4452 Movies

オーロラの彼方へ Frequency (2000)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

30年の時を超えた父子の絆を描く、製作、監督グレゴリー・ホブリット、主演デニス・クエイドジェームズ・カヴィーゼル他共演のSFファンタジー・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:グレゴリー・ホブリット

製作
ビル・キャラロ
トビー・エメリッヒ
グレゴリー・ホブリット
ホーク・コッチ
製作総指揮
ジャニス・ロバート・チャスキン
リチャード・サバーステイン
ロバート・シェイ
脚本:トビー・エメリッヒ
撮影:アラー・キヴィロ
編集:デヴィッド・ローゼンブルーム
音楽:マイケル・ケイメン
主題歌:ガース・ブルックス “When You Come Back To Me, Again”

出演
フランシス・パトリック”フランク”サリヴァン:デニス・クエイド
ジョン・フランシス”ジョニー”サリヴァン:ジェームズ・カヴィーゼル
ジャック・シェパード:ショーン・ドイル
ジュリア”ジュールス”サリヴァン:エリザベス・ミッチェル
サッチ・デレオン刑事:アンドレ・ブラウアー
ゴードン”ゴード”ハーシュ:ノア・エメリッヒ
サマンサ・トーマス:メリッサ・エリコ
グレアム・ギブソン:ジョーダン・ブリッジス
ゴードン”ゴーディ”ハーシュJr.:マイケル・セラ
ブッチ・フォスター:ピーター・マクニール
シシー・クラーク:マリン・ヒンクル
ダリル・シンプソン:ロッコ・シスト
リンダ・ハーシュ:メリッサ・フィッツジェラルド
ジョン・フランシス”ジョニー”サリヴァン(少年期):ダニエル・ヘンソン
ゴードン”ゴード”ハーシュ(少年期):スティーブン・ジョフィ

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ
2000年製作 118分
公開
北米:2000年4月28日
日本:2000年12月9日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $44,983,700
世界 $68,106,250


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1969年、ニューヨーク
80年振りにオーロラが観測された夜、”ジョージ・ワシントン・ブリッジ”でタンクローリーが横転する。

出動した消防士のフランシス・パトリック”フランク”サリヴァン(デニス・クエイド)は事故現場に到着し、地下にいる作業員を救おうとする。

タンクローリーのガソリンが漏れているため引火する恐れがある中、フランクはマンホールから地下に向い、作業員を救出する。

爆破が起き、地下に溜まったガソリンに引火するが、フランクらはマンホールから脱出する。

10月10日、クイーンズ
夜勤を終えて帰宅したフランクは、看護師の妻ジュリア”ジュールス”(エリザベス・ミッチェル)と愛を確かめ合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1969年10月10日、ニューヨーククイーンズ
80年振りにオーロラが観測され。
消防士のフランシス・パトリック”フランク”サリヴァンは、妻ジュリアと息子ジョンとで平穏な日々を送っていた。
1999年10月10日、オーロラが観測される。
刑事になっていたジョンは、同棲していた恋人サマンサが家を出たため心が沈み、30年前に殉職したフランクのことを考える。
ある日、隣人の親友ゴードンの息子が、フランクの使っていた古いアマチュア無線機を見つける。
その後、無線機からの呼びかけに答えたジョンは、相手が同じクイーンズに住んでいながら、地元メッツが奇跡の優勝を果たしたオリオールズとの戦い、1969年のワールド・シリーズの第一戦の結果を知らないことに驚く。
そしてジョンは、無線で話している相手が、30年前に亡くなったはずの父フランクであることに気づくのだが・・・。
__________

30年間の時間の隔たりを交互に見せる物語として進行し、主人公が未来の息子の助言により行動して歴史が変わっていくため、注意深く観ていないと混乱してしまうのだが、それ故に目が離せない展開であり、ドラマに引き込まれる。

様々なヒントが後に関連していくのだが、それまでもが歴史の修正で展開が変化していくという綿密に練られた脚本を、監督のグレゴリー・ホブリットはうまくまとめている。

1962年の創設以来、低迷していたクイーンズの地元チーム”ニューヨーク・メッツ”が”ミラクル・メッツ”と言われ、奇跡の優勝を果たす1969年のワールド・シリーズがキーポイントとなっているという、その時代背景が抜群の効果としてドラマを盛り上げる。

また、本作撮影時に最高株価に達しようとしていた”Yahoo!”の話題なども登場し、現在は株価も1/10以下に下落し、経営難に陥り見る影もない”Yahoo! USA”のことを思うと時代を感じる。

1969年の物語から見るとSFタッチであり、オーロラがきっかけ?による30年の時を超えた無線機での父子の交信はファンタジック且つハートフルで、また、終盤は連続殺人の解決に至るサスペンスである内容ということで、見せ場の多い作品だ。

無線機の交信のみで交流しながら、クライマックスで対面し、親子、家族の絆を深める、誰もが共感する素晴らしい父子関係を演ずるデニス・クエイドジェームズ・カヴィーゼル、連続殺人犯だった刑事のショーン・ドイル、主人公の妻エリザベス・ミッチェル、主人公の隣人で親友の刑事アンドレ・ブラウアー、隣人ノア・エメリッヒ、その妻メリッサ・フィッツジェラルド、その息子マイケル・セラ、ジョン(ジェームズ・カヴィーゼル)の恋人メリッサ・エリコ、消防士ジョーダン・ブリッジスピーター・マクニール、連続殺人の犠牲者マリン・ヒンクル、犯人として疑われるロッコ・シストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021