4545 Movies

ゾンビ Dawn of the Dead (1978)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

死者が蘇り人間を襲う”ゾンビ”に対抗する者達の戦いを描く、監修ダリオ・アルジェント、監督、脚本、編集ジョージ・A・ロメロ、主演デビッド・エンゲケン・フォリーゲイラン・ロススコット・ライニガー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・A・ロメロ

製作
クラウディオ・アルジェント
アルフレッド・クオモ
リチャード・P・ルービンスタイン
脚本:ジョージ・A・ロメロ
撮影:マイケル・ゴーニック
編集:ジョージ・A・ロメロ
音楽
ゴブリン
ダリオ・アルジェント

出演
スティーブン”フライボーイ”アンドリュース:デビッド・エンゲ
ピーター・ワシントン:ケン・フォリー
フランシーン”フラン”パーカー:ゲイラン・ロス
ロジャー”トルーパー”デマルコ:スコット・ライニガー
ジェームズ・フォスター博士:デヴィッド・クロフォード
バーマン:デヴィット・アーリー
ミラード・ラウシュ博士:リチャード・フランセ
ダン・ギブンズ:ダニエル・ディートリッヒ
TVキャスター:ハワード・スミス
SWAT指揮官:フレッド・ベイカー
ウーリー:ジョン・バフィコ SWAT
ロッド・タッカー:ロッド・スタウファー
神父:ホセ・デル・グレ
ブレイズ:トム・サヴィーニ
マルティネス:ジョー・セルビー
ルディ:ルディ・リッチ
ラリー:ラリー・ヴァイラ
テレビ・ディレクター:ジョージ・A・ロメロ
テレビ・プロデューサー:クリスティーン・フォレスト

アメリカ/イタリア 映画
配給 United Film Distribution Company
1978年製作 119分
公開
イタリア:1978年9月2日
北米:1979年4月20日
日本:1979年3月10日
費 $650,000
北米興行収入 $5,100,000
世界 $55,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フィラデルフィア
アメリカ各地で、突如として死体が蘇り”ゾンビ”となり、人々を襲い始めて社会は混乱していた。

交通情報のリポーターのスティーブン・アンドリュース(デビッド・エンゲ)は、テレビ局”WGON”に勤務する恋人のフランシーン”フラン”パーカー(ゲイラン・ロス)に、夜の9時に屋上からヘリコプターで脱出することを伝える。

その頃、スティーブンの友人である”SWAT”隊員のロジャー・デマルコ(スコット・ライニガー)は、あるアパートの籠城事件のために出動する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アメリカ各地で、突如として死体が蘇り”ゾンビ”となり、人々を襲い始めて社会は混乱していた。
フィラデルフィア
交通情報リポーターのスティーブン・アンドリュースは、テレビ局”WGON”に勤務する恋人のフランと共にヘリで脱出し、友人のSWAT隊員ロジャーとピーターと合流して街を離れる。
あるショッピング・モールの屋上に着陸したスティーブンらは、ゾンビがいることを確認しながら内部に入る。
閉鎖されている店舗内にはゾンビがいないため、その場で何でも手に入るスティーブンらは、必需品を手に入れて対策を考えるものの、ロジャーが犠牲になる。
その後、バイカーギャング軍団が現れ、それに対抗しようとするスティーブンらは、ゾンビを含めた戦いに備える・・・。
__________

低予算ホラー映画を製作し既に話題作を世に送り出していたジョージ・A・ロメロの”ゾンビ三部作”の二作目であり、様々なヴァージョンが存在する中で、ダリオ・アルジェントの監修による119分版が世界で最も多く公開された。
*ゾンビ三部作
・「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968)
・「ゾンビ」(1978)
・「死霊のえじき」(1985)

製作費はわずか6500万ドルでありながら、世紀末的な設定とその残虐性は大いに受けて、世界中で大ヒットした。

北米興行収入 $5,100,000
世界 $55,000,000

一躍、世界的に知られたジョージ・A・ロメロの代表作となり、その後のゾンビ及びホラー映画に大きな影響を与えた。

予算の関係もあり、内容はB級作品的で、役者の演技もうまいとは言えないが、残虐極まりない特殊効果などはなかなか手が込んでいる。
*バイカーギャングの一員として登場する特殊メイクアップアーティストのトム・サヴィーニが、本作でも特殊効果を担当している。

当時の日本では想像もできないような、巨大なショッピング・モールが舞台というのがポイントで、極限状態で戦わなくてはならない主人公らが、何でも揃い不自由なく過ごせる場所で対抗策を考える、様々なサバイバル・シーンなどが実に興味深い。

ヘリコプターの操縦ができる交通情報のリポーターで、恋人らと共に街から脱出するデビッド・エンゲ、妊娠していた彼の恋人で、テレビ局勤務のゲイラン・ロス、脱出に加わる頼もしい”SWAT”隊員のケン・フォリー、彼を脱出に誘う同じく隊員のスコット・ライニガー、科学者のデヴィッド・クロフォードとリチャード・フランセ、テレビ番組の司会者デヴィット・アーリー、テレビ・キャスターのハワード・スミスSWAT指揮官のフレッド・ベイカー、隊員のジョン・バフィコとロッド・スタウファー、神父のホセ・デル・グレ、本作の特殊効果も担当するバイカーギャングのトム・サヴィーニ、同じくバイカーギャングのジョー・セルビー、ルディ・リッチ、ラリー・ヴァイラ、テレビ・プロデューサーのクリスティーン・フォレスト、そして、テレビ・ディレクター役でジョージ・A・ロメロが出演もしている。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021