4295 Movies

ブロークン・イングリッシュ Broken English (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人生に悩む独身女性の複雑な心の内を描く、監督、脚本ゾエ・カサヴェテス、主演パーカー・ポージーメルヴィル・プポードレア・ド・マッテオジャスティン・セロージーナ・ローランズピーター・ボグダノヴィッチ他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ゾエ・カサヴェテス
製作
アンドリュー・ファイアーバーグ
ジェイソン・クリオット

ジョアナ・ヴィセンテ
製作総指揮
トッド・ワグナー

マーク・キューバン
脚本:ゾエ・カサヴェテス
撮影:ジョン・ピロッツィ
編集:アンドリュー・ワイスブラム

音楽:スクラッチ・マッシヴ

出演
ノラ・ワイルダー:パーカー・ポージー

ジュリアン・デュラン:メルヴィル・プポー
オードリー・アンドリュース:ドレア・ド・マッテオ
ニック・ゲーブル:ジャスティン・セロー
ヴィヴィアン・ワイルダー=マン:ジーナ・ローランズ
アーヴィング・マン:ピーター・ボグダノヴィッチ
マーク・アンドリュース:ティム・ギニー
霊能者:フィリス・サマービル
ペリー:ジェームズ・マキャフリー
チャーリー・ロス:ジョシュ・ハミルトン
マダム・グリネル:ベルナデット・ラフォン

グレン:マイケル・ペインズ
ラーソン:ティエリー・アンシス
ガイ:マイケル・ケリー
ジェニファー・ロス:ケイトリン・キーツ

アメリカ 映画
配給 マグノリア・ピクチャーズ
2007年製作 96分
公開
北米:2007年6月22日
日本:2008年12月13日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $956,920
世界 $1,944,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークマンハッタン
ブティック・ホテルのVIP担当サービスとして働く独身のノラ・ワイルダー(パーカー・ポージー)は、親友のオードリー・アンドリュース(ドレア・ド・マッテオ)と夫マーク(ティム・ギニー)の結婚5周年パーティーに出席する。

挨拶するマークは、オードリーを紹介してくれたノラに感謝する。

ノラは、その場にいた母ヴィヴィアン(ジーナ・ローランズ)と義父アーヴィング(ピーター・ボグダノヴィッチ)に声をかける。

ノラが独身でいることを心配するヴィヴィアンは、彼女が完璧な相手だったマークと結婚しなかったことで意見する。

翌日、フロントのグレン(マイケル・ペインズ)から、俳優のニック・ゲーブル(ジャスティン・セロー)と部屋の予約の件で揉めていると言われたノラは、対処してほしいと頼まれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークマンハッタン
ブティック・ホテルのVIP担当サービスとして働く独身のノラ・ワイルダーは、恋人もいないことで母ヴィヴィアンに意見される。
そのことが心の負担になっていたノラは、友人オードリーからは、自分が紹介して結婚した夫マークへの不満を聞かされる。
そんなノラは、宿泊客の俳優ニックに誘われ、酔った勢いで愛し合ってしまう。
ようやく”恋人”ができたことをヴィヴィアンらにも伝えたノラだったが、ニックが共演者の女優と付き合っていることを知ってしまう。
ショックを受けたノラは自分が世界一男運が悪い女だと考え、その後もヴィヴィアンに紹介された青年ともうまくいかない。
そんな時ノラは、パーティーでフランス人のジュリアンに出会い、親交を深めて愛し合うのだが・・・。
__________

インディペンデント映画を確立し、映画界の発展に貢献したジョン・カサヴェテスと、本作にも出演する妻ジーナ・ローランズの娘であるゾエ・カサヴェテスの監督、脚本による初長編作品。

愛する人を求める30代の独身女性の複雑な思いを切実に描く、ゾエ・カサヴェテスの繊細な演出は高く評価された。

ゾエ・カサヴェテスは脚本も担当しているのだが、表情だけの心情表現を多用し、主人公らの内面をセリフだけでなく伝える描写で観客に訴えるという、そんなシーンにも注目したい。

その主人公を演ずるパーカー・ポージーは、インディペンデント映画の女王と言われるだけあり、自然な演技を求められる役柄を好演している。
特に、微笑みながらはにかむ表情が非常に魅力的な女優だ。

主人公と出会うフランス人青年メルヴィル・プポー、主人公の親友ドレア・ド・マッテオ、その夫ティム・ギニー、主人公を誘う俳優ジャスティン・セロー、主人公の母親ジーナ・ローランズ、その再婚相手役で、期待していたがゲスト出演程度だったのがやや残念なピーター・ボグダノヴィッチ、霊能者フィリス・サマービル、主人公の上司ジェームズ・マキャフリー、主人公がパリで会う老婦人ベルナデット・ラフォン、主人公の同僚マイケル・ペインズ、オードリー(ドレア・ド・マッテオ)がパリで荷物を渡す相手ティエリー・アンシス、そして、主人公の知人役でマイケル・ケリーが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020