4237 Movies

奇人たちの晩餐会 USA Dinner for Schmucks (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フランシス・ヴェベールの監督、脚本による、大ヒットしたフランス映画「奇人たちの晩餐会」(1998)の、ハリウッド版リメイク作品。
昇進を狙うビジネスマンが、そのための登竜門である”奇人・変人”の晩餐会に社長から招待され、偶然出会ったおかしな男性と巻き起こす騒動を描く、製作、監督ジェイ・ローチ、主演スティーヴ・カレルポール・ラッドザック・ガリフィアナキス他共演のコメディ。


コメディ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジェイ・ローチ
製作総指揮
サシャ・バロン・コーエン

ジョン・ポール
フランシス・ヴェベール
ゲイリー・バーバー
エイミー・セイアーズ
ロジャー・バーンバウム

製作
ウォルター・F・パークス

ジェイ・ローチ
ローリー・マクドナルド
原案:フランシス・ヴェベール
脚本
マイケル・ハンデルマン
デヴィッド・ギヨン
撮影:ジム・デノールト

編集
アラン・ボームガーテン

ジョン・ポール
音楽:セオドア・シャピロ

出演
バリー・スペック:スティーヴ・カレル

ティモシー・J”ティム”コンラッド:ポール・ラッド
サーマン・マーチ:ザック・ガリフィアナキス
キーラン・ヴォラール:ジェマイン・クレメント
ジュリー:ステファニー・ショスタク
ダーラ:ルーシー・パンチ
ランス・フェンダー:ブルース・グリーンウッド
マーティン・ミューラー:デヴィッド・ウォリアムス
コールドウェル:ロン・リビングストン
ウィリアムズ:ラリー・ウィルモア
ルイス/ダイアン:ジェフ・ダナム
スザンナ:クリステン・スカール
マルコ:クリス・オダウド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2010年製作 114分
公開
北米:2010年7月30日
日本:未公開
製作費 $69,000,000
北米興行収入 $72,980,110
世界 $86,406,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
投資会社”フェンダー・ファイナンシャル”勤務のティモシー・J”ティム”コンラッド(ポール・ラッド)は、上司がクビになったため、彼のオフィスを奪おうと、同僚スザンナ(クリステン・スカール)に後押しされ意気込む。

会議で、上役達をさて置き、莫大な個人資産を持つスイス人の富豪マーティン・ミューラー(デヴィッド・ウォリアムス)の資産運用を提案したティムだったが、ランス・フェンダー社長(ブルース・グリーンウッド)に却下されてしまう。

その後フェンダーに声をかけられたティムは、コールドウェル(ロン・リビングストン)やウィリアムズ(ラリー・ウィルモア)らも待つ、彼に与えらる可能性のあるオフィスに呼ばれる。

そこでティムは、恒例の晩餐会で、連れて来た奇人・変人を競わせる企画があり、それが昇進の鍵だと知らされて招待を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
上司の解雇をチャンスと考え、昇進を狙う投資会社社員ティム・コンラッドは、スイス人の富豪ミューラーの資産運用をフェンダー社長に提案する。
ティムに目を付けたフェンダーは、昇進の登竜門だと言って、”奇人・変人”を招く悪趣味な晩餐会に彼を招待する。
そんな時、出勤途中のティムは、死んでいただネズミを拾おうとした”IRS”(合衆国内国歳入庁)職員バリー・スペックと車で接触事故を起こしてしまう。
剥製ネズミのアートが趣味のバリーに興味を示したティムは、彼を晩餐会に同伴させようとする。
キュレーターの恋人ジュリーに認められたいティムは、彼女にそのことを伝える。
しかし、おかしな男性と同伴すると言うティムに、ジュリーは呆れてしまう。
そしてティムは、とんでもないバリーの”変人”振りに驚かされるのだが・・・。
__________

オースティン・パワーズ」(1997)や、「ミート・ザ・ペアレンツ」(2000)シリーズなどのジェイ・ローチ監督と、「40歳の童貞男」(2005)でコンビを組んだスティーヴ・カレルポール・ラッドの再共演が話題となった爆笑コメディ。

奇人・変人を見て、笑いものにする悪趣味の晩餐会のバカバカしさとは裏腹に、純真?な主人公や彼に出会うビジネスマンとの友情も描く、古風な人情喜劇風の仕上がりが実に心地よい。

オリジナル作品の予想外のヒットで、期待された作品ではあるが、興行収入は今一伸びず、製作費をやや上回る程度に留まった。

製作費 $69,000,000
北米興行収入 $72,980,110
世界 $86,406,680

彼の出演というだけで、思わず注目してしまう、スティーヴ・カレルの芸幅の広さには感心してしまう。
お堅い役人風の彼が、意外にも行動力を発揮して、とてつもない言動を繰り返す多芸は見ものだ。

序盤で期待をかけながら、全体的には低空飛行的なポール・ラッドのキャラクターはやや平凡だが、全編通して主役級の活躍を見せてくれる。

出番は少ないが、独特のナンセンスギャグで大いに笑わせてくれる、バリー(S・カレル)の上司ザック・ガリフィアナキス、個性豊かな芸術家ジェマイン・クレメント、ティム(P・ラッド)の恋人ステファニー・ショスタク、ティムに付きまとう女性ルーシー・パンチ、投資会社社長のブルース・グリーンウッド、重役のロン・リビングストンラリー・ウィルモアスイス人の富豪デヴィッド・ウォリアムス、ティムの同僚クリステン・スカール、晩餐会で暴れる盲目の騎士クリス・オダウド、腹話術師ジェフ・ダナムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020