4551 Movies

リリーのすべて The Danish Girl (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベの人世を基に2000年に発表された、デヴィッド・エバーショフの小説”The Danish Girl”を原作とした作品。
製作、監督トム・フーパー、主演エディ・レッドメインアリシア・ヴィキャンデルマティアス・スーナールツベン・ウィショーアンバー・ハードセバスチャン・コッホ他共演の伝記ドラマ。


ドラマ

エディ・レッドメイン / Eddie Redmayne / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:トム・フーパー

製作:
ゲイル・マトラックス
アン・ハリソン
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
トム・フーパー
製作総指揮
リンダ・レイズマン
ウルフ・イスラエル
キャシー・モーガン
ライザ・チェイシン
原作:デヴィッド・エバーショフThe Danish Girl
脚本:ルシンダ・コクソン
撮影:ダニー・コーエン
衣装デザイン:パコ・デルガド
美術・装置
イヴ・スチュワート
マイケル・スタンディッシュ
編集:メラニー・アン・オリヴァー
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
アイナー・ヴィーグナー / リリー・エルベエディ・レッドメイン
ゲルダ・ヴィーグナーアリシア・ヴィキャンデル
ハンス・アクスギル:マティアス・スーナールツ
ヘンリク・サンダール:ベン・ウィショー
ウラ・ポールソン:アンバー・ハード
クルト・ヴァルネクロス医師:セバスチャン・コッホ
ブッソン医師:ニコラス・ウッドソン
エルサ:エメラルド・フェネル
ラスムッセン:エイドリアン・シラー

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
フォーカス・フィーチャーズ(北米)
2015年製作 119分
公開
イギリス:2016年1月1日
北米:2015年11月27日
日本:2016年3月18日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $11,114,020
世界 $64,191,520


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・受賞
助演女優賞(アリシア・ヴィキャンデル
・ノミネート
主演男優(エディ・レッドメイン
衣装デザイン・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1926年、デンマークコペンハーゲン
風景画家アイナー・ヴィーグナーエディ・レッドメイン)と肖像画家の妻ゲルダアリシア・ヴィキャンデル)は、幸せな日々を送っていた。

ゲルダが絵を描くために外出したアイナーは、友人のダンサー、ウラ・ポールソン(アンバー・ハード)の元に向い、子供ができないことで冷やかされる。

家に戻ったアイナーを残し、画商ラスムッセン(エイドリアン・シラー)を訪ねたゲルダは、才能は評価されるものの、個展を開いても作品が売れるとは思えないと言われる。

帰宅したゲルダは、不機嫌のまま生理がきたことをアイナーに伝え、残念だと彼から言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1926年、デンマークコペンハーゲン
風景画家のアイナー・ヴィーグナーは、肖像画家の妻ゲルダから、女性ダンサーの
代役でモデルを頼まれる。
その瞬間アイナーは、自分の中の女性を感じてしまい、それ以来、その存在”リリー”になりたいことだけを考えるようになる。
それを知ったゲルダは、戸惑いながらもリリーの存在を認め、彼女を描き画家としての名声を得る。
成功とは裏腹に夫婦としての生活が不可能となったゲルダは悩む。
その後、リリーになることを決心したアイナーは、婦人科のヴァルネクロス医師に出会い、性別適合手術を受ける決心をするのだが・・・。
__________

1930年代初頭に、世界初となる性別適合手術を受けたリリー・エルベ/アイナー・ヴィーグナーと、彼を支えた妻ゲルダ・ヴィーグナーの愛と苦悩を描くドラマ。

現在では社会的にも認められる場合が多い、性同一性障害及びトランスジェンダー運動などに多大なる影響を与えた存在のリリー・エルベの、性別適合手術を受けるまでのエピソードと死を、主人公夫婦の関係を中心に描き、衣装やセットなどで当時を見事に再現し、美しい映像や人物描写が印象的な作品には仕上がっている。

主人公のアイナー・ヴィーグナー / リリー・エルベを演ずるエディ・レッドメインと妻ゲルダ役のアリシア・ヴィキャンデルの見事な演技が見所の作品なのだが、トム・フーパーの演出に奥深さが感じられず、やや平凡な感じがする。

この手の問題には理解があるはずのアメリカでも好評価とは言えず、北米興行収入も約1100万ドルに終わった。*世界 $64,191,520

第88回アカデミー賞では、助演女優賞(アリシア・ヴィキャンデル)を受賞し、主演男優(エディ・レッドメイン)、衣装デザイン、美術賞にノミネートされた。

元々、美男子とは言えないエディ・レッドメインが、”リリー”となった瞬間の美しさに見とれたと言いたいところなのだが・・・。
女性を演ずる彼の演技は見事でり、完璧な女性に思えない違和感を漂わせる雰囲気も素晴らしい。

”夫”を失いながらも、女性になったリリーを支える妻ゲルダ・ヴィーグナーを好演するアリシア・ヴィキャンデル、二人を見守る主人公アイナーの幼馴染である画商マティアス・スーナールツアイナーと親交を深める同性愛者ベン・ウィショー、主人公夫婦の友人であるダンサーのアンバー・ハード性別適合手術をするクルト・ヴァルネクロス医師のセバスチャン・コッホ、医師ニコラス・ウッドソン、主人公夫婦の知人エメラルド・フェネル、画商のエイドリアン・シラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021