5143 Movies

エクソダス:神と王 Exodus: Gods and Kings (2014)

旧約聖書出エジプト記を基にモーゼヘブライ人エジプトからの脱出を描く、製作、監督リドリー・スコット、主演クリスチャン・ベールジョエル・エドガートンジョン・タトゥーロアーロン・ポールベン・メンデルソーンマリア・バルベルデシガニー・ウィーバーベン・キングズレー他共演の歴史ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:リドリー・スコット
製作
ピーター・チャーニン
リドリー・スコット
ジェンノ・トッピング
マイケル・シェイファー
マーク・ハッファム
脚本
アダム・クーパー
ビル・コラージュ
ジェフリー・ケイン
スティーヴン・ザイリアン
撮影:ダリウシュ・ウォルスキー
編集:ビリー・リッチ
音楽:アルベルト・イグレシアス

出演
モーゼクリスチャン・ベール
ラムセス2世ジョエル・エドガートン
セティ1世ジョン・タトゥーロ
ヨシュアアーロン・ポール
ヘゲップ総督:ベン・メンデルソーン
ツィポラマリア・バルベルデ
トゥーヤシガニー・ウィーバー
ヌンベン・キングズレー
マラク:アイザック・アンドリュース
ビティアヒアム・アッバス
巫女:インディラ・ヴァルマ
専門家:ユエン・ブレムナー
ネフェルタリゴルシフテ・ファラハニ
大宰相ペイザー:ガッサーン・マスウード
ミリアムタラ・フィッツジェラルド
カーヤン司令官:ダール・サリム
アロン:アンドリュー・ターベット
書記官:ケン・ボーンズ
ヘゲップ総督の側近:フィリップ・アルディッティ
ダタンアントン・アレキサンダー
エトロケヴォルク・マリキャン
ゲルショム:ハル・ヒューエットソン
石切場の衛兵:クリストファー・シューレフ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2014年製作 150分
公開
北米:2014年12月12日
日本:2015年1月29日
製作費 $140,000,000
北米興行収入 $65,014,510
世界 $268,175,630


ストーリー
紀元前1300年、古代エジプトメンフィス
ファラオセティ1世ジョン・タトゥーロ)は、王家の一員として育ったモーゼクリスチャン・ベール)と王子ラムセスジョエル・エドガートン)と共に、カデシュ近郊で野営をするヒッタイト軍の動きを警戒する。
ファラオに予言を求められた巫女(インディラ・ヴァルマ)は、モーゼラムセスのどちらかが一方を救い、民を率いる指導者になるという預言を語る。
戦い(カデシュの戦い)は始まり、モーゼラムセスの命を救ったために、両者の思いは複雑だった。
ラムセスと共に凱旋したモーゼから報告を受けたファラオは、予言を信じようとしない彼に、息子より優れ民を率いる能力があると伝える。
その後モーゼは、ヘブライ人奴隷を監督するヘゲップ総督(ベン・メンデルソーン)に会うため、ファラオに指示されたラムセスに代わりピトムに向かう。
現地に着いたモーゼは、奴隷の謀反を恐れるヘゲップと話し現状を視察する。
モーゼは、奴隷のヨシュアアーロン・ポール)が鞭打たれている様子を見た後、奴隷の長老ヌンベン・キングズレー)と話をする。
ヨシュアからヌンが捜していると言われたモーゼはヘゲップの元に戻り、王のような暮らしの豪勢な生活を改善することを指示し奴隷の居住区に向かう。
祈りの家に向かったモーゼは、ヨシュアらと共に待っていたヌンから、自分の両親がヘブライ人の奴隷だと言われ、それを信じようとせずその場を去ろうとする。
ヌンに説得されたモーゼは、仕方なく彼の話を聞く。
奴隷を自由の身にする指導者が生まれるという予言を知ったファラオが、ヘブライ人の男子を全員殺すことを命じたが、両親が娘のミリアムタラ・フィッツジェラルド)に我が子を託し、彼女は弟モーゼをカゴに入れて川に流したということだった。
先代のファラオラムセス1世の王女ビティアヒアム・アッバス)がそれを見つけて、ミリアムを子守に雇い我が子のように育てたという話をモーゼは聞く。
それを信じることができず動揺するモーゼはその場を去り、自分を奴隷と間違った衛兵2人に襲われるが、彼らを撃退する。
翌日、ヌンの話を立ち聞きしたヘブライ人2人が、昨夜の件をヘゲップに報告する。
モーゼメンフィスに戻り、その直後にファラオは死去し、ラムセスが王位に就く(ラムセス2世)。
メンフィスを訪れたヘゲップは、モーゼの血統をラムセスに伝えるが、信じてもらえなかった。
それをモーゼに話したラムセスは、ビティアを呼び、その件を詮索することを彼女から非難される。
ラムセスは、使用人ミリアムを尋問するが、彼女はモーゼの姉であることを否定する。
もう一度、否定すれば腕を切り落とすと言ってミリアムを脅したラムセスだったが、それを阻止したモーゼは自分がヘブライ人だと認める。
先代の王妃トゥーヤシガニー・ウィーバー)は、拘束されたモーゼの殺害を息子のラムセスに望むが、未だに信じたくないラムセスは、モーゼを追放することを決める。
エジプトを去るモーゼは、ビティアミリアムと話すものの、自分がヘブライ人であることを信じることができない。
ミリアムからヘブライ人である証拠の腕輪を渡されたモーゼは、自分を”モーシェ”と呼ぶビティアと姉に別れを告げて、砂漠に向けて旅立つ・・・。


解説 評価 感想

リドリー・スコットが製作を兼ねて監督し、主演はクリスチャン・ベールジョエル・エドガートンジョン・タトゥーロアーロン・ポールベン・メンデルソーンマリア・バルベルデシガニー・ウィーバーベン・キングズレーなどが共演した作品。

旧約聖書出エジプト記を基に、モーゼヘブライ人エジプトからの脱出を描く歴史ドラマ。

豪華スター競演、リドリー・スコットによる壮大なスケールで描く超大作ということで、大いに話題になった作品。

しかし、主人公のモーゼを圧倒的な存在感で好演する主演のクリスチャン・ベールと、モーゼと兄弟のように育った王子からファラオとなるラムセス2世を熱演するジョエル・エドガートン以外は、脇を固める実力派スターたちのキャラクターに深みがないところなどが残念だ。

同じ題材を描いたセシル・B・デミルの名作「十戒」(1956)とは、”モーゼ十戒”がテーマでないために比べる必要もないが、同作とスケールでは見劣りしない映像は実に興味深い。
また、その”十戒”の登場や紅海が真っ二つに割れる様子をドラマチッに描いた映画「十戒」のようなシーンを期待していると、なんとも物足りない終盤でもある。

制作費に1億4000万ドルかけた超大作だったものの、北米興行収入は約6500万ドル、全世界では約2億6800万ドルという記録に終わり予想を大きく下回ってしまった。

王子ラムセスよりもモーゼの能力を評価するファラオセティ1世ジョン・タトゥーロモーゼと共に行動するヘブライ人ヨシュアアーロン・ポール、奴隷を監督する総督ベン・メンデルソーンモーゼの妻ツィポラマリア・バルベルデセティ1世の王妃トゥーヤシガニー・ウィーバー、奴隷の長老ヌンベン・キングズレーモーゼの前に現れる神の使いマラクのアイザック・アンドリュース、モーゼを育てた王女ビティアヒアム・アッバス、ファラオに仕える巫女のインディラ・ヴァルマ、同じく専門家のユエン・ブレムナーラムセスの妻ネフェルタリゴルシフテ・ファラハニ、大宰相のガッサーン・マスウードモーゼの姉ミリアムタラ・フィッツジェラルド、兄アロンのアンドリュー・ターベット、エジプト軍司令官のダール・サリム、書記官のケン・ボーンズ、総督の側近フィリップ・アルディッティダタンアントン・アレキサンダーツィポラの父エトロケヴォルク・マリキャンモーゼの息子ゲルショム役ハル・ヒューエットソン、石切場衛兵クリストファー・シューレフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022