4512 Movies

ドラフト・デイ Draft Day (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

NFLドラフトの裏で繰り広げられる熾烈な駆け引きを描く、製作、監督アイヴァン・ライトマン、主演ケビン・コスナージェニファー・ガーナーデニス・リアリーフランク・ランジェラエレン・バースティンサム・エリオット他共演のスポーツ・ドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト
監督:アイヴァン・ライトマン
製作
アイヴァン・ライトマン
アリ・ベル
ジョー・メジャック
製作総指揮:トム・ポロック
脚本
ラジーヴ・ジョセフ
スコット・ロスマン
撮影:エリック・スティールバーグ
編集
デイナ・E・グローバーマン
シェルドン・カーン
音楽:ジョン・デブニー

出演
サニー・ウィーヴァーJr.:ケビン・コスナー
アリ・パーカー:ジェニファー・ガーナー
ヴィンス・ペン:デニス・リアリー
アンソニー・モリーナ:フランク・ランジェラ
ブライアン・ドリュー:トム・ウェリング
バーブ・ウィーヴァー:エレン・バースティン
ムーア:サム・エリオット
ヴォンテ・マック:チャドウィック・ボーズマン
アンジー:ロザンナ・アークエット
アール・ジェニングス:テリー・クルーズ
レイ・ジェニングス:アライアン・フォスター
リック:グリフィン・ニューマン
トム・マイケルズ:パトリック・セント・エスプリト
ウォルト・ゴードン:シャイ・マクブライド
ラルフ・モーリー:W・アール・ブラウン
マーヴィン:ケヴィン・ダン
クリス・クロフォード:ショーン・コムズ
ボー・キャラハン:ジョシュ・ペンス
ピート・ベグラー:ウォレス・ランガム
マックス・ストーン:クリストファー・カズンズ
トニー”ベイグル”バグリ:ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
ビル・ゾッティ:パトリック・ブリーン
ジェフ・カーソン:パット・ヒーリー
マークス:ティモシー・シモンズ
トンプソン:デヴィッド・ラムゼイ
オレイリー:ウェイド・ウィリアムズ
本人:ラス・ブランドン
本人:ロジャー・グッデル
本人:ジョン・グルーデン
本人:ジム・ブラウン
本人:バーニー・コーザー
本人:クリス・バーマン
本人:リッチ・アイゼン
本人:レイ・ルイス

アメリカ 映画
配給
サミット・エンターテインメント
ライオンズゲート
2014年製作 110分
公開
北米:2014年4月11日
日本:2015年1月30日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $28,842,240
世界 $29,462,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、”2014年NFLドラフト”まで12時間55分。
会場の”ラジオシティ・ミュージックホール”では、着々と準備が進められtりいた。

シアトル、ドラフト開始まで12時間40分。
シアトル・シーホークス”のGM/ゼネラルマネージャー、トム・マイケルズ(パトリック・セント・エスプリト)は、オーナーのウォルト・ゴードン(シャイ・マクブライド)に呼ばれる。

二人は、”ハイズマン・トロフィー”の受賞者である”ウィスコンシン大学マディソン校”のQB/クォーターバック、ボー・キャラハン(ジョシュ・ペンス)を外せないことと、指名権のトレードのことなどを話す。

指名権を優先させる考えのゴードンだったが、マイケルズから、キャラハンを外したら市民が黙っていないと言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2014年NFLドラフト”当日。
成績不振で解雇の噂もある”クリーブランド・ブラウンズ”のGM/ゼネラルマネージャー、サニー・ウィーヴァーJr.は、チームを作り直すためにこの日に懸けていた。
恋人であるチームのサラリー担当責任者アリから妊娠を知らされたサニーだったが、それどころではないと伝えても理解してもらえず、彼女は気分を害する。
各チームのGMや選手達と連絡を取り、考えを探り合うサニーは、”シアトル・シーホークス”のGMマイケルズとの取引で1位指名権を得て、誰もが欲しがる”ハイズマン・トロフィー”の受賞者である”ウィスコンシン大学”のクォーターバック、キャラハンを獲ることを考える。
ヘッドコーチのペンから反対されたサニーは、キャラハンを徹底的に調べ、ある欠点を見つけて、下位指名でも獲れる”オハイオ州立大学”のラインバッカー、ヴォンテに注目するのだが・・・。
__________

アメリカ国民にとっては一大イベントと言える”NFLドラフト”の裏舞台を、製作を兼ねたアイヴァン・ライトマンがスリリングに描く作品。

その舞台設定や華やかさで圧倒する映像感覚はスタイリッシュでもあり、アイヴァン・ライトマンの軽快な演出が見どころの作品。

ドラフトの仕組みや裏取引のようなGM間の交渉など、興味のない人々にとっては非常に分かり難い内容かもしれない。

窮地に立たされた主人公が、全てをうまくまとめてしまうクライマックスや、ご都合主義的な脚本はやや気になるが、派手さが売り物の世界を描いた作品だけに、それも許せると言ったところだろうか。

アメリカ人が最も喜びそうな内容の作品なのだが、評価も低く興行的にも成功したとは言えない。

製作費 $25,000,000
北米興行収入 $28,842,240
世界 $29,462,050

主演のケビン・コスナーは、60歳を目前にして渋さが増し、一時の低迷をようやく脱したように思える。
チームの成績不振で窮地立たされていた”クリーブランド・ブラウンズ”のGMを熱演している。

主人公の恋人である、チームのサラリー担当責任者ジェニファー・ガーナー、チームのヘッドコーチ、デニス・リアリー、オーナーのフランク・ランジェラ、クォーターバックのトム・ウェリング、主人公の母親エレン・バースティンウィスコンシン大学のヘッドコーチ、サム・エリオット、主人公が1位指名する”オハイオ州立大学”のラインバッカー、チャドウィック・ボーズマン、主人公の元妻ロザンナ・アークエット、元”クリーブランド・ブラウンズ”の選手テリー・クルーズ、その息子である”フロリダ州立大学”のランニングバック、アライアン・フォスター、”ブラウンズ”の実習生グリフィン・ニューマン、”シアトル・シーホークス”のGM、パトリック・セント・エスプリト、オーナーのシャイ・マクブライド、”ブラウンズ”のスタッフ、W・アール・ブラウンティモシー・シモンズデヴィッド・ラムゼイウェイド・ウィリアムズ、ドラフト担当のケヴィン・ダン、1位指名確実だった”ウィスコンシン大学”のクォーターバック、ジョシュ・ペンス、そのエージェント、ショーン・コムズ、”カンザスシティ・チーフス”のGMウォレス・ランガム、”バッファロー・ビルズ”のGMクリストファー・カズンズ、”ブラウンズ”のトレーナー、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ、”ヒューストン・テキサンズ”のGMパトリック・ブリーン、”ジャクソンビル・ジャガーズ”のGM、パット・ヒーリー、本人役で”バッファロー・ビルズ”のCEOラス・ブランドンNFLコミッショナーのロジャー・グッデル、アメリカンフットボールのアナリスト、ジョン・グルーデンブラウンズOBのジム・ブラウンバーニー・コーザー、スポーツキャスターのクリス・バーマン、”CBSスポーツ”のリッチ・アイゼン、元NFL選手のレイ・ルイスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021