4216 Movies

フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

結婚や運命の人を待つことに戸惑いを感じる男性が、紆余曲折の末に真実の愛を手に入れるまでを描く、監督マイク・ニューウェル、脚本リチャード・カーティス、主演ヒュー・グラントアンディ・マクダウェルクリスティン・スコット・トーマス他共演のロマンチック・コメディの秀作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・ニューウェル
製作:ダンカン・ケンウォーシー
製作総指揮
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
脚本:リチャード・カーティス
撮影:マイケル・コルター
編集:ジョン・グレゴリー
音楽:リチャード・ロドニー・ベネット
主題歌:ウェット・ウェット・ウェット

出演
チャールズ:ヒュー・グラント

キャリー:アンディ・マクダウェル
トム:ジェームズ・フリート
フィオナ:クリスティン・スコット・トーマス
ガレス:サイモン・キャロウ
マシュー:ジョン・ハナー
スカーレット:シャーロット・コールマン

デヴィッド:デヴィッド・バウアー
ヘイミッシュ・バンクス:コリン・レッドグレイヴ
ヘンリエッタ:アンナ・チャンセラー
ジェラルド司祭:ローワン・アトキンソン

イギリス 映画
配給
Gramercy Pictures

Rank Film Distributors
1994年製作 117分
公開
イギリス:1994年5月13日
北米:1994年3月9日
日本:1994年10月8日
製作費 $4,400,000
北米興行収入 $52,700,830
世界 $245,700,830


アカデミー賞 ■
第67回アカデミー賞
・ノミネート
作品・脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
チャールズ(ヒュー・グラント)は、同居人であるスカーレット(シャーロット・コールマン)と共に親友の結婚式に向かうものの、付添人であるにも拘らず遅れてしまう。

指輪も忘れてしまったチャールズは、なんとかその場を切り抜けて式は無事に終わる。

チャールズは、会場にいたアメリカ人のキャリー(アンディ・マクダウェル)が気になり、彼女のことについて友人フィオナ(クリスティン・スコット・トーマス)に尋ねる。

フィオナは、ファッション誌の元編集者であるキャリーが、金持ちしか相手にしないとチャールズに忠告する。

キャリーに話しかけるものの、まともに話もできなかったチャールズは会食の席でスピーチする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
30歳も過ぎたチャールズは、容姿も性格も悪くはないのだが、自分の気持ちを相手に率直に伝えることができず、結婚にも戸惑いを感じる日々を送っていた。
そんなチャールズは、友人の結婚式で魅力的なアメリカ人女性キャリーに出会う。
一目でキャリーに惹かれてしまったチャールズは相変わらず思いを伝えられないものの、彼女と一夜を共にする。
翌日、帰国することになったキャリーと別れたチャールズだったが、次の結婚式で彼女と再会する。
喜ぶチャールズだったが、キャリーから婚約者のヘイミッシュを紹介されて落胆する。
その後チャールズは、キャリーからの結婚式の招待状受け取り心が沈む・・・。
__________

リチャード・カーティスが、数十回の結婚式への出席経験を基にした脚本の面白さは特筆すべきで、周囲をシラケさせる直前で和ませるようなイギリス人気質丸出しのどぎついジョークなど、ファンにはたまらなく楽しい作品。

マイク・ニューウェルの無駄のない軽快な演出、持ち味を活かした各個性が光る登場人物、また、様々なイギリス式の結婚式が実に興味深い快心作に仕上がっている。

第67回アカデミー賞では、作品、脚本賞にノミネートされた。

製作費440万ドルの作品は、北米興行収入が約5300万ドル、全世界ではなんと2億4600万ドルの大ヒットとなった。

見かけや性格は悪くないのだ、がじれったくなるキャラクターを彼らしい演技で好演するヒュー・グラントは、これ以後ハリウッドでも大活躍することになる。

主人公の心を射止めるアメリカ人女性アンディ・マクダウェル、主人公の友人ジェームズ・フリート、その妹クリスティン・スコット・トーマス、同じく友人サイモン・キャロウとパートナーのジョン・ハナー、主人公の同居人シャーロット・コールマン、主人公の弟役のデヴィッド・バウアー、ヒロインと結婚するコリン・レッドグレイヴ、主人公の元恋人役アンナ・チャンセラー、司祭役でローワン・アトキンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020