That's Movie Talk!     4098 Movies

可愛い配当 Father’s Little Dividend (1951)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

前年公開され好評を得た「花嫁の父」(1950)の続編で、同作のヴィンセント・ミネリが監督、主演スペンサー・トレイシージョーン・ベネットエリザベス・テイラー共演。
娘を嫁がせた父親が、今度は、自分の自由を奪いかねない孫が誕生すること知り、素直にそれを喜べない胸の内を描いたコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィンセント・ミネリ

製作:パンドロ・S・バーマン
原作:エドワード・ストリーター
脚本
フランシス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
撮影:ジョン・アルトン
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:アルバート・センドリー

出演
スタンリー・T・バンクス:スペンサー・トレイシー
エリー・バンクス:ジョーン・ベネット
キャサリン”ケイ”ダンスタン:エリザベス・テイラー
バックリー・ダンスタン:ドン・テイラー
ドリス・ダンスタン:ビリー・バーク
ハーバート・ダンスタン:モローニ・オルセン
アンドリュー・ノーデル医師:ヘイデン・ローク
トミー・バンクス:ラスティ・タンブリン
ベン・バンクス:トム・アイリッシュ

アメリカ 映画
配給 MGM
1951年製作 82分
公開
北米:1951年4月21日
日本:1953年3月12日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
弁護士スタンリー・T・バンクス(スペンサー・トレイシー)は、妻エリー(ジョーン・ベネット)と何不自由なく幸せな日々を送っていた。

娘のキャサリン”ケイ”(エリザベス・テイラー)を嫁がせて、自分の人生を楽しもうと考えるスタンリーは、ちょうど一年前のことを思い起こす。
__________

いつものように帰宅したスタンリーは、エリーと共にケイに呼ばれ、彼女とバックリー・ダンスタン(ドン・テイラー)のアパートを訪ねる。

ケイとバックリーの、元気そうな様子に安心したスタンリーとエリーは、同じく招かれていたバックリーの父ハーバート(モローニ・オルセン)と母ドリス(ビリー・バーク)に挨拶する。

そして、ケイが妊娠したことが知らされ、皆が喜び祝福するのだが、スタンリーだけは何かが気になる。

スタンリーは、”おじいちゃん”と呼ばれることに抵抗があることに気づき、ショックを隠せない。

金もない上に、まだ子供のようなケイの出産を喜べないスタンリーは、帰宅するなりエリーに不満をぶつける。

しかし、エリーは自分達の時のことを思い起こし、孫が出来ることを素直に喜ぶべきだとスタンリーを説得し、これが”配当”のようなものだと言い切る。

スタンリーはそれに納得がいかず、孫の世話をする老人になる気のない彼は、ジム通いなどを初めてみる。

その効果もなく、周囲の騒ぎに翻弄されるスタンリーは、大学に行く長男ベン(トム・アイリッシュ)の部屋をケイとバックリーに提供し、同居することをエリーに提案される。

スタンリーにとっては寝耳に水で、生まれてくる子を独占しようとするエリーに賛成できず、それを聞いた彼女は気分を害してしまう。

そんな時、ハーバートが、自宅の敷地内にバックリーとケイ、そして孫のための家を建築する案を発表する。

エリーの計画は打ち砕かれ、孫を奪われてしまうことを嘆き、それをスタンリーのせいにして彼を責める。

しかし、バックリーとケイは、既に郊外に家を購入して引っ越すことを決めてハーバートに伝える。

それを知ったエリーは、俄然、協力しようと張り切り始める。

その後、エリーは二人の新居の改装に奮闘するものの、育児室だけはハーバートが譲らないために手を加えられずにいた。

冷静なスタンリーを除いて、バンクス、スタン両家の孫への思いはエスカレートするばかりで、ケイはそれを不満に思い負担にもなってくる。

我慢の限界に達したケイは、家族の前でそれを口に出してしまい、彼女の気持ちを察するスタンリーは、動揺する娘を慰める。

ケイの話を聞いたスタンリーは、主治医のアンドリュー・ノーデル(ヘイデン・ローク)のことが気になり、干渉しないと言いながら、エリーと共に医師を訪ねる。

ノーデル医師の話に納得したスタンリーは、その後、平穏な日々を過ごしていた。

しかしスタンリーは、ある夜、ケイが家出してしまったという連絡をバックリーから受ける。

バックリーの元に向かったスタンリーは、タクシー会社に電話を入れ、ケイが実家に向かったことを知る。

二人が口論になった原因を知らないまま、スタンリーは自宅に戻り、眠っていたケイを起こして話を聞く。

ケイは、仕事だと言って毎晩出かけるバックリーが、浮気をしていると思い込んでいたのだ。

スタンリーはケイを気遣い、それが誤解だと言うバックリーを許せない彼女だったが、結局は二人は愛し合っていることを確認して和解する。

周囲の緊張は高まり、病院に呼び出されるもののお産ではないことが分かり、スタンリーは、睡眠薬で眠る日々が続く。

そして、ケイは無事に男の子を出産するものの、スタンリーは、自分に懐かない子供を敬遠してしまう。

6ヵ月後。
バックリーの商用でケイも同行することになり、彼女は子供を実家に預けることにする。

恐れていたことが起きてしまったスタンリーは、孫と過ごせる喜びに浸るエリーに、日曜日も早朝から起こされ、子供の散歩を命ぜられる。

公園でサッカーを楽しむ少年達が気になり、それに参加してしまったスタンリーは、ベビーカーに乗せていた孫がいなくなっていることに気づく。

焦ったスタンリーは子供を捜し回り、エリーが連れ戻したと思い自宅に戻ると、なんとケイが帰っていた。

何も言えぬまま警察に向かったスタンリーは、子供が保護されていたことを知り安堵するが、警官に、子供を30分も放置したことで説教をされてしまう。

虐待も疑われたスタンリーは、子供の元に案内され、泣かれたら最後だと覚悟を決める。

子供が笑顔を見せたことで信用されたスタンリーは、それ以来、彼の僕となり溺愛するようになる。

洗礼式の日、子供には”スタンリー=バンクス”という名が付けられ、家族全員が納得する。

そしてスタンリーは、この上ない喜びを感じて、満面の笑みを浮かべる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
無事に娘のケイを嫁がせたスタンリー・バンクスは、今後は、自分の人生を大いに楽しもうと考えていた。
そんな時スタンリーは、ケイの妊娠を知らされて、祝福する家族達のように素直に喜ぶことが出来ない。
”おじいちゃん”と呼ばれる自分を想像したくないスタンリーだったが、妻エリーや婿バックリーの両親は、ケイを労り孫のために尽くそうとする。
冷静なスタンリーを除き、行動はエスカレートして行き、両家の間で、生まれてもいない孫の奪い合いが始まる。
バックリーの両親は、息子夫婦と孫のために家まで立てる計画を進めるが、ケイ達は自分達で家を購入してしまう。
それを知ったエリーは、娘夫婦を自宅に同居させようとしていた考えを改め、新居の改装に奮闘することになる。
自分達の思いを余所に、子供の名前までを勝手に決めようとする両家の両親に対し、我慢の限界に達したケイは不満を口にしてしまう。
そんな中、冷静ではいたスタンリーが、ケイの気持ちを察して慰め、過剰な干渉は止めようとするのだが・・・。
__________

孫が可愛くないはずもない思いを逆手に取り、主人公が、それを迷惑に思ってしまう姿を終盤まで引っ張り、子供が生まれても尚、自分に懐かないという、徹底した描き方の末に、祖父としての最高の幸せを手に入れる姿を描く、心憎いヴィンセント・ミネリの演出が実に心地よい。

前作は、圧倒的に主人公に大きな比重が置かれていたが、本作はそれが周囲の家族に分散された描き方になっている。

とは言え、今回も、老ける年ではないと、様々なジレンマに悩まされる父親そして祖父を、スペンサー・トレイシーが完璧に演じ、大いに笑わせてくれる。

主人公の妻役ジョーン・ベネットも、夫そっちのけで、娘や孫のために奮闘し熱演している。

前作で、”ヒルトン・ホテル”の創業者コンラッド・ヒルトンの御曹司ヒルトンJr.との結婚(1950年5月)を控えていたエリザベス・テイラーだったが、同じ年の10月には本作の撮影が始まり、実生活と同じ新妻を好演している。

前作公開は1950年6月16日

本作でも飾り物のような娘婿ドン・テイラー、その母で、前作よりは出番が多いベテランのビリー・バーク、夫のモローニ・オルセン、主治医ヘイデン・ローク、主人公の息子達ラスティ・タンブリン、トム・アイリッシュなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up