4551 Movies

イントルーダー Flight of the Intruder (1991)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベトナム戦争を舞台に、仲間を失い苦悩する部下を見守る指揮官と命を懸けるパイロットの戦いを描く、監督ジョン・ミリアス、主演ダニー・グローヴァーウィレム・デフォーブラッド・ジョンソントム・サイズモアロザンナ・アークエットヴィング・レイムス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ミリアス

製作:メイス・ニューフェルド
製作総指揮:ブライアン・E・フランキッシュ
原作:スティーブン・クーンツ”Flight of the Intruder
脚本
ロバート・ディロン
デイヴィッド・シェイバー
撮影:フレッド・コーネカンプ
編集
スティーヴ・ミルコヴィッチ
キャロル・ティモシー・オメーラ
ペック・プリオー
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
フランク”ドゥーク”カンパレリ中佐:ダニー・グローヴァー
バージル”タイガー”コール少佐:ウィレム・デフォー
ジェイク”クール・ハンド”グラフトン大尉:ブラッド・ジョンソン
ボックスマン:トム・サイズモア
キャリー・トロイ:ロザンナ・アークエット
フランク・マクレー:ヴィング・レイムス
ジャック”レイザー”バーロウ中尉:ジャレッド・チャンドラー
”カウボーイ”パーカー少佐:J・ケネス・キャンベル
”マッド・ジャック”/ドク:ダン・フロレク
”ビッグ・オーギー”:ジョン・コーベット
モーガン”モーグ”マクファーソン大尉:クリストファー・リッチ
軍法会議の大佐:フレッド・トンプソン
サミー・ランディーン大尉:ジャスティン・ウィリアムズ
編隊士官:デヴィッド・シュワイマー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1991年製作 115分
公開
北米:1991年1月18日
日本:1991年4月26日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $14,587,730


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1972年9月10日、ベトナム戦争下のトンキン湾
アメリカ海軍の空母”インディペンデンス”の艦上攻撃機”A-6/イントルーダー”は出撃する。

攻撃を受けたパイロットのジェイク”クール・ハンド”グラフトン大尉(ブラッド・ジョンソン)は、モーガン”モーグ”マクファーソン大尉(クリストファー・リッチ)が撃たれたため、帰艦しようとする。

それを知ったフランク”ドゥーク”カンパレリ中佐(ダニー・グローヴァー)は、部下である二人の帰艦を見守る。

着艦には成功するもののモーグは死亡し、ショックを受けたジェイクは、休暇を取るように指示される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1986年に発表された、スティーブン・クーンツの小説”Flight of the Intruder”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1972年、ベトナム戦争下。
アメリカ海軍の空母”インディペンデンス”の艦上攻撃機”A-6/イントルーダー”のパイロットのジェイクは、出撃で爆撃手のモーグが戦死したことでショックを受ける。
気持ちを整理するようにと指揮官のフランク”ドゥーク”カンパレリ中佐から言えわれたジェイクは、モーグの妻に会いに行く。
妻は不在だと手伝いに来ていたキャリーから言われたジェイクは、彼女の夫もパイロットで戦死したことを知る。
キャリーを気遣うジェイクは、彼女と愛し合うようになる。
着任したコール少佐と同じ機に乗ることになったジェイクは、北爆を体験した彼に、無意味な攻撃は止めて、敵の拠点であるハノイへの爆撃を提案するのだが・・・。
__________

同僚を失い苦悩する部下を見守る上官、仲間達の友情、激しい空中戦、人そして兵士としての勇気や尊厳などの描写も含め、ジョン・ミリアスらしいダイナミックな演出が見所の作品。

何と言っても注目は、アメリカ海軍全面協力による舞台設定の素晴らしさで、空母”インディペンデンス”や艦上攻撃機”A-6/イントルーダー”、”EA-6B”などを使用した本物の迫力映像は圧巻だ。

ベテランの域に入った人間味のある指揮官を演ずるダニー・グローヴァー、若いパイロットの心の支えとなる上官を好演する、実力派のウィレム・デフォーらに加え、その後、活躍する若手スター多数出演はファンには嬉しい。

仲間の死を乗り越えてパイロットとして成長していくブラッド・ジョンソン、彼と愛し合う女性役で、登場場面が少ないことが残念なロザンナ・アークエット、ジェイク(ブラッド・ジョンソン)の同僚トム・サイズモアヴィング・レイムス、ジャレッド・チャンドラー、J・ケネス・キャンベルジョン・コーベットクリストファー・リッチ、ジャスティン・ウィリアムズ、少佐のJ・ケネス・キャンベル、軍法会議を担当する大佐のフレッド・トンプソン、編隊士官のデヴィッド・シュワイマーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021