4551 Movies

ドリヴン Driven (2001)

 
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

期待の天才若手レーサーをチャンピオンにするため、現役復帰して協力を求められた元トップ・レーサーの戦いを描く、製作、主演、脚本シルヴェスター・スタローン、製作、監督レニー・ハーリンバート・レイノルズキップ・パルデューティル・シュヴァイガージーナ・ガーションエステラ・ウォーレンロバート・ショーン・レナード他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:レニー・ハーリン

製作
レニー・ハーリン

シルヴェスター・スタローン
エリー・サマハ
製作総指揮
アンドリュー・スティーヴンス

ドン・カーモディ
ケヴィン・キング
脚本
ジャン・スクレントニー
ニール・タバクニック
シルヴェスター・スタローン

撮影:マウロ・フィオーレ
編集
スチュアート・レヴィ
スティーヴ・ギルソン
音楽:BT

出演
ジョー・タント:シルヴェスター・スタローン

カール・ヘンリー:バート・レイノルズ
ジミー・ブライ:キップ・パルデュー
ボー・ブランデンバーグ:ティル・シュヴァイガー
キャシー・ヒーガイ・モレノ:ジーナ・ガーション
ソフィア・サイモン:エステラ・ウォーレン
メモ・モレノ:クリスチャン・デ・ラ・フエンテ
ルクレシア・クラン:ステイシー・エドワーズ
デミル・ブライ:ロバート・ショーン・レナード
クラッシャー:ブレント・ブリスコー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2001年製作 117分
公開
北米:2001年4月27日
日本:2001年8月18日
製作費 $94,000,000
北米興行収入 $32,720,070
世界 $54,744,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ロングビーチ
レース・シーズンが開幕し、昨年度のチャンピオン、ボー・ブランデンバーグ(ティル・シュヴァイガー)は初戦に勝利する。

新人のジミー・ブライ(キップ・パルデュー)は健闘し、その後チャンピオンも狙える活躍を見せ、リオデジャネイロで初優勝しミシガン州で連勝する。

オーストラリアでも負けたボーは、ジミーとタイとなる。

マネージャーである兄デミル(ロバート・ショーン・レナード)から、ビジネスのためにファンサービスやマスコミへの対応は欠かせないと言われたジミーは、精神的に限界に近い状態が続く。

不調のボーは、恋人ソフィア・サイモン(エステラ・ウォーレン)にも辛く当たり、レースが人生であり必要ない存在だと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カー・レースのチャンピオンを狙う新人レーサーのジミーは、チャンピをンのボーと熾烈なトップ争いを続けていた。
チーム・オーナーのカールは、才能はあるが未熟なジミーをチャンピオンにするため、旧友である元トップ・レーサーのジョー・タントをレースに復帰させる。
現役時代は、勝利のために全てを犠牲にしたジョーだったが、若いジミーには、完璧を求め過ぎず原点を思い出すよう助言する。
それを理解しレースに挑むジミーだったが、自分をサポートするレーサーのメモの大事故でレースを放棄し、ボーと共に彼を救出する。
負傷して契約を切られたジミーは、チャンピオンシップの懸かった最終戦で、勝利する意思をカールに伝えてシートを与えられ、ジョーと共にレースに挑む・・・。
__________

ヒット作「クリフハンガー」(1993)のシルヴェスター・スタローンレニー・ハーリンが再び組んだ大作で、大いに話題となった作品。

死と隣り合わせの過酷なレーサーの心理などを描く、製作と脚本を兼ねて主演したシルヴェスター・スタローンの意気込みは感じられ、華やかなモータースポーツの世界をスタイリッシュな影像で描くレニー・ハーリンらしい演出も注目だ。

当時の最新技術の影像も迫力十分で、CGを使ったクラッシュ・シーンはなかなかよくできている。

F1を舞台にする映画を計画し権利を得ていたシルヴェスター・スタローンだったが、それが果たせず、当時、開催されていたアメリカのCARTシリーズ”チャンプカー・ワールド・シリーズ”をベースにして撮影された。

公開当時は期待が大きかったのだが、その内容に批判が集中してしまい、北米興行収入は約3300万ドル、全世界でも約5500万ドルの結果に終わり、9400万ドルの製作費を遥かに下回る大失敗作となった。

ラジー賞では、作品、監督賞をはじめ、主要部門にノミネートされてしまった。

レースの迫力や臨場感はまずまず楽しめるのだが、押しつけがましい説教じみた内容他、全てが空回りしてしまった作品としか言いようがない。

元トップ・レーサーであり、期待の新人を教育する役としてレースに復帰するシルヴェスター・スタローン、その旧友であるチーム・オーナーのバート・レイノルズ、苦悩しながら成長する若手レーサーのキップ・パルデュー、チャンピオンであるライバルのティル・シュヴァイガー、その恋人エステラ・ウォーレン、主人公の元妻ジーナ・ガーション、その夫でレーサーのクリスチャン・デ・ラ・フエンテ、チームの専属記者ステイシー・エドワーズ、ジミー(キップ・パルデュー)の兄でマネージャーのロバート・ショーン・レナードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021