4222 Movies

ナイル殺人事件 Death on the Nile (1978)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1937年に発表された、アガサ・クリスティのミステリー小説”ナイルに死す”を基に製作された作品。
資産家夫人殺害を発端にしてナイル川クルーズで起きる連続殺人事件を描く、監督ジョン・ギラーミン、主演ピーター・ユスティノフロイス・チャイルズサイモン・マッコーキンデールミア・ファロージェーン・バーキンジョージ・ケネディベティ・デイヴィスマギー・スミスアンジェラ・ランズベリーオリヴィア・ハッセーデヴィッド・ニーヴンジョン・フィンチジャック・ウォーデン他共演のミステリー・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ギラーミン
製作
ジョン・ブラボーン

リチャード・B・グッドウィン
原作:アガサ・クリスティナイルに死す
脚本:アンソニー・シェーファー

撮影:ジャック・カーディフ
編集:マルコム・クック
衣装デザイン:アンソニー・パウエル

音楽:ニーノ・ロータ

出演
エルキュール・ポアロ:ピーター・ユスティノフ

リネット・リッジウェイ・ドイル:ロイス・チャイルズ
サイモン・ドイル:サイモン・マッコーキンデール
ジャクリーン・ド・ベルフォール:ミア・ファロー
ルイーズ・ブルジェ:ジェーン・バーキン
アンドリュー・ペニントン:ジョージ・ケネディ
マリー・ヴァン・スカイラー:ベティ・デイヴィス
バウワーズ:マギー・スミス
サロメ・オッタボーン:アンジェラ・ランズベリー
ロザリー・オッタボーン:オリヴィア・ハッセー
ジョニー・レイス大佐:デヴィッド・ニーヴン
ジェームズ・ファーガスン:ジョン・フィンチ
ベスナー医師:ジャック・ウォーデン
ロックフォード:サム・ワナメイカー
チョードリー:I・S・ジョハー
バーンステープル:ハリー・アンドリュース

イギリス 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
EMI Films(イギリス)
1978年製作 140分
公開
イギリス:1978年10月24日
北米:1978年 9月29日
日本:1978年12月9日
北米興行収入 $14,560,080


アカデミー賞 ■
第51回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イングランド
大富豪のリッジウェイ家の相続人となったリネット・リッジウェイ(ロイス・チャイルズ)は屋敷に到着し、執事のバーンステープル(ハリー・アンドリュース)以下の使用人に迎えられる。

屋敷で待っていた親友のジャクリーン・ド・ベルフォール(ミア・ファロー)との再会を喜ぶリネットは、彼女からの相談を受ける。

婚約したことを話したジャクリーンは、相手のサイモン・ドイル(サイモン・マッコーキンデール)を屋敷で雇ってほしいとリネットに伝える。

サイモンが素晴らしい男性だと話したジャクリーンは、ケンブリッジ大学で不動産管理を学んだ彼に屋敷の管理を任せてほしいと伝え、会ってくれると言うリネットに感謝する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イングランド
大富豪リッジウェイ家の相続人となったリネットは、親友ジャクリーンの婚約者サイモンを雇うことを約束する。
ところが、サイモンを紹介されたリネットは彼と結婚してしまい、ハネムーンのためにエジプトに向かう。
裏切られたジャクリーンはリネットとサイモンに付きまとうが、二人はその場を去ると見せかけて、ナイル川のクルーズ船”カルナック”に乗船する。
その船には、有名な私立探偵エルキュール・ポアロ他、リネットと何らかの関係がある者達が乗船していた。
やがて、騙したはずのジャクリーンも姿を現し、サイモンは彼女と揉めた末に銃撃される事件が起きる。
そして翌日、リネットが殺害されているのが発見され、ポアロは、友人の弁護士レイスと共に事件捜査を始めるのだが・・・。
__________

オリエント急行殺人事件」(1974)の成功を受けて、同作の製作者ジョン・ブラボーンとリチャード・B・グッドウィンが再び企画した、オールスター・キャストによるミステリー映画の大作。

主人公のエルキュール・ポアロが、アルバート・フィニーから同じく名優のピーター・ユスティノフに替わり、前作とは違った雰囲気のキャラクターを演じ、ユーモアを含めた絶妙の演技を見せてくれる。

しかし、事件解決と結末に向い定められた展開が淡々と進むような内容は、公開当時は楽しんだ記憶があるが、今観るとやや拍子抜けしてしまう感じは否めない。

前作に勝るとも劣らない豪華スター競演の、配役その役柄のバランスはまずまずと言ったところで、コミカルな雰囲気を重視しているような感じも受けるジョン・ギラーミンの演出も単調だ。

前半で登場するギザピラミッドカルナック神殿アブ・シンベル神殿などの観光名所を巡る映像などは興味深く、ジャック・カーディフの撮影映像も芸術のように美しい。

また、ニーノ・ロータの勇壮なテーマ曲も印象的だ。

第51回アカデミー賞では、衣装デザイン賞を受賞した。

事件解決に向けて捜査を進める、ユーモアを含め飄々とした雰囲気ある演技で主人公を好演するピーター・ユスティノフ、美しい大富豪夫人を演ずるロイス・チャイルズ、その夫サイモン・マッコーキンデール、彼を親友に奪われたことで二人を恨むミア・ファロー、富豪夫人のメイド、ジェーン・バーキン、富豪夫人の管財人である弁護士ジョージ・ケネディ、富豪の老婦人ベティ・デイヴィス、その付き人マギー・スミス、作家アンジェラ・ランズベリー、その娘オリヴィア・ハッセー、主人公に協力する友人の弁護士デヴィッド・ニーヴン共産主義者のジョン・フィンチ、医師ジャック・ウォーデン、ペニントン(ジョージ・ケネディ)のビジネス・パートナー、サム・ワナメイカー、クルーズ船の支配人I・S・ジョハー、富豪夫人の執事ハリー・アンドリュースなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020