は9000万ドルにも拘らず、全世界で1700万ドルの興行成績を記録した。

主人公のオスカー・グラント三世を演ずるマイケル・B・ジョーダンは、恋人や娘、そして母親のために生き方を変えようと苦悩しながらも、22歳の若さで短い一生を終える青年を好演している。

息子を見捨てずに愛し続ける主人公の母親を深く演ずるオクタヴィア・スペンサー、主人公の恋人メロニー・ディアス、食品店で主人公に親切にされ、電車内で声をかける女性アーナ・オライリー、主人公に暴行を加える”BART”(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)の鉄道警察の警官ケヴィン・デュランドチャド・マイケル・マーレイ、主人公の娘アリアナ・ニールなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021