4410 Movies

ニューヨーク1997 Escape from New York (1981)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

要塞刑務所と化した”マンハッタン島”で決行される大統領救出作戦に恩赦と引き換えに挑む犯罪者の戦いを描く、監督、脚本、音楽ジョン・カーペンター、主演カート・ラッセルリー・ヴァン・クリーフアーネスト・ボーグナインドナルド・プレザンスアイザック・ヘイズハリー・ディーン・スタントンエイドリアン・バーボー他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーペンター

製作
デブラ・ヒル
ラリー・J・フランコ
脚本
ジョン・カーペンター
ニック・キャッスル
撮影
ディーン・カンディ
ジム・ルーカス
編集:トッド・ラムゼイ
音楽
ジョン・カーペンター
アラン・ハワース

出演
スネーク・プリスキン:カート・ラッセル
ボブ・ホーク:リー・ヴァン・クリーフ
キャビー:アーネスト・ボーグナイン
アメリカ合衆国大統領:ドナルド・プレザンス
デューク:アイザック・ヘイズ
ハロルド”ブレイン”ヘルマン:ハリー・ディーン・スタントン
Chock Full o’Nuts“の女:シーズン・ヒューブリー
マギー:エイドリアン・バーボー
レーミー:トム・アトキンス
国務長官チャールズ・サイファーズ
テイラー:ジョー・アンガー
ロメロ:フランク・ダブルデイ
クローネンバーグ:ジョン・ストローベル
スラグ:オックス・ベーカー
チンピラ:ジョン・ディール
コンピューターの声:デブラ・ヒル
ナレーター:ジェイミー・リー・カーティス

アメリカ 映画
配給 AVCO Embassy Pictures
1981年製作 99分
公開
北米:1981年7月10日
日本:1981年5月23日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $25,244,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1988年、アメリカの犯罪率は400%となり、マンハッタン島は凶悪犯罪者用の刑務所となった。

周囲は高さ15mの壁で囲まれ、橋や水路には爆弾が設置された。

軍隊化した警察は周囲に駐留し、島は看守なしの囚人だけの刑務所になり、一度入ると出られない場所だった。

1997年、ニューヨーク
凶悪犯のスネーク・プリスキン(カート・ラッセル)は、厳重な警備下で連行される。

刑務所長のボブ・ホーク(リー・ヴァン・クリーフ)は、応答のない飛行機が接近しているという報告を部下のレーミー(トム・アトキンス)から受ける。

機体が”エアフォース・ワン”であることが分かり、民族解放戦線がハイジャックして犯行声明を出す。

大統領(ドナルド・プレザンス)は、ブリーフケースを持参し発信器を付けて脱出ポッドに向う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1997年、ニューヨーク
犯罪率の激増により、マンハッタン島は凶悪犯罪者用の刑務所となっていた。
エアフォース・ワン”がハイジャックされ、大統領はポッドで脱出するものの、マンハッタン島に落下してしまう。
サミットに出席する予定だった大統領が捕らえられたため、刑務所長のホークは、元特殊部隊員である凶悪犯スネーク・プリスキンを呼び、24時間以内に大統領を救出することを条件に完全赦免することを伝える。
それを引き受けたスネークは、22時間後に動脈を爆破する特殊爆薬を注射され、グライダーでマンハッタン島に向かう。
ワールドトレードセンター”の屋上に着陸したスネークは、自分を知るキャビーから、大統領が、ニューヨークを支配するデュークに捕えられていることを知らされる。
かつて自分を裏切ったデュークの右腕ブレインの元に連れていかれたスネークは、彼の女マギーやキャビーに協力させて、デュークの元に向かうのだが・・・。
__________

犯罪者の激増によりマンハッタン島が要塞化された刑務所となっている発想、主人公をはじめとした個性豊かなキャラクター達、またホラー的な要素も含めた、監督、脚本、音楽を兼ねる、ジョン・カーペンターの独得の世界観を堪能できるSFアクションの快作。

豪華スター競演も注目で、ジョン・カーペンターの元に集結したベテラン個性派スターが楽しんで各役柄を演じている様子が窺える、映画ファンならたまらない作品でもある。

1996年続編の「エスケープ・フロム・L.A.」が公開された。

撮影当時まだ20代のカート・ラッセルは、子役からキャリアを積んでいたため実績は十分であり、盟友とも言えるジョン・カーペンターとの相性も抜群で、不敵な主人公を熱演している。

貫禄十分で刑務所長を演ずるリー・ヴァン・クリーフ、主人公に協力するタクシーを所有する囚人アーネスト・ボーグナイン、大統領のドナルド・プレザンスニューヨークの支配者アイザック・ヘイズ、その右腕でもあり、主人公とは因縁があるハリー・ディーン・スタントン、その情婦で当時のジョン・カーペンター夫人エイドリアン・バーボー、”Chock Full o’Nuts“の女シーズン・ヒューブリー、刑務所長の部下トム・アトキンス国務長官チャールズ・サイファーズ、デュークの手下ジョー・アンガーフランク・ダブルデイ、刑務所の研究員ジョン・ストローベル、主人公と戦う巨体の囚人でプロレスラーのオックス・ベーカー、チンピラのジョン・ディール、コンピューターの声デブラ・ヒル、そして、冒頭のナレーターはジェイミー・リー・カーティスが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021