4544 Movies

逃亡者 Desperate Hours (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表された、ジョセフ・ヘイズの小説”The Desperate Hours”を基に、1955年にブロードウェイで初演された舞台劇を映画化した、監督ウィリアム・ワイラー、主演ハンフリー・ボガートによる「必死の逃亡者」(1955)のリメイク。
ある民家に立て籠り家族を人質にとった凶悪犯の逃亡劇を描く、製作、監督マイケル・チミノ、主演ミッキー・ロークアンソニー・ホプキンスミミ・ロジャースリンゼイ・クローズケリー・リンチデヴィッド・モースイライアス・コティーズ他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・チミノ

製作
マイケル・チミノ
ディノ・デ・ラウレンティス
製作総指揮:マーサ・デ・ラウレンティス
原作:ジョセフ・ヘイズThe Desperate Hours
脚本
ジョセフ・ヘイズ
ローレンス・コナー
マーク・ローゼンタール
撮影:ダグラス・ミルサム
編集:クリストファー・ラウズ
音楽:デヴィッド・マンスフィールド

出演
マイケル・ボズワース:ミッキー・ローク
ティム・コーネル:アンソニー・ホプキンス
ノラ・コーネル:ミミ・ロジャース
ブレンダ・チャンドラーFBI捜査官:リンゼイ・クローズ
ナンシー・ブレイヤーズ:ケリー・リンチ
アルバート:デヴィッド・モース
ウォリー・ボスワース:イライアス・コティーズ
メイ・コーネル:ショウニー・スミス
ザック・コーネル:ダニー・ジェラード
マドックス:ディーン・ノリス
カイル:マット・マクグラス
エド・タレント:ジェリー・バマン
検察官:ジェームズ・レブホーン

アメリカ 映画
配給 MGM
1990年製作 106分
公開
北米:1990年10月5日
日本:1991年1月19日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $2,742,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ユタ州。
弁護士のナンシー・ブレイヤーズ(ケリー・リンチ)は、湖の畔に愛車”ジャガー”を放置して、徒歩で街道に向いバスを待つ。

その後ナンシーは、法廷で凶悪犯である依頼人のマイケル・ボズワース(ミッキー・ローク)を弁護するが、彼は弁護に不満を訴えて騒ぎを起こす。

退廷させられたボスワースは、謝罪する振りをするナンシーが隠し持っていた銃を手にし、彼女を人質に取ると見せかけてその場から逃走する。

ナンシーにキスしたボスワースは彼女を残し、車で現れた弟のウォリー(イライアス・コティーズ)と友人アルバートと共にその場を去る。

ベトナムの帰還兵でもある刑事弁護士のティム・コーネル(アンソニー・ホプキンス)は、別居中の妻ノラ(ミミ・ロジャース)の家に向う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ユタ州。
公判中の凶悪犯マイケル・ボズワースは、恋人である担当弁護士のナンシーの協力で逃亡する。
コーネル家に目を付けたボスワースは、弟のウォリーとその友人のアルバートと共に家に押入り、弁護士のティムの妻ノラを人質に取って立て篭もる。
帰宅した息子ザックと別居中のティム、そして娘のメイを脅したボスワースは、ナンシーの連絡を待つ。
その頃、ナンシーの行動を怪しんだFBI捜査官のチャンドラーは、彼女がボスワースと組んでいると考えて捜査を進めるのだが・・・。
__________

1970年代前半から活躍を始め、「ディア・ハンター」(1978)で映画史に残る業績を残したにも拘らず、その後、作品に恵まれずに低迷していたマイケル・チミノが、犯罪ドラマに挑んだ注目作ではある。

しかし、サスペンスとしての緊迫感、繊細さに欠ける脚本など、マイケル・チミノの演出に精彩はなく、駄作としか言いようのない内容は残念だ。

辻褄が合わないようなチグハグな展開や配役の失敗なども目立ち、意味不明で不必要な、妖艶な弁護士の脚線のクローズ・アップなど、B級作品を観ているような安っぽさも感じられる。

この後に、長身を生かし頼りがいのある名脇役として活躍する、犯人一味を演ずるデヴィッド・モースの役柄は、本格的に認められた存在でなかったためにまだ許せるが、深い演技のできる実力派女優リンゼイ・クローズの、女戦士のような熱血FBI捜査官は完全なミスキャストで、彼女の印象が強すぎる演出も頭を傾げる。

凶悪犯という設定ではあるものの、単なるインテリの悪党青年程度の役柄がやや物足りないミッキー・ローク、キャリアは摘んでいた実力派だが、翌年の「羊たちの沈黙」(1991)のオスカー受賞により、更に存在感のあるスターとなったと言っていいアンソニー・ホプキンスの二人の共演は、良い悪いは抜きにして、今観ると実に興味深い。

夫(アンソニー・ホプキンス)と別居中ではあるものの、事件により絆が深まるミミ・ロジャース、その娘ショウニー・スミス、息子ダニー・ジェラード、主人公の恋人である担当弁護士ケリー・リンチ、主人公の弟イライアス・コティーズFBI捜査官のディーン・ノリス、コーネル家の娘のボーイフレンド、マット・マクグラス、不動産業者ジェリー・バマンジェームズ・レブホーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021