4214 Movies

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー Fire with Fire (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人事件の証人となり”証人保護プログラム”を適用された消防士が、犯人に命を狙われながら愛する者や友人の命を守るために戦う姿を描く、主演ジョシュ・デュアメルブルース・ウィリスロザリオ・ドーソンヴィンセント・ドノフリオカーティス“50セント”ジャクソン他共演、監督デヴィッド・バレットによるクライム・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・バレット
製作
ランドール・エメット

カーティス“50セント”ジャクソン
ジョージ・ファーラ
製作総指揮
ステパン・マーティローシアン

レミントン・チェイス
バリー・ブルッカー他
脚本:トム・オコナー

撮影:クリストファー・プロブスト
編集:ポール・ハーブ
音楽:トレヴァー・モリス

出演
ジェレミー・コールマン:ジョシュ・デュアメル

マイク・セラ:ブルース・ウィリス
タリア・ダーラム:ロザリオ・ドーソン
デヴィッド・ヘイガン:ヴィンセント・ドノフリオ
ラマー:カーティス“50セント”ジャクソン
ハロルド・ゲザース:リチャード・シフ
ロバート:ジュリアン・マクマホン
ボイド:ヴィニー・ジョーンズ
ダーレン:アリ・ヴァーヴィーン
アダム:エリック・ウィンター
カレン・ウェストレイク:ボニー・サマーヴィル
ウォレス:クイントン”ランペイジ”ジャクソン
カルヴィン・ミューレンズ:ケヴィン・ダン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 96分
公開
北米:2012年8月31日
日本:2013年2月2日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $2,295,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、ロングビーチ
消防士のジェレミー・コールマン(ジョシュ・デュアメル)は、勤務を終えて同僚らと飲むことになり、コンビニエンス・ストアで酒などを買おうとする。

そこに、店を手に入れようとするギャング”アーリアン・ブラザーフッド”のボス、デヴィッド・ヘイガン(ヴィンセント・ドノフリオ)が現れ店主に銃を向ける。

店主は、この辺りを仕切っているギャング”クリップス”にショバ代を払っていることを伝え、直接話を付けさせようとして電話をかけヘイガンに渡す。

電話に出たヘイガンは、その場にいた店主の息子を射殺して、店主も殺し電話の相手を脅して店を出る。

ジェレミーは隙を見てその場を逃れ、ヘイガンの部下のボイド(ヴィニー・ジョーンズ)に追われる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
消防士のジェレミー・コールマンは、勤務を終わり立ち寄った店で、”アーリアン・ブラザーフッド”のボス、ヘイガンの殺人事件に巻き込まれる。
ジェレミーは、逮捕されていたヘイガンを犯人だと確認し、刑事セラに証言をすることを約束する。
ジェレミーには”証人保護プログラム”が適用されるのだが、身元を探ったヘイガンは彼の抹殺を考える。
8カ月後、名前を消されニューオーリンズに移り住んでいたジェレミーは、連邦保安局に監視されていた。
担当する連邦保安官のタリアと愛し合うようになっていたジェレミーだったが、彼の居場所を突き止めたヘイガンは殺し屋を送り込む・・・。
__________

スタントマンとしても活躍するデヴィッド・バレットの監督作品だが、アクション等をそれほど強調することなく、ポイントとなる”証人保護プログラム”の盲点などを興味深く描いている。

キャスティングは豪華なのだが、興行的に成功した作品ではない。

製作費 $20,000,000
北米興行収入 $2,295,630

主人公が消防士ということもあり、スーパーマン的な活躍をするわけでなく、正義感だけで独力で事件を解決しようとする姿がいい。

弱みを見せながらも、巨悪に対して戦いを挑む消防士を熱演するジョシュ・デュアメル、脇役に徹しながらも、ここぞという時には存在感を発揮する刑事ブルース・ウィリス、主人公を監視・保護する連邦保安官役のロザリオ・ドーソン、問答無用の極悪人で”アーリアン・ブラザーフッド”のボス役を迫力で演ずるヴィンセント・ドノフリオ、その弁護士リチャード・シフ、対立するギャングのボス、カーティス“50セント”ジャクソン、殺し屋ジュリアン・マクマホン、相棒アリ・ヴァーヴィーン、ギャングのヴィニー・ジョーンズ、主人公の同僚エリック・ウィンター、黒人ギャング役のクイントン”ランペイジ”ジャクソン連邦保安局の捜査官役ケヴィン・ダンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020