4310 Movies

マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ある悲劇により心に傷を負いながら最愛の兄を亡くした男の苦悩を描く、製作マット・デイモン、監督、脚本ケネス・ロナーガン、主演ケイシー・アフレックミシェル・ウィリアムズカイル・チャンドラールーカス・ヘッジズグレッチェン・モル他共演のドラマ。


ドラマ

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ケネス・ロナーガン
製作
マット・デイモン
キンバリー・スチュワード
クリス・ムーア
ローレン・ベック
ケヴィン・J・ウォルシュ
製作総指揮
ジョシュ・ゴッドフリー
ジョン・クラシンスキー
デクラン・ボールドウィン
ビル・ミリオーレ
脚本:ケネス・ロナーガン
撮影:ジョディ・リー・ライプス
編集:ジェニファー・レイム
音楽:レスリー・バーバー

出演
リー・チャンドラー:ケイシー・アフレック
ランディ・チャンドラー:ミシェル・ウィリアムズ
ジョー・チャンドラー:カイル・チャンドラー
パトリック・チャンドラー:ルーカス・ヘッジズ
パトリック・チャンドラー(幼少期):ベン・オブライエン
エリーズ・チャンドラー:グレッチェン・モル
ジョージ:C・J・ウィルソン
アイスホッケー・コーチ:テイト・ドノヴァン
シルヴィー・マッギャン:カーラ・ヘイワード
サンディ:アンナ・バリシニコフ
ジル:ヘザー・バーンズ
スー:エリカ・マクダーモット
ジェフリー:マシュー・ブロデリック
ジョエル:オスカー・ウォールバーグ
エメリー:スティーヴン・ヘンダーソン
ウェス:ジョシュ・ハミルトン
通行人:ケネス・ロナーガン

アメリカ 映画
配給
ロードサイド・アトラクションズ
アマゾン・スタジオ
2016年製作 137分
公開
北米:2016年11月18日
日本:2017年5月13日
製作費 $8,500,000
北米興行収入 $47,695,370
世界 $77,540,120


アカデミー賞
第89回アカデミー賞

・受賞
主演男優(ケイシー・アフレック
脚本
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ルーカス・ヘッジズ
助演女優(ミシェル・ウィリアムズ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
マサチューセッツ州、マンチェスター・バイ・ザ・シー
リー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の船に乗り、ジョーの息子パトリック(ベン・オブライエン)と共に釣りを楽しもうとする。
__________

クインシー
アパートの管理人兼便利屋のリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、入居者と度々トラブルを起こし、上司のエメリー(スティーヴン・ヘンダーソン)から注意される。

心に傷を負うリーは、バーで女性に話しかけられても相手をする気になれず、自分を見ていた男に近づいて殴る。

他の客に制止されたリーは、アパートの地下にあるワンルームの住居に戻る。
...全てを見る(結末あり)



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
マサチューセッツ州、クインシー
ある事件により心に傷を負うリー・チャンドラーは、アパートの管理人兼便利屋をしていた。
マンチェスター・バイ・ザ・シーに住む心臓病を患う兄ジョーが倒れたことを知ったリーは、病院に向かう。
病院に到着したリーは、友人のジョージから、ジョーがなくなったことを知らされる。
悲しみを堪えながら、ジョーの息子で16歳の高校生パトリックに父の死を知らせたリーは、兄の葬儀の準備をするためにマンチェスター・バイ・ザ・シーに向かう。
かつて、病気のジョーを気遣いパトリックの世話をするためにこの地で暮らしていたリーは、妻ランディと三人の子供達と暮らしていた。
自分の不注意で火事を起こし、子供達を失ったことでランディに責められたリーは、絶望してこの町を去ったのだった。
ジョーの遺言でパトリックの後見人になったリーは、苦悩しながら今後のことを考えるのだが・・・。
__________

マット・デイモンが製作に参加し、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002)の脚本や「マーガレット」(2011)などのケネス・ロナーガンの脚本による監督作品。

ケネス・ロナーガンは、主人公と言い合いになるマンチェスター・バイ・ザ・シーの通行人役で本作に出演もしている。

心に傷を負う男の苦悩を切実に描くドラマであり、主人公に共感できるか否かで受けとめ方が違うとも言える内容で、苦悩が続くとも希望が見えるとも考えられるエンディングと共に、人間の心の奥底を描くケネス・ロナーガンの繊細な演出により深いドラマに仕上がっている。

各方面で絶賛された本作は、第89回アカデミー賞で作品賞以下6部門にノミネートされ、主演男優賞をケイシー・アフレックが、脚本賞をケネス・ロナーガンが受賞した。

・ノミネート
作品、監督、助演男優(ルーカス・ヘッジズ)、助演女優(ミシェル・ウィリアムズ

わずか4館で公開された本作は、評価が上がると共に上映館が増えて、1か月後には1200館で上映された。

製作費 $8,500,000
北米興行収入 $47,695,370
世界 $77,540,120

主演のケイシー・アフレックは、自分の不注意で起こした火事により子供達を失い心に傷を負いながら、最愛の兄の死に直面しつつ苦悩する男を完璧に演じ、念願のアカデミー主演賞を見事に受賞した。

主人公の妻役として出番は多くないのだが、終盤に夫を許そうとするシーンだけで彼女の演技力に頷いてしまうミシェル・ウィリアムズ、父を失い主人公と共に悲しみながらも、高校生らしい一面を見せるルーカス・ヘッジズの好演が光る。

心臓病で亡くなる主人公の兄カイル・チャンドラー、その息子の幼少期ベン・オブライエン、情緒不安定気味のその母親グレッチェン・モル、その婚約者マシュー・ブロデリック、主人公と兄と家族ぐるみで付き合う友人のC・J・ウィルソン、アイスホッケー・コーチのテイト・ドノヴァン、パトリック(ルーカス・ヘッジズ)のガールフレンド、カーラ・ヘイワードアンナ・バリシニコフ、その母親ヘザー・バーンズ、ボートショップの経営者エリカ・マクダーモット、主人公の上司スティーヴン・ヘンダーソン、弁護士のジョシュ・ハミルトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020