4373 Movies

デビルズ・ノット Devil’s Knot (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1993年にアーカンソー州、ウェスト・メンフィスで実際に起きた三人の少年の猟奇殺人事件”ウエスト・メンフィス3”を描く、監督アトム・エゴヤン、主演リース・ウィザースプーンコリン・ファースデイン・デハーン他共演の犯罪ミステリー。
2002年に発表された、マーラ・レヴァリットの著書”Devil’s Knot: The True Story of the West Memphis Three”を基に製作された作品。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:アトム・エゴヤン

製作
エリザベス・フォウラー
リチャード・サパースタイン
クラーク・ピーターソン
クリストファー・ウッドロウ
ポール・ハリス・ボードマン
製作総指揮
モリー・コナーズ
マリア・セストーン
サラ・E・ジョンソン
ホイト・デヴィッド・モーガン
マーラ・レヴァリット
スコット・デリクソン
ジェイコブ・ペチェニック
マイケル・フリン
原作:マーラ・レヴァリット”Devil’s Knot: The True Story of the West Memphis Three
脚本
ポール・ハリス・ボードマン
スコット・デリクソン
撮影:ポール・サロッシー
編集:スーザン・シプトン
音楽:マイケル・ダナ

出演
パメラ・ホッブス:リース・ウィザースプーン
ロン・ラックス:コリン・ファース
クリストファー・モーガン:デイン・デハーン
ヴィッキー・ハッチソン:ミレイユ・イーノス
デヴィッド・バーネット判事:ブルース・グリーンウッド
ダミアン・エコールズ:ジェームズ・ハムリック
ジェイソン・ボールドウィン:セス・メリウェザー
ジェシー・ミスケリーJr.:クリストファー・ヒギンズ
ジェリー・ドライヴァー:イライアス・コティーズ
ジョン・フォグルマン:スティーヴン・モイヤー
テリー・ホッブス:アレッサンドロ・ニヴォラ
マーガレット・ラックス:エイミー・ライアン
ヴァル・プライス:クリストファー・ポラーハ
ポール・フォード:マット・レッシャー
ダン・スティダム:マイケル・グラディス
ジョン・マーク・バイヤーズ:ケヴィン・デュランド
ブライアン・リッジ刑事:ロバート・ベイカー
グローリ・シェトルズ:コレット・ウォルフ
ゲイリー・ギッチェル警部:レックス・リン
ブレント・デイヴィス:マーティン・ヘンダーソン
スティーヴ・ジョーンズ:テッド・ハッカビー
ジョー・リン:ケリー・ケイヒル

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 114分
公開
北米:2014年5月9日
日本:2014年11月14日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $2,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1993年5月5日、アーカンソー州、ウェスト・メンフィス
パメラ・ホッブス(リース・ウィザースプーン)の8歳の息子スティーヴィーは、遊びに来たマイケルとクリスと共に自転車に乗りに行く。

約束した時間にスティーヴィーが戻らないため、パメラは夫のテリー(アレッサンドロ・ニヴォラ/スティーヴィーの義父)と共に息子を捜しながら職場のレストランに向かう。

その後もスティーヴィーを捜したテリーは、仕事を終えたパメラを迎えに行き、息子が戻らず見つけられないことを伝える。

クリスの父親ジョン・マーク・バイヤーズ(ケヴィン・デュランド)は、警察に通報する。

レストランに血まみれの黒人がいるという連絡を受けた警官は、バイヤーズの話を聞いた後で現場に向かう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1993年5月5日、アーカンソー州、ウェスト・メンフィス
8歳の少年三人が行方不明になり、パメラ・ホッブスの息子が犠牲となる。
町は悲しみに包まれ、同時に犯人に対しての住民の怒りが噴出する。
その後、警察は、犠牲者を知る少年や捜査線上に上がった青年クリストファーの証言を基に、悪魔崇拝に傾倒する少年ダミアン、ジェイソン、ジェシーを逮捕する。
住民は、犯行を悪魔崇拝のによるものと考えて、犯人を即刻、死刑にするべきだと訴える。
そんな時、調査会社を経営するラックスは、警察の捜査などの手落ちに気づき、容疑者三人の無実を信じ、弁護人に協力することを決める。
裁判は始り、容疑者の犯行は疑いないものとして考えられるのだが、パメラはそれに疑問を抱き始める・・・。
_________

1993年に、アーカンソー州のウェスト・メンフィスで実際に起きた、三人の少年の猟奇殺人事件”ウエスト・メンフィス3”を描いた作品で、当初から疑問を持たれた冤罪を追及する内容となっている。

舞台となる田舎町が保守的な場所であり、特定の思想を集中的に攻撃する偏見により、マスコミも加わった先導的な動きで、三人の少年達を犯人に仕立て上げたのではないかと疑われている事件でる。

エンディングにもあるように、一人が死刑で二人は終身刑の判決を受けるが、司法取引により、三人は18年の実刑の末に釈放された。

事実とは言えない推測の域を脱しない内容であるため、やや説得力に欠けるような描写や演出が気になる。

アトム・エゴヤンの演出、オスカー俳優リース・ウィザースプーンコリン・ファースの競演も見所の作品ではあるが、事件の内容のせいか評価も低く拡大公開もされず、興行的には失敗に終わった作品。

犠牲者の母親でありながら、三人の容疑者の犯行を疑うリース・ウィザースプーン、三人の無実を信じ弁護人に協力する調査会社の経営者コリン・ファース、捜査線上に上がる青年デイン・デハーン、証言をする少年の母親ミレイユ・イーノスデヴィッド・バーネット判事のブルース・グリーンウッド、三人の容疑者、ダミアン・エコールズのジェームズ・ハムリック、ジェイソン・ボールドウィンのセス・メリウェザー、ジェシー・ミスケリーJr.のクリストファー・ヒギンズ、保護観察官イライアス・コティーズ、主人公の夫で犠牲者の義父アレッサンドロ・ニヴォラ、ラックス(コリン・ファース)の元妻エイミー・ライアン、弁護士スティーヴン・モイヤークリストファー・ポラーハマット・レッシャーマイケル・グラディスマーティン・ヘンダーソン、犠牲者の少年の父親ケヴィン・デュランド、刑事ロバート・ベイカー、警部レックス・リン、レックスのアシスタント、コレット・ウォルフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021