4371 Movies

ミッドナイト・ガイズ Stand Up Guys (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

再会した三人の老ギャングが巻き起こす騒動を描く、監督フィッシャー・スティーヴンス、主演アル・パチーノクリストファー・ウォーケンアラン・アーキンジュリアナ・マルグリーズマーク・マーゴリス他共演のクライム・コメディ。


ドラマ(コメディ)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フィッシャー・スティーヴンス
製作
シドニー・キンメル
トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
ジム・タウバー
製作総指揮
エリック・リード
テッド・ギドロウ
ブルース・トール
ビンガム・レイ
マット・ベレンソン
脚本:ノア・ヘイドル
撮影:マイケル・グレイディ
編集:マーク・リヴォルシー
音楽:ライル・ワークマン
主題歌:ジョン・ボン・ジョヴィ

出演
ヴァレンタイン”ヴァル”:アル・パチーノ
ドク:クリストファー・ウォーケン
リチャード・ハーシュ:アラン・アーキン
ニーナ・ハーシュ:ジュリアナ・マルグリーズ
クラップハンズ:マーク・マーゴリス
オクサナ:キャサリン・ウィニック
ウェンディ:ルーシー・パンチ
シルヴィア:ヴァネッサ・フェルリト
アレックス:アディソン・ティムリン
ラリー:ビル・バー

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2012年製作 95分
公開
北米:2013年2月1日
日本:2013年11月16日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $3,310,030
世界 $5,072,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
28年の刑期を終えて出所したギャングのヴァレンタイン”ヴァル”(アル・パチーノ)は、仲間のドク(クリストファー・ウォーケン)に迎えられる。

描いた絵などが飾られたドクのアパートに案内されたヴァルは、彼と自分そして仲間のリチャード・ハーシュ(アラン・アーキン)が若かりし頃に撮った写真を見て懐かしく思う。

洗面所に向かったヴァルの背後で銃を隠しながら話すドクは、何もしなかった。
...全てを見る(結末あり)



解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
28年の刑期を終えて出所したギャングのヴァレンタイン”ヴァル”は、かつての仲間ドクに迎えられる。
しかしドクは、ボスのクラップハンズの息子を誤って射殺しまったヴァルの殺害を命じられていた。
友人を殺すことができないドクは、自由になったことで楽しもうとするヴァルと共に一夜を過ごし、殺害のチャンスを窺うのだが・・・。
__________

俳優であり製作者としても活躍するフィッシャー・スティーヴンスの2作目の監督作品。

28年の刑を終えて出所したギャングが、かつての仲間二人と共に巻き起こす騒動を描くクライム・コメディ。

ハリウッドを代表する名優であり、それぞれオスカー受賞者のアル・パチーノクリストファー・ウォーケンアラン・アーキンの競演が話題になった作品。

よく言えば奔放、悪く言えばわがままな子供のような主人公をユーモラスに演ずるアル・パチーノが度々語る、人生の年輪を感じさせる深いセリフが印象に残る。

彼と行動を共にするクリストファー・ウォーケンは、、旧友の殺害を命ぜられる辛い立場の男を雰囲気ある演技で演じ、孫娘との人情物語も涙を誘う。

三人目の仲間で、ホームに入っている老人として登場するアラン・アーキンの出番が少ないのは残念だ。

その娘である看護師役のジュリアナ・マルグリーズ、息子を殺した主人公を殺害しようとするギャングのボス、マーク・マーゴリス、娼館の経営者ルーシー・パンチ、娼婦のキャサリン・ウィニック、主人公らに助けられるギャングに拉致された女性ヴァネッサ・フェルリト、ダイナーのウェイトレスでドク(クリストファー・ウォーケン)の孫娘アディソン・ティムリン、ギャングのビル・バーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021