4383 Movies

ゲーム The Game (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

あるゲームに参加した大富豪の異常な体験を描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演マイケル・ダグラスショーン・ペンデボラ・カーラ・アンガージェームズ・レブホーン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・フィンチャー

製作
スティーヴ・ゴリン
セアン・チャフィン
製作総指揮:ジョナサン・モストウ
脚本
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
撮影:ハリス・サヴィデス
編集:ジェームズ・ヘイグッド
音楽:ハワード・ショア

出演
ニコラス・ヴァン・オートン:マイケル・ダグラス
コンラッド・ヴァン・オートン:ショーン・ペン
クリスティーン/クレア:デボラ・カーラ・アンガー
ジム・ファインゴールド/ライオネル・フィッシャー:ジェームズ・レブホーン
サム・サザーランド:ピーター・ドゥナット
イルサ:キャロル・ベイカー
アンソン・ベア:アーミン・ミューラー=スタール
エリザベス:アンナ・カタリーナ
タクシー・ドライバー:トミー・フラナガン
マリア:エリザベス・デネヒー
ニコラスの父:チャールズ・マーティネー
ニコラスの母:フロランティーヌ・モカヌ
ニコラス・ヴァン・オートン(少年期):スコット・ハンター・マクガイア
ホテルのマネージャー:ユウジ・オクモト

アメリカ 映画
配給 PolyGram Filmed Entertainment
1997年製作 128分
公開
北米:1997年9月12日
日本:1998年2月7日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $48,323,650
世界 $109,423,648


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
大富豪の御曹司として莫大な遺産を相続したニコラス・ヴァン・オートン(マイケル・ダグラス)は、投資家として成功しているものの、孤独な日々を送っていた。

投資銀行がある自分が保有するビルに向かったニコラスは、薬物依存などで問題を繰り返す弟のコンラッド(ショーン・ペン)とランチを共にする。

48歳の誕生日を迎えたニコラスは、人生が楽しくなるという、”CRS”という会社の招待状をコンラッドから渡され、電話するようにと言われる。

気乗りしないまま、必ず電話するとコンラッドに伝えたニコラスは屋敷に戻り、メイドのイルサ(キャロル・ベイカー)に声をかける。

一人で食事をしてくつろいでいたニコラスは、別れた妻エリザベス(アンナ・カタリーナ)からの電話を受け、誕生日を祝福される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
大富豪の御曹司として莫大な遺産を相続したニコラス・ヴァン・オートンは投資家として成功していたが、孤独な日々を送っていた。
ニコラスは、ドラッグの問題などを繰り返す弟のコンラッドから、48歳の誕生日プレゼントとして”CRS”という会社の招待状を受け取る。
その後ニコラスは、招待状がゲームだというCRSのテストを半信半疑で受けるものの、結果は不合格となる。
しかしニコラスは、ゲームへの参加を知らされて監視され、度重なるトラブルに巻き込まれ身の危険を感じながら対処していく・・・。
__________

序盤で、主人公は、”人生を変えたなり楽しくなる”ことだと弟に言われて招待状を渡される。
その時点が紛れもない現実であるため、ゲーム開始後に起きる出来事は全て作りものであることになる。

それを理解して観ていると、事件は”やらせ”ということになるため、主人公が体験する危険も冷静な目で見てしまう。

そこまで追及しなければ、デヴィッド・フィンチャーの軽快且つ緊迫感溢れる演出はまずまず楽しめる。

批評家の評価は低かったものの、様々な仕掛けで観客を混乱させる内容は受けて、北米興行収入は約4800万ドルに留まるものの、全世界では1億ドルを突破するヒットとなった。

全てを手にしているように思える大富豪だが、孤独であり、人間としての幸せを忘れかけていた主人公を熱演するマイケル・ダグラス、トラブルメイカーであったその弟のショーン・ペン、ドラマのキーパーソンでもある役者を演ずるデボラ・カーラ・アンガー、同じくジェームズ・レブホーン、主人公の顧問弁護士ピーター・ドゥナット、主人公の屋敷のメイド、キャロル・ベイカー、主人公が大株主である出版社社長アーミン・ミューラー=スタール、主人公の元妻アンナ・カタリーナ、役者(タクシー・ドライバー)のトミー・フラナガン、主人公の秘書チャールズ・マーティネーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021