4311 Movies

THE 4TH KIND フォース・カインド The Fourth Kind (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

地球外知的生命体に接触して拉致される事件を研究する心理学者の体験を描く、監督、脚本オラントゥンデ・オスサンミ(出演も)、主演ミラ・ジョヴォヴィッチウィル・パットンイライアス・コティーズ他共演のSFホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:オラントゥンデ・オスサンミ

製作
ポール・ブルックス
ジョー・カーナハン
テリー・リー・ロビンス
製作総指揮
スコット・ニーマイヤー
ノーム・ウェイト
イオアナ・A・ミラー
脚本:オラントゥンデ・オスサンミ
撮影:ロレンツォ・セナトーレ
編集:ポール・J・カヴィントン
音楽:アトリ・オーヴァーソン

出演
アビゲイル”アビー”タイラー博士:ミラ・ジョヴォヴィッチ
アビゲイル・タイラー博士(本人役):シャーロット・ミルチャード
オーガスト・トンプソン保安官:ウィル・パットン
エイブル・キャンポス博士:イライアス・コティーズ
アウォロワ・オドュサミ博士:ハキーム・ケイ=カジーム
トミー・フィッシャー:コーリイ・ジョンソン
スコット・ストラシンスキー:エンゾ・シレンティ
アシュリー・タイラー:ミア・マッケンナ=ブルース
ロニー・タイラー:ラファエル・コールマン
ウィル・タイラー:ジュリアン・ヴェルゴフ
テリーザ:ダフネ・アレクサンダー
ジェシカ:サラ・ホートン
シンディ・ストラシンスキー:アリーシャ・シートン
サラ・フィッシャー:タイン・ラファエリ
ライアン保安官補:エリック・ローレン
本人:オラトゥンデ・オスンサンミ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2009年製作 98分
公開
北米:2009年11月6日
日本:2009年12月18日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $25,360,260
世界 $47,709,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
主人公の心理学者アビゲイル”アビー”タイラー博士を演ずるミラ・ジョヴォヴィッチが、2000年にアラスカノームで起きた事件を再現した映画だということを説明する。

タイラー博士が撮影した、65時間以上の実際のビデオと音声も使用し、プライベート保護の関係で一部の関係者や氏名は変更し、再現シーンは実際の収録物の他、博士へのインタビューで捕捉したとも語る。
__________

2002年9月3日、カリフォルニア州、チャップマン大学
インタビューを受けるアビゲイル・タイラー博士/本人役(シャーロット・ミルチャード)は、映画監督のオラトゥンデ・オスンサンミに話し始める。

夫のウィルに起きた事件のことで、タイラーは〇〇〇博士に会ったことを語る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2000年10月、アラスカノーム
不眠症により異常体験をする人々が続出し、それを夫ウィルと研究していた心理学者のアビゲイル・タイラー博士は、2か月前に夫を亡くしていた。
何者かに夫が殺されたと考えるタイラーは、その相手のことを思い出せず、自分自身も苦しみながら、人々を催眠治療で診察していた。
知人の心理学者キャンポスは、タイラーのことを気にして彼女の元へ向かう。
そんな時、フクロウや何者かが現れたと言う不眠症のトミーが、家族を射殺して自らも命を絶つという事件が起きる。
その後、同じ症状のスコットも体が麻痺する事態となり、保安官のトンプソンは、タイラーの睡眠治療に疑問を感じる。
そんな中、自分にも異変が起きたタイラーは研究を続け、キャンポスや古代言語の専門家オドゥサミ博士に協力を求めるのだが・・・。
__________

アラスカで実際に起きた怪事件を基に製作された作品ということが冒頭で紹介され、実際に撮影された映像や音声が使われることが語られる。

主人公の心理学者を演ずるのがミラ・ジョヴォヴィッチであり、本人役を演ずるシャーロット・ミルチャードが、本作の監督と脚本を兼ねるオラントゥンデ・オスサンミにインタビューを受けるという構成で展開する、ドキュメンタリー・タッチのモキュメンタリー作品。

結局は、実際に起きた事件の映画化と思わせるユニバーサル・ピクチャーズの仕掛けた宣伝であり、作品の内容と同じ事件が、舞台となるアラスカノームで起きたという事実は確認されていない。

それを知った上で鑑賞してもなかなか凝った内容で、疑わしき現象や映像を含めて、うまく仕上げてあることには感心する。

地球外の知的生命体による”拉致”が、第四種接近遭遇であるという設定、SF、ホラー、オカルト的要素も含めて興味深い。

家族に関わる問題に苦悩しながら怪現象の研究を進める心理学者ミラ・ジョヴォヴィッチ、インタビューを受けるその本人役シャーロット・ミルチャード、主人公の言動に疑問を感じる保安官のウィル・パットン、主人公に協力する心理学者のイライアス・コティーズ、同じく古代言語の専門家ハキーム・ケイ=カジーム、不眠症と怪現象に苦しむ住民コーリイ・ジョンソンエンゾ・シレンティとその妻アリーシャ・シートン、主人公の娘ミア・マッケンナ=ブルース、息子のラファエル・コールマン、主人公の夫ジュリアン・ヴェルゴフ、主人公の助手ダフネ・アレクサンダー、保安官補のエリック・ローレン、そして、本作の監督と脚本を担当するオラトゥンデ・オスンサンミが、主人公にインタビューする本人役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020