4296 Movies

ファースト・マン First Man (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人類で初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングの人間性を描く、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、製作、監督デイミアン・チャゼル、主演ライアン・ゴズリングクレア・フォイジェイソン・クラークカイル・チャンドラーコリー・ストールキーラン・ハインズ他共演のドラマ。


ドラマ

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:デイミアン・チャゼル
製作
ウィク・ゴッドフリー
マーティ・ボーウェン
アイザック・クラウスナー
デイミアン・チャゼル
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ
アダム・メリムズ
ジョシュ・シンガー
原作:ジェームズ・R・ハンセン
First Man: The Life of Neil A. Armstrong
脚本:ジョシュ・シンガー
撮影:リヌス・サンドグレン
プロダクションデザイン
ネイサン・クロウリー
キャシー・ルーカス
編集:トム・クロス
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

出演
ニール・アームストロングライアン・ゴズリング
ジャネット・アームストロング:クレア・フォイ
エド・ホワイトジェイソン・クラーク
ディーク・スレイトンカイル・チャンドラー
バズ・オルドリンコリー・ストール
エリオット・シーパトリック・フュジット
デイヴ・スコットクリストファー・アボット
ボブ・ギルルースキーラン・ハインズ
パトリシア・ホワイト:オリヴィア・ハミルトン
ジェームズ・ラヴェルパブロ・シュレイバー
ガス・グリソムシェー・ウィガム
マイケル・コリンズルーカス・ハース
ピート・コンラッドイーサン・エンブリー
ジョー・ウォーカーブライアン・ダーシー・ジェームズ
ロジャー・チャフィーコーリー・マイケル・スミス
クリストファー・C・クラフトJr.J. D.エバーモア
ギュンター・ウェント:スティーブ・コールター
リチャード・F・ゴードンJr.:スカイラー・バイブル
ゴードン・クーパーウィリアム・グレゴリー・リー
ジョン・ヤング:チョッピー・ギロット
マリリン・シー:クリス・スワンバーグ
リック・アームストロング:ギャヴィン・ウォーレン
マーク・アームストロング:コナー・コルトン・ブロジェット
カレン・アームストロング:ルーシー・ブロック・スタッフォード
ギル・スコット=ヘロンリオン・ブリッジズ
チャック・イェーガーマシュー・グレイヴ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 141分
公開
北米:2018年10月12日
日本:2019年2月8日
製作費 $59,000,000
北米興行収入 $44,936,550
世界 $105,697,420


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
音響編集・録音・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1961年。
NASA”のテストパイロットであるニール・アームストロングライアン・ゴズリング)は、スペースプレーン”X-15”で高度14万フィートに達する。

降下を開始したアームストロングだったが、11万5000フィートで大気に跳ね返されて機体は上昇してしまう。

14万7000フィートまで上昇した機体を制御したアームストロングは、降下させることに成功し、モハーヴェ砂漠に無事着陸する。

アームストロングを迎えた同僚パイロットのジョー・ウォーカーブライアン・ダーシー・ジェームズ)は、彼の飛行に不満を抱く上官のチャック・イェーガーマシュー・グレイヴ)から、飛行禁止処分にするべきだと言われる。

アームストロングと妻のジャネット(クレア・フォイ)は、脳腫瘍の治療を受ける2歳半の娘カレン(ルーシー・ブロック・スタッフォード)のことが心配でならなかった。

ウォーカーから、NASAが”ジェミニ計画”のパイロットを探していると言われたアームストロングは、カレンの病気が好転したら考えると伝える。

アームストロングら家族の願いも空しく、カレンは回復することなく亡くなる。

カレンが身につけていた名前が刻まれた小さなブレスレットを手にしながら、アームストロングは悲しむ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1962年。
NASA”のテストパイロットであるニール・アームストロングは、幼い娘カレンの死の悲しみを乗り越え、”ジェミニ計画”の選考に選ばれ宇宙飛行士となる。
厳しい訓練に耐えたニール・アームストロングは、”ジェミニ8号”の船長として世界初のドッキングに成功する。
アポロ計画”が始まり、最初のテストで親友である同僚のエド・ホワイトを火災事故で亡くしたニール・アームストロングは、悲しみを乗り越え、”アポロ11号”の船長として、人類初の月着陸のミッションに挑むことになる・・・。
__________

2005年に発表された、ジェームズ・R・ハンセンの著書”First Man: The Life of Neil A. Armstrong”を基に製作された作品。

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を担当し、「ラ・ラ・ランド」(2016)のデイミアン・チャゼルライアン・ゴズリングが再び組んだことで話題になった作品。

人類初となる月着陸ミッションに挑んだ宇宙飛行士ニール・アームストロングと、壮大な夢の達成のために苦難に立ち向かった男たちとその家族を描く実録ドラマ。

同じ”アポロ計画”での失敗したミッションを描く「アポロ13」(1995)とは違い、歴史的偉業にも拘わらす、ドラマチックなシーンは極力排除し、ニール・アームストロングの人間性を深く追求するドラマに仕上げた、デイミアン・チャゼルの演出手腕が見どころの作品。

ニール・アームストロングが、冷静沈着で気難しい性格であることは有名な話ではあるが、宇宙飛行士としての最高の資質を備えていたと言っていい人物を知る上で、非常に興味深い作品ではある。

宇宙開発の黎明期である当時を見事に再現したセットや、最先端技術を駆使した臨場感ある映像は素晴らしい。

アポロ計画”と共に少年時代を過ごした者からすると、好演はしているものの、主人公を演ずるライアン・ゴズリングカナダ人)がニール・アームストロングのイメージと合わないのが気になる。
歴史的偉業を成し遂げた人物は、アメリカ人が演じてほしかったと言う意見もある。

彼よりも、家族を守る辛い立場の妻ジャネットを演ずるクレア・フォイの演技が印象に残り、批評家や各方面から高く評価された。

第91回アカデミー賞では視覚効果賞を受賞し、音響編集、録音、美術賞にノミネートされた。

総じて評価は高かったものの、アメリカ人が最も誇りに思う偉業を描いた作品にしては興行的には振るわず、北米興行収入は約4500万ドルに終わり、全世界では1億ドルを超す、まずまずの結果を残した。

気難しい主人公のことを理解する友人であり同僚で、”アポロ計画”の最初のテスト(”アポロ1号”は事故後に正式につけられた名)で火災事故死するエド・ホワイトジェイソン・クラーク、”マーキュリー・セブン”の一人であり、宇宙飛行士育成部門の責任者ディーク・スレイトンカイル・チャンドラー、”アポロ11号月着陸船パイロット、バズ・オルドリンコリー・ストール、同じく司令船パイロット、マイケル・コリンズルーカス・ハース、主人公の友人で同僚エリオット・シーパトリック・フュジット、主人公と”ジェミニ8号”に同乗するデイヴ・スコットクリストファー・アボット、宇宙船センターのファースト・ディレクター、ボブ・ギルルースキーラン・ハインズエド・ホワイトの妻オリヴィア・ハミルトン、宇宙飛行士ジェームズ・ラヴェルアポロ13号船長)のパブロ・シュレイバーエド・ホワイトと共に火災事故死するガス・グリソムシェー・ウィガム、同じくロジャー・チャフィーコーリー・マイケル・スミス、宇宙飛行士ピート・コンラッドイーサン・エンブリー、主人公の友人であるテストパイロット、ジョー・ウォーカーブライアン・ダーシー・ジェームズ、その上官であり主人公に批判的な、人類初の音速を超えた男チャック・イェーガーマシュー・グレイヴ、航空宇宙工学エンジニア、クリストファー・C・クラフトJr.J. D.エバーモア、飛行士の宇宙船搭乗をサポートする機械工学エンジニア、ギュンター・ウェントのスティーブ・コールター、宇宙飛行士リチャード・F・ゴードンJr.のスカイラー・バイブル、同じくゴードン・クーパーィリアム・グレゴリー・リージョン・ヤングのチョッピー・ギロット、エリオット・シーの妻クリス・スワンバーグ、主人公の長男ギャヴィン・ウォーレン、次男コナー・コルトン・ブロジェット、幼くして亡くなる娘ルーシー・ブロック・スタッフォード、宇宙計画反対集会に参加する詩人ギル・スコット=ヘロンリオン・ブリッジズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020