4298 Movies

40歳の童貞男 The 40-Year-Old Virgin (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

40歳になっても女性経験のない男性が、悪戦苦闘しながら愛を掴むまでを描く、製作、監督、脚本ジャド・アパトー、製作、脚本、主演スティーヴ・カレルキャサリン・キーナーポール・ラッドロマニー・マルコセス・ローゲンエリザベス・バンクス他共演の爆笑コメディ。


コメディ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジャド・アパトー
製作
ジャド・アパトー

クレイトン・タウンゼンド
ショーナ・ロバートソン

製作総指揮
スティーヴ・カレル

ジョン・ポール
脚本
ジャド・アパトー

スティーヴ・カレル
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ブレント・ホワイト
音楽:ライル・ワークマン

出演
アンディ・スティッツァー:スティーヴ・カレル

トリシュ・ピードモント:キャサリン・キーナー
デヴィッド:ポール・ラッド
ジェイ:ロマニー・マルコ
キャル:セス・ローゲン
ベス:エリザベス・バンクス
ニッキー:レスリー・マン
ポーラ:ジェーン・リンチ
ハジズ:シェリー・マリル
マーラ・ピードモント:カット・デニングス
ヘルス・クリニックのカウンセラー:ナンシー・カレル
ムージ:ジェリー・ベッドノブ
エイミー:ミンディ・カリング
ジル:エリカ・ヴィッティナ・フィリップス
ジーナ:モー・コリンズ

本人:ストーミー・ダニエルズ
バーナデット:マリカ・ドミンスク
eBayの顧客:ジョナ・ヒル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2005年製作 116分 (完全版 133分)
公開
北米:2005年8月19日
日本:2006年9月2日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $109,449,240
世界 $177,378,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
40歳のアンディ・スティッツァー(スティーヴ・カレル)は、アクションフィギュアを集め、ビデオ・ゲームをして、テレビ番組の”サバイバー”を隣人の老人夫婦と観るのが趣味の女っ気のない童貞である中年だった。

家電量販店”スマートテック”の商品管理を担当するアンディは、いつものように自転車で出勤し、同僚のキャル(セス・ローゲン)と週末のことなどを話す。

店員のデヴィッド(ポール・ラッド)は、店長のポーラ(ジェーン・リンチ)に他愛もない話をして注意される。

同じ店員のジェイ(ロマニー・マルコ)は、ベテランのモージ(ジェリー・ベッドノブ)と客を取り合って揉めるものの、即、仲直りをする。

その夜、デヴィッドらからポーカーに誘われたアンディは仲間に加わり、負け続けたモージは帰ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
40歳のアンディ・スティッツァーは、アクションフィギュアを集め、ビデオ・ゲームをすることなどが趣味の女性に縁のない童貞だった。
家電量販店”スマートテック”の商品管理を担当するアンディは、同僚のデヴィッド、ジェイ、キャルらからポーカーに誘われ、その場で童貞であることがバレてしまう。
からかわれるアンディだったが、デヴィッドらは彼が女性と交際できるよう無責任な手助けしようとする。
そんな時アンディは、ネットオークションの取次店を経営するトリシュと出会う。
トリシュが気になる存在になったアンディは、彼女と親交を深めるのだが、いずれはセックスしなければならない状況になると思うと不安が過ぎる・・・。
__________

製作、脚本を兼ねるジャド・アパトーの監督デビュー作で、同じく製作と脚本を手掛けるスティーヴ・カレルと組んだ快心作に仕上がっている。

爆笑コメディではあるが、生真面目な中年男の一途な思いを描く筋が通った内容がいい。

作品は大いに受けて、北米協業収入は1億ドルを突破し、全世界では1億7700万ドルのヒットとなった。

下品なギャグを中和させる主人公の真剣さが絶妙のタッチで描かれているところに注目。
真面目人間そのもののような容姿の、主演のスティーヴ・カレルの好感度の高いキャラクターも最高で、彼の人気が一気に上がった作品でもあり、脇を固める共演陣の演技が愉快で実に楽しい。

演技とは思えないような、楽しんで演じているのが伝わってくる、主人公と交際する女性キャサリン・キーナー、主人公の同僚を軽妙に演ずるポール・ラッドロマニー・マルコセス・ローゲン、主人公を誘惑する怪しい女性エリザベス・バンクス、クラブで主人公と意気投合する、ジャド・アパトー夫人のレスリー・マン、主人公を誘う上司である店長ジェーン・リンチ、店員シェリー・マリルジェリー・ベッドノブマリカ・ドミンスク、トリシュ(キャサリン・キーナー)の娘カット・デニングス、ヘルス・クリニックのカウンセラーで、スティーヴ・カレル夫人のナンシー・カレル、デヴィッド(ポール・ラッド)の元恋人ミンディ・カリング、ジェイ(ロマニー・マルコ)の恋人エリカ・ヴィッティナ・フィリップス、デート大会の女性モー・コリンズ、ポルノ女優のストーミー・ダニエルズ、そしてトリシュの店の客でジョナ・ヒルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020