That's Movie Talk!     4098 Movies

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷 Winchester (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

呪われた屋敷”ウィンチェスター・ハウス”で起きる怪奇現象を描く、監督、脚本ザ・スピエリッグ・ブラザーズ、主演ヘレン・ミレンジェイソン・クラークサラ・スヌーク他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ザ・スピエリッグ・ブラザーズ
製作
ティム・マクガハン
ブレット・トムバーリン
製作総指揮
ベネディクト・カーヴァー
ダニエル・ダイアモンド
トビン・アームブラスト
マイケル・バートン
脚本
トム・ヴォーン
ザ・スピエリッグ・ブラザーズ
撮影:ベン・ノット
編集:マット・ヴィラ
音楽:ピーター・スピエリッグ

出演
サラ・ウィンチェスターヘレン・ミレン
エリック・プライス:ジェイソン・クラーク
マリアン・マリオット:サラ・スヌーク
ヘンリー・マリオット:フィン・シクルーナ=オプレイ
ジョン・ハンセン:アンガス・サンプソン
ルビー・プライス:ローラ・ブレント
アーサー・ゲイツ:タイラー・コッパン
ベン・ブロック:エイモン・ファーレン
オーガスティン:ブルース・スペンス

アメリカ/オーストラリア 映画
配給
ライオンズゲート
CBS Films
2018年製作 99分
公開
北米:2018年2月2日
日本:2018年6月29日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $25,091,820
世界 $44,019,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1906年、カリフォルニア州、サンノゼウィンチェスター・ハウス
ウィンチェスター・リピーティングアームズ”の創設者オリバー・フィッシャー・ウィンチェスターの息子ウィリアムの妻サラ・ウィンチェスターヘレン・ミレン)は、夫と一人娘のアニーを亡くした。

未亡人となったサラは莫大な財産を相続し、銃で死んだ亡霊から逃れようとする妄想にとり憑かれ、屋敷の増改築を休みなく行っていた。

サラの姪マリアン・マリオット(サラ・スヌーク)も夫を亡くし、息子ヘンリー(フィン・シクルーナ=オプレイ)と共に屋敷で暮らしていた。

ある日の夜、何者かの声を聞いたヘンリーはベッドから起き上がる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1906年、カリフォルニア州、サンノゼウィンチェスター・ハウス
銃の製造会社”ウィンチェスター・リピーティングアームズ”の創業一族のサラ・ウィンチェスターは、夫と娘を亡くしていた。
莫大な財産を相続したサラは、銃で死んだ亡霊から逃れようとする妄想にとり憑かれ、屋敷の増改築を休みなく行っていた。
重役会は、そんなサラの精神鑑定を精神科医エリック・プライスに依頼する。
屋敷に向かったエリックは、何かにとり憑かれたような行動をする、サラの姪マリアンの息子ヘンリーの様子を見ながら内部を探るのだが・・・。
__________

ウィンチェスター銃”により死亡した霊に呪われていると言われる、あまりにも有名な”ウィンチェスター・ミステリー・ハウス”を舞台に、その場で起きる怪奇現象を描くホラー。

オーストラリア人である、双子のザ・スピエリッグ・ブラザーズが脚本を兼ねて監督した作品で、ピーター・スピエリッグは音楽も担当した。

350万ドルの製作費にしては、ウィンチェスター・ハウスの再現映像などなかなかよくできた作品であり、北米興行収入約2500万ドル、全世界では約4400万ドルという結果はまずまず健闘したと言える。

有名な呪われた屋敷を舞台にした物語で、ヘレン・ミレンジェイソン・クラークなど実力派スター共演も魅力の作品ではあるが、内容は単調で新鮮味もなく、批評家からも酷評されてしまった。

主演のヘレン・ミレンは、ウィンチェスター銃により死亡した亡霊から逃れようとする妄想にとり憑かれサラ・ウィンチェスターを、彼女らしい深い演技で熱演しているものの、ラジー賞にノミネートされてしまった。

主人公の精神鑑定を依頼される医師であり、ウィンチェスター社とは因縁があったジェイソン・クラーク、屋敷で暮らす主人公の姪サラ・スヌーク、その息子で霊にとり憑かれるフィン・シクルーナ=オプレイ、屋敷の増改築を依頼される業者アンガス・サンプソン、エリック(ジェイソン・クラーク)の亡くなった妻ローラ・ブレントウィンチェスター社の法務責任者タイラー・コッパン、屋敷の使用人に扮していた亡霊のエイモン・ファーレン、屋敷の執事ブルース・スペンスなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up