4916 Movies

花嫁のパパ Father of the Bride (1991)

1950年に公開された名作「花嫁の父」のリメイク。
嫁ぐことになった娘に対する父親の複雑な思いを描く、スティーヴ・マーティンダイアン・キートン共演のコメディ・ドラマ。

■ アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(コメディ)

スティーヴ・マーティン / Steve Martin / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・シャイア

製作総指揮
ジム・クルークシャンク
サンディ・ガリン
ジェームズ・オール
製作
キャロル・バウム
ナンシー・メイヤーズ
ハワード・ローゼンマン
原作:エドワード・ストリーターFather of the Bride
オリジナル脚本
フランシス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
脚本
ナンシー・メイヤーズ
チャールズ・シャイア
撮影:ジョン・リンドリー
編集:リチャード・マークス
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
ジョージ・バンクス:スティーヴ・マーティン
ニーナ・バンクス:ダイアン・キートン
アニー・バンクス・マッケンジー:キンバリー・ウィリアムズ
マッティ・バンクス:キーラン・カルキン
ブライアン・マッケンジー:ジョージ・ニューバーン
フラーンク・エッゲルホッファー:マーティン・ショート
ハワード・ワインスタイン:B・D・ウォン
ジョン・マッケンジー:ピーター・マイケル・ゴーツ
ジョアンナ・マッケンジー:ケイト・マクレガー=スチュワート

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
1991年製作 105分
公開
北米:1991年12月20日
日本:1992年8月8日
北米興行収入 $89,325,800


ストーリー ■
カリフォルニア州、サン・マリノ
シューズ会社のオーナー、ジョージ・バンクス(スティーヴ・マーティン)は、留学から戻った愛する娘アニー(キンバリー・ウィリアムズ)が、現地で出会った青年ブライアン(ジョージ・ニューバーン)と結婚すると言い出したため大きなショックを受ける。
妻ニーナ(ダイアン・キートン)は、アニーの幸せのために親としてできる限りのことをしたいと考えるのだが、相手のブライアンを含め、全てが気に食わないジョージは心中穏やかでいられない。
仕方なく結婚式をコーディネーターのフラーンク(マーティン・ショート)に任せることにしたジョージだったが、予想を遥かに上回る招待客の人数と予算に頭を抱えてしまう。
アニーの幸せは望むものの、娘を手放す現実を受け入れられないジョージは、家族と衝突しながらも式の準備を進めるのだが・・・。


解説 評価 感想 ■
1949年に発表された、エドワード・ストリーターの小説”Father of the Bride”を基に、1950年に公開された、ヴィンセント・ミネリ監督作、主演のスペンサー・トレイシーエリザベス・テイラーが父娘を演じたMGMの名作「花嫁の父」のリメイク。

旧作のストーリーをほぼ再現した内容ではあるが、当時、衝撃的とも言えた、まだ10代だったエリザベス・テイラーの美しさや、スペンサー・トレイシーの円熟の演技など強烈な印象が残る旧作と、あまり比較しない方がいいかもしれない。

フランシス・グッドリッチアルバート・ハケットのオリジナル脚本(旧作)を基にした、演出のチャールズ・シャイアと妻ナンシー・メイヤーズ(製作)による脚本は、軽快な展開と共に楽しめる作品に仕上がってはいる。

北米興行収入は約8900万ドルのヒットとなり、1995年に続編「花嫁のパパ2」も公開された。

彼らしく個性を生かして、花嫁の父を好演するスティーヴ・マーティン、娘の幸せだけを願う母親ダイアン・キートン、花嫁をキュートに演ずるキンバリー・ウィリアムズ、その弟役キーラン・カルキン(マコーレー・カルキンの弟)、花婿役のジョージ・ニューバーン、結婚コーディネーターを怪演するマーティン・ショート、その助手B・D・ウォン、花婿の両親ピーター・マイケル・ゴーツケイト・マクレガー=スチュワートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022