That's Movie Talk!     4031 Movies

ドント・ウォーリー Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot (2018) 3.8/5 (35)

  •  
  • 7
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アルコール依存症で交通事故に遭い車いす生活を送りながら風刺漫画家として成功したジョン・キャラハンの苦難の日々と再生を描く、監督、原案、脚本ガス・ヴァン・サント、主演ホアキン・フェニックスジョナ・ヒルルーニー・マーラジャック・ブラックマーク・ウェバーウド・キア他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ガス・ヴァン・サント
製作
シャルル=マリー・アントニオーズ
ムーラッド・ベルケダール
スティーヴ・ゴリン
ニコラ・レルミット
製作総指揮
ブレット・J・クランフォード
原作:ジョン・キャラハン”Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot”
原案
ジョン・キャラハン
ガス・ヴァン・サント
ジャック・ギブソン
ウィリアム・アンドリュー・イートマン
脚本:ガス・ヴァン・サント
撮影:クリストファー・ブロヴェルト
編集:ガス・ヴァン・サント
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ジョン・キャラハンホアキン・フェニックス
ドニー・グリーン:ジョナ・ヒル
アヌー:ルーニー・マーラ
デクスター:ジャック・ブラック
マイク:マーク・ウェバー
ハンス:ウド・キア
テリー・アルバラード:アンジェリーク・リヴェラ
リリー看護士:オリヴィア・ハミルトン
ティム:トニー・グリーンハンド
スザンヌ:キャリー・ブラウンスタイン
シャノン:ヘザー・マタラッツォ
ボニー:レベッカ・リッテンハウス
カッツ:ロン・パーキンス
マーギー:レベッカ・フィールド
コーキー:キム・ゴードン
リーバ:ベス・ディットー
イエス・アルバラード:エミリオ・リヴェラ
スケートボーダー #1:イーサン・ティンドカシリ
スケートボーダー #2:サニー・サジック
スケートボーダー #3:クリー・カワ
スケートボーダー #4:ノーラン・グロス
スケートボーダー #5:レオ・フェニックス
ジョンの母の霊体:ミレイユ・イーノス
酔っ払い:ニック・ラザフォード

アメリカ 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2018年製作 113分
公開
北米:2018年7月13日
日本:2019年05月3日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $1,441,710
世界 $4,234,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アルコール依存症のジョン・キャラハンホアキン・フェニックス)は、交通事故に遭い胸から下が麻痺してしまう。

断酒会で出会った同性愛者のドニー・グリーン(ジョナ・ヒル)の屋敷で行われるグループトークに参加したジョンは、皆の話を聞く。
__________

車いす生活を送るジョンは、風刺漫画家として成功し、様々なことを経験し、講演会のステージに上がる。
__________

ある朝、目覚めてシャワーを浴びたジョンは、手が震える症状を抑えられず、酒店に行ってテキーラを買い、車の陰に隠れてそれを飲む。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アルコール依存症ジョン・キャラハンは、交通事故に遭い胸から下が麻痺し車いす生活を送っていた。
スウェーデン人の理学療法士アヌーと出会い親交を深めたジョンは、”スカンジナビア航空”の客室乗務員となった彼女と再会して愛し合うようになる。
断酒会で知り合った資産家の同性愛者ドニーから、屋敷で行われるグループトークに誘われたジョンは、参加者と共に語り合い人生を見つめ直そうとするのだが・・・。
__________

風刺漫画家ジョン・キャラハンの回顧録”Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot”を基に製作された作品。

原案、脚本を兼ねるガス・ヴァン・サントの監督作品で、実力派スター、ホアキン・フェニックスの出演が話題になった作品。

風刺漫画家として知られれるジョン・キャラハンが、酒に溺れる生活の中で交通事故に遭い、胸から下が麻痺して車いす生活を続け、漫画家として成功しながら人生を見つめ直す姿が描かれている。

実母に捨てられた悲しみで自分を哀れみ、酒に溺れる日々を送っていた主人公が、交通事故により更に最悪の人生を歩むことになるのだが、それがきっかけで出会った人々との交流などで再生していく姿を描く、ガス・ヴァン・サントの押しつけがましくないヒューマニズムがジワリと心に沁みる脚本と演出が見どころの作品。

ハリウッドを代表する演技派として、今、最も注目されるスター、ホアキン・フェニックスは、苦難の人生を送る主人公ジョン・キャラハンを、ユーモアをまじえながら好演し見事に演じ切っている。

自分の辛い経験を人助けのために役立てようとする、主人公と親交を深める資産家である同性愛者の青年ジョナ・ヒル、理学療法士から”スカンジナビア航空”の客室乗務員になる、主人公と愛し合うスウェーデン人のルーニー・マーラ、主人公と意気投合して酒に酔い、車で事故を起こしてしまうジャック・ブラック、主人公と共にグループトークに参加するマーク・ウェバーウド・キアキム・ゴードンベス・ディットー、主人公の介護士トニー・グリーンハンド、主人公を担当するケースワーカーのキャリー・ブラウンスタイン、主人公とパーティーに向かう女性のレベッカ・リッテンハウスとアンジェリーク・リヴェラ、その父親エミリオ・リヴェラ、主人公の母親捜しに協力しない役人ロン・パーキンス、その秘書ヘザー・マタラッツォ、体が麻痺した主人公を治療するレベッカ・フィールド、スケートボーダーの少年イーサン・ティンドカシリ、サニー・サジック、クリー・カワ、ノーラン・グロス、レオ・フェニックス、主人公の母親のゴースト、ミレイユ・イーノス、酔っ払いのニック・ラザフォードなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up