That's Movie Talk!     4098 Movies

FRANK -フランク- Frank (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

常にかぶり物姿の風変わりなバンドリーダーらとミュージシャン志望の青年の奇妙な関係を描く、監督レニー・アブラハムソン、主演マイケル・ファスベンダードーナル・グリーソンマギー・ジレンホールスコット・マクネイリーカーラ・アザールフランソワ・シヴィル他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

マイケル・ファスベンダー / Michael Fassbender / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:レニー・アブラハムソン

製作
エド・ギニー
デヴィッド・バロン
スティーヴィー・リー
製作総指揮
テッサ・ロス
キャサリン・バトラー
アンドリュー・ロウ
原作:ジョン・ロンソン
脚本
ジョン・ロンソン
ピーター・ストローハン
撮影:ジェームズ・マザー
編集:ネイサン・ヌーゲント
音楽:スティーヴン・レニックス

出演
フランク:マイケル・ファスベンダー
ジョン・バロウズ:ドーナル・グリーソン
クララ・ワグナー:マギー・ジレンホール
ドン:スコット・マクネイリー
ナナ:カーラ・アザール
バラク:フランソワ・シヴィル
フランクの母親:テス・ハーパー

イギリス/アイルランド 映画
配給
マグノリア・ピクチャーズ(北米)
Element Pictures(アイルランド)
2014年製作 95分
公開
イギリス/アイルランド:2014年5月9日
北米:年月日
日本:2014年10月4日
製作費 $1,000,000
北米興行収入 $645,190
世界 $1,897,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランド
ミュージシャンを目指すジョン・バロウズ(ドーナル・グリーソン)は、会社勤めをしながら夢を追っていた。

ある日ジョンは、入水自殺しようとしたバンド”ソロンフォルブス”のキーボード担当のルーカスが警官に助けられる現場を目撃し、バンドのマネージャー兼、音響担当のドン(スコット・マクネイリー)から事情を聞く。

ドンから、ルーカスの代役でキーボードを任せたいと言われたジョンは、リハーサルに誘われる。

その夜、ステージに向かったジョンは、テルミンのクララ・ワグナー(マギー・ジレンホール)、ドラムのクララ(マギー・ジレンホール)、ギターのバラク(フランソワ・シヴィル)、そして、奇妙な張り子のかぶり物で現れた、リーダーのボーカル、フランク(マイケル・ファスベンダー)と共に演奏を始める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イングランド
ミュージシャンを目指す青年ジョン・バロウズは、ひょんなことからバンド”ソロンフォルブス”のキーボードを任されることになる。
常に奇妙なかぶり物姿のリーダー、フランクの姿を見て驚くジョンは、彼に気に入られてアイルランドにも同行する。
メンバーと共に森の中の家でアルバムづくりを始めたジョンは、才能豊かで魅力的なフランクに興味を持ち始めるのだが・・・。
__________

ウェールズ人ジャーナリストのジョン・ロンソンが、雑誌に投稿した記事を基に製作された作品。

常にかぶり物姿の風変わりなバンドリーダーらとミュージシャン志望の青年の奇妙な関係を描くコメディ・ドラマ。

1970~1980年代に活躍したイギリスのミュージシャンであるコメディアン、クリス・シーヴィの持ちネタ”フランク・サイドボトム”をモデルにした作品であり、主人公フランクのかぶり物はほぼ同等のデザインとなっている。
原作、脚本のジョン・ロンソンは、フランク・サイドボトム・バンドのキーボードを担当していた。

風変わりなかぶり物姿の主人公は一見、不気味に見えるが、とぼけた雰囲気で人を惹きつける魅力を感じさせるキャラクターであり、ブラックユーモア満載の内容の中で、心温まる物語に仕上がっている。

表情が見えない主人公の心の中を様々な考えで観客に探らせようとする、レニー・アブラハムソンの粋な演出も見逃せない。

終盤まで素顔を見せない愛すべきキャラクターのフランクを熱演するマイケル・ファスベンダー、彼との交流で成長するミュージシャン志望の青年ドーナル・グリーソン、常に攻撃的なバンドメンバーでテルミン奏者のマギー・ジレンホール、心の病を抱えるバンドのマネージャーであり音響担当のスコット・マクネイリー、ドラマーのカーラ・アザール、ギタリストのフランソワ・シヴィル、フランクのは母親テス・ハーパーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up