4451 Movies

ザ・バッグマン The Bag Man (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

決して中を見ないようにと言われバッグを運ぶようボスに指示された殺し屋が巻き込まれる事件を描く、主演ジョン・キューザックレベッカ・ダ・コスタロバート・デ・ニーロクリスピン・グローヴァードミニク・パーセル他共演、製作総指揮、監督デヴィッド・グロヴィックによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・グロヴィック

製作
ピーター・D・グレイヴス
アントニー・ミッチェル
ウォーレン・オスターガード
製作総指揮:デヴィッド・グロヴィック
原作:ジェームズ・ルッソ”Motel”(オリジナル脚本)
脚本
デヴィッド・グロヴィック
ポール・コンウェイ
撮影
スティーヴ・メイソン
デヴィッド・ナイト
編集
デヴィン・マオラー
マイケル・R・ミラー
音楽
トニー・モラレス
エド・ロジャーズ

出演
ジャック:ジョン・キューザック
リヴカ:レベッカ・ダ・コスタ
ドラグナ:ロバート・デ・ニーロ
ネッド・ステンソン:クリスピン・グローヴァー
ラーソン:ドミニク・パーセル
リザード:スティッキー・フィンガーズ
グアノ:マーティン・クレバ
パイク:デヴィッド・シャンブリス

アメリカ 映画
配給
Universal Pictures Home Entertainment
Cinedigm
2014年製作 108分
公開
北米:2014年2月28日
日本:2014年7月5日
製作費 $
北米興行収入 $56,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
殺し屋のジャック(ジョン・キューザック)は、ボスのドラグナ(ロバート・デ・ニーロ)のプライベートジェットの機内で、ある仕事を命ぜられる。

バッグを受け取り届けるだけで、決して中身を見ないように指示されたジャックは、それに従えば十分な報酬を渡すとドラグナに言われる。

街道で車を止めたジャックは、電話ボックスからドラグナのに連絡し、バッグは手に入れたものの手下に襲われたことを伝える。

携帯電話を撃たれ手に傷を負ったことを興奮しながら伝えたジャックは、指示されたモーテルに向い13号室に泊まるよにと言われる。

殺した男を降ろしたジャックだったが、パトカーが現れたために、死体をトランクに隠す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
俳優であるジェームズ・ルッソのオリジナル脚本”Motel”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
殺し屋のジャックは、決して中身を見るなと言われ、あるバッグを運ぶようボスのドラグナに命ぜられる。
バッグを受け取り傷を負いながら指示されたモーテルに向かったジャックは、男二人に脅されている娼婦リヴカを匿うことになってしまう。
その後ジャックは、自分を不審に思うモーテルの管理人ネッド、FBI、リヴカに付きまとうリザードとグアノ、そして保安官のラーソンらが今回の件に絡んでいると察しながら、ドラグナの到着を待つのだが・・・。
__________

俳優であるジェームズ・ルッソのオリジナル脚本、ジョン・キューザックロバート・デ・ニーロのビッグな共演ということで注目したい作品。

謎のバッグを運ぶ指示を受けた殺し屋の孤独な戦いを描くドラマなのだが、凄腕の殺し屋が、婚約者を殺されたことで、心に乱れが生じているところがポイント。

そのため、完璧に仕事をこなすプロの殺し屋に見えない描写などが、今回のボスの指令の意図が明かされる終盤で生かされている。

しかし、クライマックスまで隠されるバッグの中身もだいたい想像できる内容であり、それが分かる場面に驚きはない。

ビッグネームの共演にも拘わらずどことなくB級作品風でもあり、長身なのでまずまず見栄えはするヒロインなのだが、その存在も今一パンチが足りないというところだろうか。

北米ではわずか15館で上映されず、即、打ち切りになってしまった作品。

婚約者の死で動揺しているという設定なのだが、凄腕のプロの殺し屋ならば心は乱れないはずということで、隙があり過ぎるジョン・キューザック、結局はボスの指示で動いていた、長身ばかりが目立ち木偶の坊的なイメージで、女性としての魅力も感じないレベッカ・ダ・コスタ、殺し屋や周囲を操るボスを貫録で演ずるロバート・デ・ニーロ、モーテルの管理人クリスピン・グローヴァー、保安官ドミニク・パーセル、ヒロインに付きまとう男スティッキー・フィンガーズマーティン・クレバ、保安官補デヴィッド・シャンブリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021