4297 Movies

魔法にかけられて Enchanted (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

魔法の王国で暮らす女性が王子との結婚を決めてしまい、女王の座を奪われる魔女の謀略でニューヨークへと追放され巻き起こる騒動を描く、製作バリー・ソネンフェルド、監督、出演ケヴィン・リマ、主演エイミー・アダムスパトリック・デンプシージェームズ・マースデンスーザン・サランドンティモシー・スポール他共演による実写とアニメで描くファンタジーミュージカル。


ファンタジー

エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ケヴィン・リマ
製作
バリー・ソネンフェルド

バリー・ジョセフソン
脚本:ビル・ケリー

撮影:ドン・バージェス
編集
グレゴリー・パーラー

スティーブン・A・ロッター
音楽
アラン・メンケン

スティーヴン・シュワルツ

出演
エイミー・アダムス:ジゼル
パトリック・デンプシー:ロバート・フィリップ
ジェームズ・マースデン:エドワード王子
スーザン・サランドン:ナリッサ
ティモシー・スポール:ナザニエル
イディナ・メンゼル:ナンシー・トレメイン
レイチェル・コーヴェイ:モーガン・フィリップ
ジェフ・ベネット:ピップ(アンダレーシア)
ケヴィン・リマ :ピップ(ニューヨーク)
ジュリー・アンドリュース:ナレーション

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
2007年製作 107分
公開
北米:2007年11月21日
日本:2008年3月14日
制作費 $85,000,000
北米興行収入 $127,807,260
世界 $340,487,650


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞
Happy Working Song
So Close
That’s How You Know


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
魔法の王国”アンダレーシア”の森の中で、動物達と戯れながら暮らすジゼル(エイミー・アダムス)は、理想の王子様と結婚できる日を夢見ていた。

ある日ジゼルは、偶然、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と出会い、その瞬間、二人は結婚を決めてしまう。

夢にまで見た結婚式の日、王子の義母で、女王そして魔女でもあるメリッサ(スーザン・サランドン)が、ジゼルに女王の座を奪われるのを恐れ結婚を邪魔して、彼女を恐ろしい世界へと追放してしまう。

ジゼルがたどり着いたのは、おとぎの国とは似ても似つかぬ、現代のニューヨークだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ディズニー作品の、永遠のキャラクターを髣髴させる多数の登場人物が活躍する、実写とアニメで描くファンタジーミュージカル。

*(簡略ストー リー)
魔法の王国”アンダレーシア”の森の中で暮らすジゼルは、彼女が理想としていた王子のエドワードと偶然出会い、その瞬間、二人は結婚を決めてしまう。
結婚式の日、王子の義母で女王そして魔女でもあるメリッサは、その座を奪われるのを阻止しようとして、ジゼルを恐ろしい世界へと追放してしまう。
ジゼルは、おとぎの国とは似ても似つかぬ、現代のニューヨークにたどり着き、戸惑ってしまう。
通りすがりの独身の弁護士ロバートと、娘のモーガンが偶然ジゼルを見かけ、気の毒に思い彼女を家に連れて行く。
モーガンがジゼルを気に入ったため、仕方なくロバートは彼女を一晩泊めることにする。
その頃、エドワードは、ジゼルを追ってリスのピップとニューヨークに現れるのだが・・・。
__________

アニメと実写が合体するおとぎ話・・・とは、大よその展開は想像できるのだが・・・
しかし、そこを侮ってはいけない。

ディズニーならではの、ファンタジックな美しいストーリーも素晴らしい、ファンにはたまらない、ディズニー映画のパロディ作品である。

子供から大人まで、どなたが見ても楽しめる、心温まる素晴らしい作品。

第80回アカデミー賞では、挿入歌3曲が歌曲賞にノミネートされた。
Happy Working Song
So Close
That’s How You Know

お馴染みのアラン・ メンケンスティーヴン・シュワルツの音楽も素晴らしい。

北米興行収入は約1億2800万ドル、全世界では約3億4000万ドルの大ヒットとなった。

実は、それほど若くない(33歳)主演のエイミー・ アダムスの、愛くるしいプリンセス役も好感度抜群で、大スターになる予感を感じさせる雰囲気を持っている。

GAPの店員や、フーターズのウェイトレスをしていたという遅咲きの彼女の実力は、翌年、「ダウト」(2008)での演技でアカデミー助演賞候補にもなったことで証明された。

パトリック・デンプシーレイチェル・コーヴェイの親子愛もほのぼのと描かれ、これも、かつての名作「三十四丁目の奇蹟」(1947)を意識しているに違いないと思える。

テンションの高い、正にアニメから飛び出してきたような王子役のジェームズ・マースデンや、女王の家来ティモシー・スポールもなかなかの好演だ。
(ラストの彼の転進はお楽しみ!!)

女王/魔女役のスーザン・サランドンも、意地悪魔女そのもののはまり役。
彼女の出演で、作品に重みも加わっている。

ドラマの最初と終わりに登場する、ジュリー・アンドリュースのナレーションも嬉しい。

ロバート(P・デンプシー)の恋人で、最後には王子に見初められるイディナ・メンゼル、リスのピップ役のジェフ・ベネットケヴィン・リマなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020