4237 Movies

花嫁の父 Father of the Bride (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

娘を嫁がせる父親の切実な思いをユーモアを交えて描く、監督ヴィンセント・ミネリ、主演スペンサー・トレイシージョーン・ベネットエリザベス・テイラー他共演のヒューマン・コメディの秀作。


・コメディ

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィンセント・ミネリ
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:エドワード・ストリーター
脚本
フランシス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
撮影:ジョン・アルトン
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:アドルフ・ドイチュ

出演
スタンリー・T・バンクス:スペンサー・トレイシー
エリー・バンクス:ジョーン・ベネット
キャサリン”ケイ”バンクス:エリザベス・テイラー
バックリー・ダンスタン:ドン・テイラー
ドリス・ダンスタン:ビリー・バーク
ハーバート・ダンスタン:モローニ・オルセン
マズーラ:レオ・G・キャロル
トミー・バンクス:ラスティ・タンブリン
ベン・バンクス:トム・アイリッシュ

アメリカ 映画
配給 MGM
1950年製作 92分
公開
北米:1950年6月16日
日本:1952年12月16日


アカデミー賞 ■
第23回アカデミー賞

・ノミネート
作品
主演男優(スペンサー・トレイシー)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
弁護士スタンリー・T・バンクス(スペンサー・トレイシー)は、娘のキャサリン”ケイ”(エリザベス・テイラー)の結婚式を終える。

そしてスタンリーは、娘を持つ父親の思いを語り始める。

3ヶ月前。
いつものように帰宅したスタンリーは、妻エリー(ジョーン・ベネット)に迎えられる。

工学部の学生の長男ベン(トム・アイリッシュ)と次男トミー(ラスティ・タンブリン)の様子に目をやり、どうしても特別な目で見てしまう、年頃のケイの同行を気にしてしまう。

どうやら、”バックリー”という男性と付き合っているらしいケイに探りを入れるスタンリーは、家に出入りする誰が彼女の相手なのか気になる。

唐突に、結婚するのかを尋ねたスタンリーは、そのつもりだと言うケイの言葉で、急に苛立ち始め声を荒げてしまう。

ケイは、相手のバックリー・ダンスタン(ドン・テイラー)を、立派なビジネスマンだとスタンリーに伝えるものの、父の態度に傷ついてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■
1949年に発表された、エドワード・ストリーターの同名小説を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
堅実な生活を送る弁護士スタンリー・T・バンクスは、年頃の娘ケイが、結婚を前提に、バックリーという青年と付き合っていることを知りショックを受ける。
いずれは出て行く娘ではあるが、まだ子供だと思っていたケイが結婚するかと思うと、スタンリーは、浮かれている妻エリーのようには冷静ではいられない。
早速バックリーやその両親と話しをしたスタンリーとエリーは、彼が好青年で、家柄も良いことが分かり安心する。
やがて結婚式の準備が始まり、質素な式を望むスタンリーと、一生に一度のイベントに、情熱を傾けているケイとで意見が食い違い、トラブルが耐えない。
その度に、エリーがスタンリーを説得し妥協させるのだが、予想以上にエスカレートする騒ぎとなり、スタンリーは頭を抱えてしまう・・・。
__________

その後の活躍で、日本では、プリンセスのようなエリザベス・テイラーの代表作的なイメージを抱いてしまうのだが、本作は紛れもなく、 大スター、スペンサー・トレイシーの作品である。

人間味溢れる彼のキャラクターは、娘を持つ父親でなくとも共感できると共に、ユーモアのセンスなどを含め、円熟の演技は敬服に値する。

本作の好評により、翌年、続編の「可愛配当」(1951)が公開され、1991年には「花嫁のパパ」としてリメイクされた。

第23回アカデミー賞では、作品、主演男優(スペンサー・トレイシー)、脚色賞にノミネートされた。

軽快なヴィンセント・ミネリの演出も冴え、楽しいコメディとして、父親の娘への思いを見事に描写した快作だ。

終戦間もない時期にも拘らず、当時のアメリカの豊かさが窺えるシーンは実に興味深く、ドラマにマッチしたアドルフ・ドイチュの愉快な音楽も印象的だ。

撮影中に18歳になったエリザベス・テイラーの美しさは言うまでもなく、上記のように、彼女を前面に出す作品ではなく、あくまで花嫁の父親が主役のため、意外にも彼女のアップが少ない、控え目な出演になっている。
尚、エリザベス・テイラーは、”ヒルトン・ホテル”の創業者コンラッド・ヒルトンの息子コンラッド・ヒルトンJr.との結婚を控えながらの撮影だった。

結婚:1950年5月6日
公開:1950年6月16日

困惑する夫をうまく操作する妻ジョーン・ベネット、やや頼りなく見える花婿、後に監督となるドン・テイラー、その母で、出番が少ないのが残念なビリー・バーク、その夫役モローニ・オルセン、ウェディング・プランナーを、飄々と演ずるレオ・G・キャロル、主人公の息子ラスティ・タンブリンとトム・アイリッシュなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020